banner 汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車
 旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。

JR北海道 厚岸(あっけし)駅2020年8月7日訪問Googleマップ「厚岸駅」
JR-Hokkaido Akkeshi Station


釧路駅から普通列車で1時間弱。厚岸町は北海道の東部で太平洋に面する、人口約9千人の港町。江戸時代から漁港として栄え、厚岸湖のカキは特産となっている。駅弁は国鉄時代から「かきめし」が全国的に有名。現在は駅前の調製元で売られるほか、全国各地の駅弁催事でも販売される。1917(大正6)年12月1日開業、北海道厚岸郡厚岸町宮園町。

かきめし(1,080円)
2004年4月19日に厚岸駅のキヨスクで購入
Kakimeshi


1960(昭和35)年に登場した(1963(昭和38)年と記載する資料あり)、北海道内では森駅「いかめし」に次ぐであろう有名駅弁。経木枠の長方形容器に透明なふたをかけて、厚岸湖カキ島の写真を載せた光沢ある緑色の掛紙をかけて同色のビニールひもでしばる。中身はカキの煮汁で炊いた御飯の上にひじきを散らしてカキ、あさり、つぶ貝、ふきを載せるもの。磯の香りを通り越して潮臭い濃厚なエキスが具にも飯にもぎっしり詰まり、そして食感についてコクを持つ、これぞ厚岸の味覚だと観光客へ強烈にアピールする内容。価格は2004年の購入当時で900円、2005年時点で950円、2017年から1,080円。

2000年頃には夏期は普通列車の停車時間にホーム上で駅弁の立ち売りを見ることができたらしく、普段は駅舎内キヨスクで多いときで一日40個程度が売れたという。なお、厚岸駅弁の駅売りは2011年6月から取り止められているという。

※2019年1月補訂:値上げを追記
※2012年8月補訂:発売開始年の併記と販売現況の追記
販売駅
根室本線 厚岸(あっけし)駅 1917(大正6)年12月1日開業 北海道厚岸郡厚岸町宮園町
調製元
有限会社 氏家待合所 北海道厚岸郡厚岸町字宮園町12番地 0153(52)3270 http://www.kakimeshi.com/

かきめし(1,080円)
2010年1月14日に京王百貨店駅弁大会で購入
Kakimeshi


上記の駅弁「かきめし」の駅弁大会実演販売版。2005年までは現地と実演販売で、掛紙記載の電話番号が異なっていた。この頃までに現地でも催事でも、同じような名物駅弁が買えるようになっている。製造委託により実演販売でないスーパーやデパートでの販売、首都圏のJR東日本の駅での通年販売もあり、これらでも現地の風味がよく再現されていると思う。商品名は「氏家かきめし」や「厚岸氏家かきめし」とされることがある。価格も現地と同じで、2010年の購入当時で980円、おそらく2017年から1,080円。

※2020年5月補訂:解説文の全面改訂
販売駅
根室本線 厚岸(あっけし)駅 1917(大正6)年12月1日開業 北海道厚岸郡厚岸町宮園町
調製元
有限会社 氏家待合所 北海道厚岸郡厚岸町字宮園町12番地 0153(52)3270 http://www.kakimeshi.com/

たらば蟹かきめし(1,480円)
2015年1月11日に京王百貨店駅弁大会で購入
Tarabagani Kakimeshi


2014(平成26)年の秋に生まれた商品。2015年1月の京王百貨店駅弁大会で実演販売された。主に製造委託で駅弁催事や東京駅の駅弁売店「駅弁屋 祭」などのNRE駅弁売店で売られる商品であるが、現地でも事前の予約販売を実施し、調製元の公式サイトでそう案内する。

中身は、厚岸駅の名物駅弁「かきめし」に、カニとワカメと玉子焼を追加したもの。かきめしの部分の味は評判どおりだが、見た目でも味でもカニが浮いてしまっており、弁当全体での評判はどんなものか。価格は2015年の購入当時で1,200円、2017年時点で1,280円、2020年時点で1,480円。

※2020年5月補訂:値上げを追記
※2017年4月補訂:値上げを追記
販売駅
根室本線 厚岸(あっけし)駅 1917(大正6)年12月1日開業 北海道厚岸郡厚岸町宮園町
調製元
有限会社 氏家待合所 北海道厚岸郡厚岸町字宮園町12番地 0153(52)3270 http://www.kakimeshi.com/

ほたて弁当(900円)
2004年4月19日に厚岸駅キヨスクで購入
Hotate Bento


発泡材の小判型容器に透明なふたをして黄色い掛紙をかけて同色のビニールひもでしばる。中身は帆立の煮汁で炊かれたと思われる焦茶色の御飯を錦糸卵できれいに覆い、その上に濃く味付けられたやはり磯の香りを通り越して潮臭い濃厚な味の大きな帆立を三個載せて、アスパラなどを添える。

一日平均500名程度しか利用しない駅で、そうたくさん駅弁が売れるとは思えないのだが、著名な「かきめし」と御飯が炊き分けられている点に凄みを感じた。厚岸駅の駅弁入手方法には諸説があるものの、訪問時には昼飯時のキヨスクに「かきめし」と「ほたて弁当」の二種だけが積まれるようであった。2004年末頃の情報では、良いホタテの入手難で予約販売に切り替わったとか。また、厚岸駅弁の駅売りは2011年6月から取り止められているという。価格は2004年の購入当時で800円、2010年時点で900円。

※2020年5月補訂:値上げを追記
※2012年8月補訂:販売現況を追記
※2005年1月補訂:最近の販売状況を追記
販売駅
根室本線 厚岸(あっけし)駅 1917(大正6)年12月1日開業 北海道厚岸郡厚岸町宮園町
調製元
有限会社 氏家待合所 北海道厚岸郡厚岸町字宮園町12番地 0153(52)3270 http://www.kakimeshi.com/

【終売】かきめし(950円)
2005年11月12日に本牧サティ駅弁大会で購入
Kakimeshi (end of sales)


上記の駅弁「かきめし」を、2005〜2006年駅弁大会シーズンにスーパーで買ったもの。どうもこのシーズンから製造委託のやり方を変えたようで、現地と催事で掛紙の調製元電話番号が同じになったほか、実演でない販売が広く行われるようになった。厚岸駅で買える駅弁を他所で再現して自社や地域のPRに励むことは、悪くないと思う。

※2020年5月補訂:解説文の全面改訂
販売駅
根室本線 厚岸(あっけし)駅 1917(大正6)年12月1日開業 北海道厚岸郡厚岸町宮園町
調製元
有限会社 氏家待合所 北海道厚岸郡厚岸町字宮園町12番地 0153(52)3270 http://www.kakimeshi.com/

【終売】かきめし(900円)
2005年1月15日に京王百貨店駅弁大会で購入
Kakimeshi (end of sales)


上記の駅弁「かきめし」を、2004〜2005年駅弁大会シーズンに百貨店の駅弁催事で買ったもの。厚岸駅弁「かきめし」が、京王百貨店駅弁大会に9年振りに帰ってきた。しかし中身や価格は現地と同じものの、写真を見比べれば一目瞭然な具の少なさや小ささ、そして写真では分からない風味の薄さで、現地版とは別物だった。しかし、道東の小駅にはこんな駅弁があるという事実を、都会の買い物客や業者さんに宣伝する役割は、果たしていたと思う。

なお、2007年1月の京王百貨店駅弁大会では、御飯を炊飯業者からの調達ではなく店主が会場で直接炊くなど、現地版に近い調製方法になり、風味もそれに近付いたらしい。

※2020年5月補訂:説明の前段を整理
※2007年1月補訂:2007年の駅弁大会実演販売状況を追記
販売駅
根室本線 厚岸(あっけし)駅 1917(大正6)年12月1日開業 北海道厚岸郡厚岸町宮園町
調製元
有限会社 氏家待合所 北海道厚岸郡厚岸町字宮園町12番地 0153(52)3270 http://www.kakimeshi.com/