banner  旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR北海道 旭川(あさひかわ)駅2014年9月13日訪問Googleマップ
JR-Hokkaido Asahikawa Station

駅名標 駅舎 駅構内

札幌駅から特急列車で約1時間半。旭川市は北海道の中央部に位置する人口約35万人の軍都で、稲作や蕎麦などの農業、家具その他の工業、買物公園に代表される商業、旭山動物園などの観光もさかん。駅弁は国鉄時代からの駅弁屋が店舗を持つほか、改札口付近の売店でも販売。東京など遠隔地での輸送や実演での販売もよく見る。1898(明治31)年7月16日開業、北海道旭川市宮下通8丁目。

【終売】元祖けっから飯(950円)2004年11月14日にユニーイセザキ店駅弁大会で購入
Ganso Kekkara Meshi (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身

1999(平成11)年には登場していた模様。帆立貝を模した白いプラ容器を深緑色のボール紙パッケージに収める。中身は帆立の炊込飯の上に山くらげやひじきをまぶし、大小の帆立を7個ほど載せるもの。食べたものは帆立の中に多量の塩がすり込まれていて口が痛くなったが、それを除けば美味かった。山くらげのコリコリ感が良い刺激となる。2007年頃までの販売か。

パッケージの記述によると、けっからとは北海道の浜言葉で貝殻の意だそうな。となると、内陸の盆地な旭川では聞かれないのではと思う。

※2017年4月補訂:終売を追記
販売駅
函館本線 旭川(あさひかわ)駅 1898(明治31)年7月16日開業 北海道旭川市宮下通8丁目
調製元
旭川駅立売 株式会社 北海道旭川市2条通22丁目1−64 0120-323-190 http://www.ekiben.ne.jp/

【終売】美濃焼蝦夷ちらし(1,350円)2004年1月13日に京王百貨店駅弁大会で購入
Minoyaki Ezo Chirashi (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身

2002(平成14)年の登場。なぜか岐阜県美濃焼の美しい容器を使用し、中身は酢飯の上にウニ、カニ、イクラ、帆立、ワカメ、鮭などが載る、他の旭川駅弁とよく似た内容。味も同じようにうまい。

福井の業者が「日本窯元めぐり」として2001年に加賀温泉・名古屋・豊橋・草津・岡山・和田山の各駅の駅弁業者に声を掛け、同じ大きさの容器と同じ値段で6種の駅弁をプロデュース、駅弁大会に売り込んだのだろう。2002年にたしか3種の新種が出た。現地で入手できるかは不明。現存しない模様。

※2017年4月補訂:終売を追記
販売駅
函館本線 旭川(あさひかわ)駅 1898(明治31)年7月16日開業 北海道旭川市宮下通8丁目
調製元
旭川駅立売 株式会社 北海道旭川市2条通22丁目1−64 0120-323-190 http://www.ekiben.ne.jp/

【終売】海鮮いか壷(1,050円)2001年11月8日に東急ストア横浜店駅弁大会で購入
Kaisen Ika Tsubo (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身

球形に近い壷型の焼き物を容器に使用、掛紙を取るとまずはカニ・イクラ・錦糸卵・磯わかめを酢飯の上に敷いたものが現れ、その容器を取ると今度はその下に、いかめしとゆで卵が入ったイカがひとつずつ隠れている。これだけ内容に凝った駅弁のため量は少なめ。旭川駅では一日10個限定販売のため、内地の駅弁大会で入手しよう。2006円頃までの販売か。

※2017年4月補訂:終売を追記
販売駅
函館本線 旭川(あさひかわ)駅 1898(明治31)年7月16日開業 北海道旭川市宮下通8丁目
調製元
旭川駅立売 株式会社 北海道旭川市2条通22丁目1−64 0120-323-190 http://www.ekiben.ne.jp/