banner  旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR北海道 旭川(あさひかわ)駅2014年9月13日訪問Googleマップ
JR-Hokkaido Asahikawa Station

駅名標 駅舎 駅構内

札幌駅から特急列車で約1時間半。旭川市は北海道の中央部に位置する人口約35万人の軍都で、稲作や蕎麦などの農業、家具その他の工業、買物公園に代表される商業、旭山動物園などの観光もさかん。駅弁は国鉄時代からの駅弁屋が店舗を持つほか、改札口付近の売店でも販売。東京など遠隔地での輸送や実演での販売もよく見る。1898(明治31)年7月16日開業、北海道旭川市宮下通8丁目。

まんざいどん(1,680円)2013年1月27日に阪神百貨店駅弁大会で購入
Manzaidon



掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

デパートの駅弁催事や北海道催事で、駅弁あるいは海鮮弁当として人気を得ている商品。浅く平たく赤い容器に酢飯を敷き、カニ、ウニ、イクラ、サーモン、イカ、エビ、ホタテ、ホッキ、トビッコなどを山と盛り付け、透明な上げフタを輪ゴムで留めて、商品名と宣伝文を印刷したボール紙の帯にはめる。

JR北海道の車内誌「TheJRHOKKAIDO」2013年7月号によると2012年発売で「道外の催事用として誕生した駅弁だが、7月だけ毎日5個の限定販売」だというが、昭和の頃からのブランドネームだと思うし、2014年の年始にも現地での販売を確認しており、秋冬の駅弁催事シーズンにも旭川駅にてこの姿で販売されるのだろう。味は見栄えと一致し、駅弁にしてはとても豪華。

販売駅
函館本線 旭川(あさひかわ)駅 1898(明治31)年7月16日開業 北海道旭川市宮下通8丁目
調製元
旭川駅立売 株式会社 北海道旭川市2条通22丁目1−64 0120-323-190 http://www.ekiben.ne.jp/

まんざいどん(1,365円)2010年1月24日に阪神百貨店駅弁大会で購入
Manzaidon

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2010(平成22)年1月の阪神百貨店駅弁大会で実演販売されていたお弁当。百貨店のチラシでは「どんぶり子三種盛」と、会場での掲示では「三種盛りどんぶりっ子」と書かれていた。プラ製の小さな円形容器にふたをして、「まんざいどん」と書かれたボール紙の箱にこれを3個詰める。中身は御飯の上に、蒸しウニと緑色の着色料に漬かった海藻、カニほぐし身とガリ、サーモンとイクラと同じ海藻がそれぞれ載っている。

調製元の公式サイトでは「実演催事」の枕詞が付いているが、一緒に実演販売していた上げ底上げぶたの明らかな催事商品と異なり、これならば駅で売られていてもおかしくはないかなとも思う。味は北海道物産展に出てくる各地の海鮮丼と変わらないうまさ。なお、「まんざいどん」は調製元の実演販売弁当全体のブランドネームであり、特定の商品を指しているものではないと思う。

販売駅
函館本線 旭川(あさひかわ)駅 1898(明治31)年7月16日開業 北海道旭川市宮下通8丁目
調製元
旭川駅立売 株式会社 北海道旭川市2条通22丁目1−64 0120-323-190 http://www.ekiben.ne.jp/

まんざいどん(ミックス)(1,480円)2005年1月15日に京王百貨店駅弁大会で購入
Manzaidon Mix

掛紙 外観 外観 中身

2004(平成16)年秋の駅弁大会シーズンに向けての投入か。デパートの駅弁大会や北海道物産展での実演販売に適した、上げ底の経木枠容器に透明な上げ蓋をして、掛紙を回して輪ゴムで留める。中身は御飯の上にウニやカニやイクラやホタテやカズノコを載せるもの。1,680円の「蟹づくし」「三色」も一緒に販売されていた。

駅でも予約すれば買えるらしいが、事実上の催事専用商品だろう。同じく催事用っぽい釧路駅弁「釧路駅 釧祥館」は、ただ掛紙を変えただけな商品の模様。百貨店の北海道物産展で荒稼ぎする、現地に実態のない催事屋弁当よりはマシだが、このような駅弁販売のスタイルには個人的に感心できない。

販売駅
函館本線 旭川(あさひかわ)駅 1898(明治31)年7月16日開業 北海道旭川市宮下通8丁目
調製元
旭川駅立売 株式会社 北海道旭川市2条通22丁目1−64 0120-323-190 http://www.ekiben.ne.jp/