banner 汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車
 旅の友「駅弁」。実際に食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。

JR北海道 新千歳空港(しんちとせくうこう)駅 JR-Hokkaido New Chitose Airport Station
2020年8月5日訪問 Googleマップ「新千歳空港駅」

駅名標 駅舎 駅構内

札幌駅から快速列車で約40分。北海道の空の玄関口。新空港の開港とともに、ターミナルビルの地下に鉄道の駅ができ、空港で売られる弁当を売り始めた。常設の売店はないが、駅のホーム上で新千歳空港の空弁がここの駅弁として売られることがあるらしい。1992(平成4)年7月1日開業、北海道千歳市美々。

天然鮭さざ浪弁当(880円)Tennen Sake Sazanami Bento
2020年11月29日に新千歳空港のターミナルビルの空弁売店で購入

掛紙 中身
掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2010(平成22)年より前から売られている空弁。新千歳空港の駅弁とも紹介される。白飯に焼鮭を載せ、玉子焼、昆布巻2個、春巻き、揚げ蒲鉾、プチトマト、たくあんを添える、小さな幕の内弁当。小柄でおいしく、2003(平成15)年の空弁ブームの頃の空弁らしい感じ。

販売駅
千歳線 新千歳空港(しんちとせくうこう)駅 1992(平成4)年7月1日開業 北海道千歳市美々
調製元
佐藤水産鮨 株式会社 北海道千歳市泉沢1007−109 0123(29)3100 http://sushi.sato-suisan.co.jp/

いかめし(880円)Ikameshi
2020年11月29日に新千歳空港のターミナルビルの空弁売店で購入

掛紙 中身
掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2010(平成22)年より前から売られている空弁。新千歳空港の駅弁とも紹介される。イカに飯を詰めて煮たものを2個、真空パックに詰めて、中身のイラストを描いた紙箱に収める。内容は森駅で有名な駅弁「いかめし」と同じで、味も似たようなもので、やや小柄な印象。袋を切った状態でかぶりつけるので、森駅弁よりもむしろ食べやすい。北海道以外のスーパーやデパートの駅弁催事でも、よく取り扱われる模様。

販売駅
千歳線 新千歳空港(しんちとせくうこう)駅 1992(平成4)年7月1日開業 北海道千歳市美々
調製元
佐藤水産鮨 株式会社 北海道千歳市泉沢1007−109 0123(29)3100 http://sushi.sato-suisan.co.jp/

北海道ぐるめ豚丼(880円)Hokkaido Gourmet Butadon
2020年11月28日に南千歳駅のキヨスクで購入

掛紙 中身
掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

新千歳空港で、2003(平成15)年の空弁ブームの頃か、それ以前から売られる商品。丸い容器に白飯を詰め、タマネギ炒めと豚肉の照焼で覆い、紅生姜を添える、シンプルで普通の豚丼弁当。冷蔵の状態で販売するが、見た目も味も加熱を要すると思う。

販売駅
千歳線 新千歳空港(しんちとせくうこう)駅 1992(平成4)年7月1日開業 北海道千歳市美々
調製元
札幌バルナバフーズ 株式会社 北海道千歳市柏台南1丁目1番地9 0123(49)3366 https://barnabas.jp/

佐藤水産の鮭のルイベ漬盛り海鮮弁当(1,380円)Sato Suisan no Sake no Ruibezukemori Kaisen Bento
2020年8月10日に新千歳空港のターミナルビルの空弁売店で購入

掛紙 中身
掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2017(平成29)年頃の発売か。駅弁というよりはむしろ、新千歳空港の空弁だろう。白飯の上に、とさかのり、鮭トロ、イクラ、サーモンの切り身を置き、「ルイベ」なる鮭といくらの醤油漬を、透明なトレーに薄く敷いて置く。サケだらけの内容とその脂の味と塩味は、サケ好きやサーモン好きや、酒好きに向いた内容だと思う。東京でもよく売られるらしい。

販売駅
千歳線 新千歳空港(しんちとせくうこう)駅 1992(平成4)年7月1日開業 北海道千歳市美々
調製元
佐藤水産鮨 株式会社 北海道千歳市泉沢1007−109 0123(29)3100 http://sushi.sato-suisan.co.jp/

円むすび(780円)Enmusubi
2020年8月10日に新千歳空港のターミナルビルの空弁売店で購入

掛紙 中身
掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

2016年時点でJR時刻表に掲載されるなど、新千歳空港駅の駅弁と紹介されることもあるが、これは新千歳空港の空弁だろう。掛紙にも「新千歳空港限定」とあり、これは駅でなく空港を指していそう。竹皮編み容器を模した形状のプラ容器に、大きなおにぎりを2個と、たくあんのカップを1個詰める。中身は筋子と鮭だった。個人的に苦手な梅干しでなくて一安心。よく見ると掛紙に書いてあった。

販売駅
千歳線 新千歳空港(しんちとせくうこう)駅 1992(平成4)年7月1日開業 北海道千歳市美々
調製元
佐藤水産鮨 株式会社 北海道千歳市泉沢1007−109 0123(29)3100 http://sushi.sato-suisan.co.jp/

ミックスサンド(520円)Mix Sandwiches
2015年12月20日に新千歳空港駅の土産物系キヨスク「四季彩館」で購入

掛紙 中身
掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

新千歳空港駅で買えたサンドイッチ。調製元は、札幌駅やこの駅の駅弁も作る、新千歳空港の空弁屋。市販の透明なプラ製容器に、レタス入りのタマゴサンド2切れ、ハムチーズサンド2切れ、コーン入りポテトとハム炒めか何かのサンド1切れを詰める。真ん中の具が、ちょっと北海道な感じ。

航空輸送の隆盛と外国人観光客の増加によるものか、近年は札幌駅と新千歳空港駅を結ぶ快速列車「エアポート」が満員で走る姿を見ることが多くなったと思う。今回も首都圏の通勤電車のような超満員の36分間。道路や空港と違い、必要最低限の規模で造られた新千歳空港駅の構造の制約により、6両編成15分間隔の列車の増結も増発もできないため、JR北海道では座席を減らして人や荷物をより詰め込める電車を用意し、混雑感の緩和と客の詰め込みに努める。

販売駅
千歳線 新千歳空港(しんちとせくうこう)駅 1992(平成4)年7月1日開業 北海道千歳市美々
調製元
札幌バルナバフーズ 株式会社 北海道千歳市柏台南1丁目1番地9 0123(49)3366 https://barnabas.jp/

空弁コレクション(1,080円)Soraben Collection
2015年4月11日に南千歳駅のキヨスクで購入

掛紙 中身
掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2013(平成25)年4月の発売。その名のとおり新千歳空港の空弁であるが、南千歳駅でもまるで駅弁のように売られている。中身はパッケージに記されるとおり、既存の新千歳空弁である、酢飯をウニ・カニ・イクラで覆う「北の海鮮鮨」と、御飯を牛肉と錦糸卵で覆う「十勝和牛弁当」と、御飯を豚肉で覆う「豚丼」と、御飯をカニほぐし身で覆う「かにめし」の4区画で分かりやすい。味も当然にそれぞれの空弁と同じであるが、少量ずつ詰めたことで味と香りが混じり、まぜこぜしていて風味と雰囲気が落ちた気はした。

販売駅
千歳線 新千歳空港(しんちとせくうこう)駅 1992(平成4)年7月1日開業 北海道千歳市美々
調製元
札幌バルナバフーズ 株式会社 北海道千歳市柏台南1丁目1番地9 0123(49)3366 https://barnabas.jp/

【終売】北海道産牛肉弁当(1,250円)Hokkaido-san Gyuniku Bento (end of sales)
2015年12月20日に新千歳空港駅の土産物系キヨスク「四季彩館」で購入

掛紙 中身
掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

新千歳空港の2015(平成27)年の新作空弁か。ここでは新千歳空港駅の売店で購入。白御飯を味付牛肉で覆い、玉子焼と大根桜漬を添える。内容も分量も、普通の牛肉駅弁。牛肉がタレとナムルで和えられていることが特徴の、韓国風焼肉弁当である。2019年までの販売か。

札幌市街と新千歳空港の移動は、鉄道が便利。かつて一日2万人ほどであった新千歳空港駅の乗降人員は、今は約3万人に増えている。それなのに新千歳空港駅のキヨスクは2015年6月に閉店、コーヒーショップは同年10月に閉店し、訪問時には小さな観光売店のみが営業していた。駅の隣に空港ターミナルというでっかい商業施設があるとはいえ、満員の構内で売り場の残骸をさらすとは、商機をみすみす逃していると思う。

※2020年12月補訂:終売を追記
販売駅
千歳線 新千歳空港(しんちとせくうこう)駅 1992(平成4)年7月1日開業 北海道千歳市美々
調製元
札幌バルナバフーズ 株式会社 北海道千歳市柏台南1丁目1番地9 0123(49)3366

【終売】かなやの鮭飯(950円)Kanaya no Sake Meshi (end of sales)
2010年9月23日に新千歳空港駅の改札外待合室売店で購入

掛紙 中身
掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2010(平成22)年に発売か。角を落とした浅い長方形の容器を、古めかしくシンプルにデザインした包装紙で包む。中身は白御飯の上をタケノコ混じりのふんわりした味付鮭そぼろで覆い、鮭唐揚甘酢あんを1個置き、錦糸卵と紅生姜とグリーンピースで彩り、ワカメのつくだ煮やキュウリの醤油漬などを添えるもの。

これは現在は注文生産となっている長万部駅弁を、駅弁屋と新千歳の空弁屋が共同で空弁化したもの。容器と雰囲気は現代風に簡素化されているが、どんな駅弁にも似ないここの鮭切身の食感と風味をしっかり再現している。調製元は新千歳の空弁屋。この姿で空港では現存しないと思われる。

※2020年12月補訂:終売を追記
販売駅
千歳線 新千歳空港(しんちとせくうこう)駅 1992(平成4)年7月1日開業 北海道千歳市美々
調製元
札幌バルナバフーズ 株式会社 北海道千歳市美々 新千歳空港ケータリング施設 0123(46)3472

【終売】中村のとりめし(630円)Nakamura no Torimeshi (end of sales)
2010年9月23日に新千歳空港駅の改札外待合室売店で購入

掛紙 中身
掛紙 外観 中身 中身 中身

現在の北海道美唄市の中村地区で、大正時代からの歴史を持つ鶏飯だそうな。プラ製トレーを接着した小柄な円形の容器に透明なふたをして、円形の掛紙を置いてセロハンテープで留める。中身は色の濃い鶏肉の混ぜ御飯に棒状玉子スライス1個と紅生姜を置くだけ。醤油味がちょっときついものの、安くて腹の足しになるシンプルイズベスト。

1894(明治27)年に中村へ入植した、三重県と滋賀県からの約120戸600名からなる移民団のリーダーである中村豊次郎が、小作人に雄雌の鶏を貸与し鶏卵や鶏肉を生産させ、これを砂糖と醤油と酒で内臓も含め丸ごと炊き込んだことが、中村のとりめしの始まりだという。

1980年代以降、この地区でしか知られない郷土料理の拡販を開始、1998(平成10)年には地元の主婦が「えぷろん倶楽部」を立ち上げて、現在では農業協同組合のスーパー「Aコープ」の美唄や岩見沢などの店舗で惣菜として販売されており、こうやって新千歳の空港や駅にもやってきた。なお、ここでの調製元は新千歳空弁の札幌バルナバフーズ。中村のとりめしは不滅だが、この空弁は現存しない模様。

※2020年5月補訂:終売を追記
販売駅
千歳線 新千歳空港(しんちとせくうこう)駅 1992(平成4)年7月1日開業 北海道千歳市美々
調製元
札幌バルナバフーズ 株式会社 北海道千歳市美々 新千歳空港ケータリング施設 0123(46)3472

【終売】北の空港弁当 オホーツクのたこわっぱめし(850円)Kita no Kuko Bento Okhotsk no Tako Wappa Meshi (end of sales)
2010年9月23日に新千歳空港駅の改札外待合室売店で購入

掛紙 中身
掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2010(平成22)年に発売か。プラ製トレーを貼り付けた円形の容器に透明なふたをして、商品名と漁の絵を印刷した円形の掛紙をはめる。中身はホタテ御飯の上にタコのやわらか煮を並べ、錦糸卵、きんぴらごぼう、姫竹、大根桜漬を添えるもの。なるほど確かにタコは柔らかいし、ホタテの御飯とも合う。これは駅で買ったので駅弁と見たが、掛紙に「北の空港弁当」と書かれているとおり、通常は空弁として紹介したり見なされたりするのだろう。1年間ほどの販売だった模様。

※2017年4月補訂:終売を追記
販売駅
千歳線 新千歳空港(しんちとせくうこう)駅 1992(平成4)年7月1日開業 北海道千歳市美々
調製元
札幌バルナバフーズ 株式会社 北海道千歳市美々 新千歳空港ケータリング施設 0123(46)3472

【終売】いけだ牛弁当(1,050円)Ikedagyu Bento (end of sales)
2010年9月23日に新千歳空港駅の改札外待合室売店で購入

掛紙 中身
掛紙 掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

2008(平成20)年までに新千歳空港で発売か。小柄な長方形の容器に透明なふたをして、濃いめの木箱のようなデザインのボール紙の枠にはめる。中身は白御飯の上で粒の細かい牛そぼろと玉子そぼろに味付牛肉がストライプを描き、大根桜漬けが添えられるもの。豊かな脂身と堅めな赤身を合わせて、ほどほどに優しい感じ。2011年頃までの販売か。

いけだ牛とは十勝池田町農業協同組合が管理する、北海道中川郡池田町で誕生から肥育を経て加工処理まで行われる褐毛和種の牛とその肉。霜降りだが脂肪が少ない、風味が豊かでジューシーかつ柔らかい、ワイン製造の副産物を与えているという特徴があるそうな。素牛(もとうし)から地元産とは、松阪牛や神戸牛にもない珍しい形態だが、それもあってかどうか生産量は年間で230頭ないし250頭程度に留まるという。

※2017年4月補訂:終売を追記
販売駅
千歳線 新千歳空港(しんちとせくうこう)駅 1992(平成4)年7月1日開業 北海道千歳市美々
調製元
札幌バルナバフーズ 株式会社 北海道千歳市美々 新千歳空港ケータリング施設 0123(46)3472

【終売】北海あいがも和膳(1,100円)Hokkai Aigamo Wa Zen (end of sales)
2008年2月2日に藤崎本店駅弁大会で購入

掛紙 中身
掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身

2007(平成19)年に発売か。円形の容器に透明なふたをして、中身の写真を載せたボール紙の枠にはめてラップで包む。中身はかやく飯の上に少々コリコリした鳥肉のそぼろとぶつ切り、タマネギ、ごぼう、にんじん、小ナスとゲル状のたれが載る、見た目も食べても鳥肉丼。確かにカモも鳥であるが、ニワトリと言われてもおかしくない自然で無難な風味を感じた。

パッケージに「駅弁の達人」なるマークが付くが、調製元は新千歳の空弁屋であるし、現地売りのものは新千歳空港の空弁として紹介されるし、駅弁扱いは百貨店の催事場に限られると思う。販売は1シーズンだけだった模様。

※2017年4月補訂:終売を追記
販売駅
千歳線 新千歳空港(しんちとせくうこう)駅 1992(平成4)年7月1日開業 北海道千歳市美々
調製元
札幌バルナバフーズ 株式会社 北海道千歳市美々 新千歳空港ケータリング施設 0123(46)3472

【終売】うにと本たらばの炙り焼膳(1,300円)Uni to Hontaraba no Aburiyaki Zen (end of sales)
2008年2月2日に藤崎本店駅弁大会で購入

掛紙 外観
掛紙 掛紙 外観 外観 外観 外観

2007(平成19)年に発売か。円形の容器に透明なふたをして、中身やカニやウニの写真を載せたボール紙の枠にはめてラップで包む。中身は酢飯の上を錦糸卵、カニ、ウニで覆い、イカと椎茸とはじかみを添えるもの。飯の上の半分が実は錦糸卵だが、具の味付けでなく添付の塩だれで塩気と水気を出すため、この地域でありふれるカニイクラ丼の駅弁や空弁より、風味はちょっとユニークになる。「炙り」の風味は特に感じなかった。現地での収穫報告を見ないのは、少々気に掛かる。このシーズン限りで終売か。

※2017年4月補訂:終売を追記
販売駅
千歳線 新千歳空港(しんちとせくうこう)駅 1992(平成4)年7月1日開業 北海道千歳市美々
調製元
札幌バルナバフーズ 株式会社 北海道千歳市美々 新千歳空港ケータリング施設 0123(46)3472

【終売】白老牛弁当(1,260円)Shiraoigyu Bento (end of sales)
2005年11月6日に京急ストアの駅弁大会で購入

掛紙 中身
掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身

2005(平成17)年に発売か。経木枠の正方形の容器に透明なフタをして、弁当名を大書きするボール紙の枠にはめてラップで包む。中身は白御飯の上に錦糸卵や牛そぼろなどと、白老牛のモモ肉とバラ肉を載せるもの。品質も価格も高い牛肉弁当。新千歳空港駅の駅弁とも、新千歳空港の空弁とも紹介されるが、両方の構内で販売されているのだろう。白老牛の弁当は引き続き、ターミナルビルで買えるようだが、この商品は数年間だけ売られた模様。調製元の北海道エアポートフーズサービスは2007年7月に札幌バルナバハムと合併し、新会社「札幌バルナバフーズ」となった。

白老町は馬産地として名高く、現在も優れた競走馬を輩出し続けるが、軍馬や農耕馬などの需要減退により戦後に島根から黒毛和牛を導入して転換を図り、昭和50年代からは北海道で有数の肉牛の産地となっている。

※2020年5月補訂:終売を追記
販売駅
千歳線 新千歳空港(しんちとせくうこう)駅 1992(平成4)年7月1日開業 北海道千歳市美々
調製元
北海道エアポートフーズサービス 株式会社 北海道千歳市美々 新千歳空港内ケータリング施設 0123(46)3472