banner  旅の友「駅弁」。
 館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR北海道 函館(はこだて)駅2007年6月17日訪問Googleマップ
JR-Hokkaido Hakodate Station

駅名標 駅舎 駅構内

札幌駅から特急列車で3時間強。函館市は北海道の南部で津軽海峡に面した人口約27万人の港町で、1859年の開港や1908年の鉄道連絡航路開設で北海道の玄関口となり、高度経済成長期は漁港や工業港としても栄え、現在は旧市街や函館山や海産物などが観光客を魅了する。駅弁は国鉄時代からの駅弁屋の経営がJR北海道の100%子会社に引き継がれ、改札外売店で駅弁を販売。1904(明治37)年7月1日開業、北海道函館市若松町。

JR北海道 新函館北斗(しんはこだてほくと)駅2016年11月26日訪問Googleマップ
JR-Hokkaido Shin-Hakodate-Hokuto Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から新幹線で4時間強。函館本線の小さな中間駅であった渡島大野(おしまおおの)駅に新幹線の駅を併設するにあたり、現駅名に改称。駅の位置は函館の郊外であるが、函館市内ではなく北斗市内にあるため、同市が駅名に北斗の名を入れることを強硬に要求、政治的にこのような長い駅名にされてしまった。駅弁は新幹線改札内と駅舎内の各地の売店で売られる。1902(明治35)年12月10日開業、北海道北斗市市渡1丁目。

べこ辨(1,200円)2016年11月26日に新函館北斗駅のキヨスクで購入
Bekoben

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2016(平成28)年6月6日の発売。昭和の頃に山形県の新庄駅で、同じ名前の駅弁が名物だったと思う。いずれも「べこ」とは牛のことで、白御飯の上で北海道産和牛のしぐれ煮とそぼろと、錦糸卵でストライプを描く。値は張るが、シンプルで今風に脂が豊かで柔らかくておいしい牛丼駅弁。

販売駅
函館本線 函館(はこだて)駅 1904(明治37)年7月1日開業 北海道函館市若松町
調製元
北海道キヨスク 株式会社 北海道亀田郡七飯町字中島5−3 0138(83)7288 https://www.hkiosk.co.jp/mikado/

豚わっぱ飯(1,000円)2016年11月26日に新函館北斗駅のキヨスクで購入
Buta Wappa Meshi

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2014(平成26)年の発売。楕円形の容器に白御飯を詰め、豚肉焼を散らし、ごぼう天揚げ、花ニンジン、柴漬けを添える。道南産のSPF豚を使うというメインの豚肉はガチガチに固く、アゴまではいかないが歯と歯ぐきを鍛える感じ。臭みのない肉と、特製のタレによる濃い味付けは、塩辛になりそうなゴボウとともに、寒い地で白飯に合うと思う。

販売駅
函館本線 函館(はこだて)駅 1904(明治37)年7月1日開業 北海道函館市若松町
調製元
北海道キヨスク 株式会社 北海道亀田郡七飯町字中島5−3 0138(83)7288 https://www.hkiosk.co.jp/mikado/

かつサンド(630円)2016年11月26日に新函館北斗駅のキヨスクで購入
Cutlet Sandwich

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

新函館駅北斗駅で駅弁とともに売られていたカツサンド。調製元は駅弁屋でなく、函館市内のとんかつチェーン店。食パンにマヨネーズとマスタードを塗り、ヒレカツのソース漬けとキャベツを挟んだカツサンドを4切れ、黄色い専用の紙箱に詰める。プレーンなヒレカツを、調味料の油気と塩気でいただく感じの、食べやすいカツサンド。函館空港でも同じものが買える。

販売駅
函館本線 函館(はこだて)駅 1904(明治37)年7月1日開業 北海道函館市若松町
調製元
有限会社 とんき 北海道函館市松風町5番13号 0120-22-3998

北海道新幹線H5系はやぶさ弁当(1,250円)2016年1月11日に京王百貨店駅弁大会で購入
Hokkaido Shinkansen H5-kei Hayabusa Bento

掛紙 掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

2016(平成28)年1月の京王百貨店駅弁大会でデビュー、同年3月の北海道新幹線と新函館北斗駅開業に合わせて現地で発売。その名のとおり、北海道新幹線のH5系電車の駅弁。中身は同じ調製元の八戸駅弁「E5系はやぶさ弁当」とほぼ同じで、ケチャップライスとアメリカンドック、ミニオムレツ、ハンバーグ、エビフライ、フライドポテト、ウインナーを詰め、ミルク飴を添えるもの。冷凍食品で中身を固めたなという印象も同じ。元ネタのH5系新幹線電車そのものも、E5系の色違いのようなものなので、これでよい。下の他社製品とは、見た目で同じでも、中身に加えて容器もそれぞれ独自である。

購入当時に現物へ記されなかった調製元は、八戸駅の駅弁屋である吉田屋。これは疑義でもなんでもなく、実際に新函館北斗駅の開業に合わせて改札外に店舗を構えた。駅所在地の北斗市の要請と、創業者が現在の北斗市内の出身であることで、駅弁屋が海峡を越えた。函館駅弁の「函館みかど」の北海道キヨスクも改札内、ホーム上、改札外の3箇所に店舗を構えたため、駅弁屋2社が競争する駅となっている。

販売駅
北海道新幹線 新函館北斗(しんはこだてほくと)駅 1902(明治35)年12月10日開業 北海道北斗市市渡1丁目
調製元
BENTO CAFE 41°GARDEN 所在地の記載なし 連絡先の記載なし

北斗七星(1,300円)2016年1月7日に京王百貨店駅弁大会で購入
Hokutoshichisei

掛紙 掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

「箱舘新景」に続く、函館駅の北海道新幹線開業記念弁当の第2弾として、2016(平成28)年1月7日に発売。この年の京王百貨店駅弁大会の初日と同じ年月日の発売は偶然か。北海道新幹線H5系電車の形をしたプラスティック製容器を、「青函隧道」と書かれてトンネルをイメージした紙枠に少しだけはめる。

中身は、JRの切符のような色と大きさを持つ紙片のお品書きのとおり、北斗産米ななつぼしの酢飯の上に、鮭たたき、イカ旨み焼き、イクラ醤油漬、ホタテ薫製、タコやわらか煮、はこだて和牛のしぐれ煮とそぼろなどを散らし、かぼちゃまんじゅうを添えるもの。新幹線型容器の駅弁なのに、お子様ランチではない中高年向けの味と内容。容器も子ども向けでなく鉄道に興味を持つ中高年のツボを押さえていると感じた。上の他社製品とは、見た目で同じでも、中身に加えて容器もそれぞれ独自である。

販売駅
函館本線 函館(はこだて)駅 1904(明治37)年7月1日開業 北海道函館市若松町
調製元
北海道キヨスク 株式会社 北海道函館市若松町12番13号 0138(84)8527 https://www.hkiosk.co.jp/mikado/

とん○(750円)2010年8月9日に函館駅コンビニキヨスクで購入
Tonmaru

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

白いボール紙の紙箱をラップで包み、商品名や解説文をモノクロ印刷した白い掛紙を巻く。中身は胡麻混じりな北海道産の白米を、同じく北海道産のSPFホエー豚の肉で目張りしてゴルフボール大にして、4個はタレ漬にして、3個はチーズを巻いて、タクアンを添えて詰めるもの。豚肉そのものに乳製品というか発酵食品の風味がある、不思議なおやつだった。写真のとおり箱の中がタレまみれであり、揺れて狭い普通座席で手や服や荷物を汚さずに食べるのに苦労した。調製元は函館市内の居酒屋。

販売駅
函館本線 函館(はこだて)駅 1904(明治37)年7月1日開業 北海道函館市若松町
調製元
有限会社 邪馬台国 北海道函館市本町11−8 0138(56)6888 http://gochitei.com/

【終売】箱舘新景(1,300円)2016年3月26日に函館駅改札外駅舎内駅弁売店で購入
Hakodate Shinkei (end of sales)

掛紙 掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

函館駅の北海道新幹線開業記念弁当として、2015(平成27)年5月14日に発売。函館がかつて「箱館」と表されていた江戸時代の風景図を背景に、次年に営業を開始するH5系新幹線電車のイラストを合わせたパッケージに、二段重ねの容器をぴったり収める。

中身は側面のおしながきのとおり、下段に御飯としてタラコとイカ昆布の御飯にイカ寿司、上段におかずとしてコロッケ、豚照焼、ごっこの唐揚げ、ブリのエスカベッシュ、厚焼き玉子、プチトマトやブロッコリーなど。高級タイプの駅弁として、例えば東京駅の大人の休日駅弁のつくりと同じ香りを感じる。食べていて奇抜さがないのに、イカ飯からごっこの唐揚げまで道南特有のメニューが、うまく取り入れられている。1年間ほどの販売か。

※2017年3月補訂:終売を追記
販売駅
函館本線 函館(はこだて)駅 1904(明治37)年7月1日開業 北海道函館市若松町
調製元
北海道キヨスク 株式会社 北海道亀田郡七飯町字中島5−3 0138(83)7288 https://www.hkiosk.co.jp/mikado/

【終売】豚とんとん(950円)2010年8月9日に函館駅改札外駅舎内駅弁売店で購入
Tontonton (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2007(平成19)年4月までに登場か。持ち帰り牛丼タイプの長方形の発泡材容器を使用、駅弁屋豚の名前やマークなどを印刷した茶色い掛紙を巻く。中身は白御飯の上に森町産SPF豚ロースの焼肉をたっぷり敷き詰め、わかめしば漬を添えるもの。タレは色も味も薄く、山椒で味を増す凛々しい風味と食感に目が覚める。駅弁には珍しい、あっさりタイプの豚丼弁当。2013年頃までの販売か。

※2016年12月補訂:終売を追記
販売駅
函館本線 函館(はこだて)駅 1904(明治37)年7月1日開業 北海道函館市若松町
調製元
みかど 株式会社 函館営業所 北海道函館市若松町12−13 0138(22)2690 http://www.hkiosk.co.jp/mikado/

【終売】SL函館大沼号特製辨當えんむすび(980円)2010年8月9日に函館駅ホーム上立ち売りで購入
SL Hakodate Onumago Tokusei Bento Enmusubi (end of sales)

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

2010(平成22)年7月17日に登場した、「SL函館大沼号」の運転日に限り同列車内と函館駅5番ホームで販売される駅弁。竹編み風な市販のボール紙製容器に、SL列車の写真や運転日や時刻表などを印刷した茶色い掛紙を巻く。中身は「黒いダイヤ」こと海苔を巻いた焼タラコのおむすびと、「峠下の焼おにぎり」こと牛そぼろと味噌の焼おにぎりと、「機関士の雫」こと昆布をまとう白わさびごはんのおにぎりが各1個と、ホタテやニンジンなどの煮物、ホッケフライ、ワカサギのいかだ焼、漬物2種。どでかいおにぎり弁当。さらに中身入りの汽車土瓶が付いてくる。

ホーム上に本物の駅弁立売が出て、しかも中身入り汽車土瓶まで売るとは、今世紀に希な出来事である。しかし朝9時台では弁当需要がないのか、弁当が袋詰めで何を売っているのか分かってもらえなかったのか、SL列車内の売店でも同じものが買えるためか、販売の告知がSL列車運転開始日のわずか3日前のプレスリリースで出るなど広告宣伝面でのサポートがないためか、見た目で全く売れていなかった。

SL列車の翌2011年夏の運転時には、同じ名前で容器や内容や価格が異なる駅弁が売られた模様。2012年以降は売られていないのではないかと思う。

※2016年12月補訂:終売を追記
販売駅
函館本線 函館(はこだて)駅 1904(明治37)年7月1日開業 北海道函館市若松町
調製元
みかど 株式会社 函館営業所 北海道函館市若松町12−13 0138(22)2690 http://www.hkiosk.co.jp/mikado/

【終売】大沼黒牛飯折(1,050円)2010年8月9日に函館駅改札外駅舎内駅弁売店で購入
Onuma Kuroushi Meshiori (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身

2010(平成22)年の春までに登場か。長方形でふたに縁の付いた木目調の発泡材容器を使用、中身の写真を大きく、大沼の写真を小さく掲載した掛紙を巻く。中身は白御飯の上で牛すき焼き、玉子そぼろ、牛肉そぼろでストライプを描き、大根味噌漬を貼り、玉子焼や焼売や海苔佃煮などを添える。

中身は写真のようには美しくないが、そぼろだけで飯を食べると味のなさが物足りなく、牛すき焼を混ぜるとタレと脂が程良く入ってくれるグルメな味。この駅弁に使われる「はこだて大沼黒牛」とは、北海道亀田郡七飯町の小澤牧場が2006年に商標を登録した交雑種の銘柄牛で、道内産の素牛を自家産の飼料で育てているのだそうな。2015年までの販売か。

※2016年12月補訂:終売を追記
販売駅
函館本線 函館(はこだて)駅 1904(明治37)年7月1日開業 北海道函館市若松町
調製元
株式会社 サンフレッシュサービス 北海道函館市万代町19−3 0138(43)5677 http://www.shunka.jp/

【終売】北海幕の内弁当(740円)2007年6月17日に函館駅改札外コンコース駅弁売店で購入
Hokkai Makunouchi Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身

函館駅の本当の幕の内駅弁。全長33センチとかなり横長な発泡材枠容器に、商品名と中身写真を印刷したボール紙でふたをして、輪ゴムを通す。中身は日の丸御飯、ハンバーグ、スパゲティ、ウインナー、鳥唐揚、焼鮭、蒲鉾、玉子焼、ポテトフライ、ちくわなど。

中身の構成が昭和風で、風味はスーパーの惣菜クラス。この価格の幕の内駅弁としては相応だと思うが、これでは函館や駅弁の楽しみがないから、下記「青函トンネル弁当」が事実上の幕の内駅弁として使われているのだろう。駅弁の種類を確保して店頭を彩る役割はあると思い、しかし「函館名産」の看板には偽りを感じた。現存しない模様。

※2016年12月補訂:終売を追記
販売駅
函館本線 函館(はこだて)駅 1904(明治37)年7月1日開業 北海道函館市若松町
調製元
みかど 株式会社 函館営業所 北海道函館市若松町12−13 0138(22)2690 http://www.hkiosk.co.jp/mikado/

【終売】青函トンネル弁当(1,050円)2007年6月17日に函館駅改札外コンコース駅弁売店で購入
Seikan Tunnel Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身

本州と北海道を海底下で結ぶ、当時で世界最長(53850m)のトンネルである、青函トンネルが開業した1988(昭和63)年の登場か。幕の内弁当サイズの長方形容器を、青函トンネルを飛び出した特急スーパー白鳥号のイラストと、その運転経路の地図を描いた掛紙で包む。

中身はトンネル型に曲げた仕切の内側にサワガニ付き鶏親子そぼろ御飯を詰め、その周囲をエビアサリフルーツサラダ、昆布と帆立、いかめしと焼鮭とフライドポテト、海草和えなどで囲むもの。事実上の函館駅の幕の内駅弁で、その目で見れば青函らしさがよく出ていて、風味も良い。寝台特急トワイライトエクスプレスへの積込もあるという。

2011年頃まで販売された模様。2015年7月に青森駅〜函館駅で運転された団体専用列車「復活海峡号」で、参加者にこの駅弁が配られたという。

※2016年12月補訂:終売を追記
販売駅
函館本線 函館(はこだて)駅 1904(明治37)年7月1日開業 北海道函館市若松町
調製元
みかど 株式会社 函館営業所 北海道函館市若松町12−13 0138(22)2690 http://www.hkiosk.co.jp/mikado/

やきそば弁当(180円)2010年8月9日に函館駅コンビニキヨスクで購入
Yakisoba Bento

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

1975(昭和50)年に発売された、北海道内のスーパーやコンビニではどこでも買えるカップ焼きそば。弁当を名乗り駅のキヨスクでも販売されていたが、中身は写真のとおり、日本中でどこでも買えるようなカップ焼きそばである。製造者も「マルちゃん」ブランドでカップめんを全国展開する東京都の東洋水産。特徴としては中華スープの粉末が付いており、通常は全量を捨てる麺を戻したお湯を使いスープを作れと「調理方法」に書かれている。

販売駅
函館本線 函館(はこだて)駅 1904(明治37)年7月1日開業 北海道函館市若松町
調製元
東洋水産 株式会社 東京都港区港南2−13−40 03(3458)3333 http://www.maruchan.co.jp/