banner  旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR北海道 函館(はこだて)駅2007年6月17日訪問Googleマップ
JR-Hokkaido Hakodate Station

駅名標 駅舎 駅構内

札幌駅から特急列車で3時間強。函館市は北海道の南部で津軽海峡に面した人口約27万人の港町で、1859年の開港や1908年の鉄道連絡航路開設で北海道の玄関口となり、高度経済成長期は漁港や工業港としても栄え、現在は旧市街や函館山や海産物などが観光客を魅了する。駅弁は国鉄時代からの駅弁屋の経営がJR北海道の100%子会社に引き継がれ、改札外売店で駅弁を販売。1904(明治37)年7月1日開業、北海道函館市若松町。

JR北海道 新函館北斗(しんはこだてほくと)駅2016年11月26日訪問Googleマップ
JR-Hokkaido Shin-Hakodate-Hokuto Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から新幹線で4時間強。函館本線の小さな中間駅であった渡島大野(おしまおおの)駅に新幹線の駅を併設するにあたり、現駅名に改称。駅の位置は函館の郊外であるが、函館市内ではなく北斗市内にあるため、同市が駅名に北斗の名を入れることを強硬に要求、政治的にこのような長い駅名にされてしまった。駅弁は新幹線改札内と駅舎内の各地の売店で売られる。1902(明治35)年12月10日開業、北海道北斗市市渡1丁目。

みかどのかにめし(900円)2016年11月26日に新函館北斗駅のキヨスクで購入
Mikado no Kani Meshi

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

黒く四角い小柄な容器に御飯を詰め、細かいズワイカニほぐし身の醤油煮で覆い、柴漬けを添える。今のみずみずしいカニのぶっとい脚やブロックの身を自慢するのではない、長万部駅など昭和の頃のカニ飯駅弁はこうだった、カニと飯が合う昔懐かしい感じの風味。接頭辞の「みかど」もまた、当時は駅弁屋の社名で、今はブランド名として使われる、昭和の頃からの名前。

販売駅
函館本線 函館(はこだて)駅 1904(明治37)年7月1日開業 北海道函館市若松町
調製元
北海道キヨスク 株式会社 北海道亀田郡七飯町字中島5−3 0138(83)7288 https://www.hkiosk.co.jp/mikado/

山海ほたてめし(900円)2016年11月26日に新函館北斗駅のキヨスクで購入
Mikado no Kani Meshi

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2014(平成26)年の発売か。ホタテの文字と写真を使うボール紙製容器の中身は、茶飯の上に3個のホタテ煮を対角線上に並べ、山菜とクリと柴漬けで残りを覆うもの。派手さや華やかさのない、見た目に渋めで落ち着いた一食。

販売駅
函館本線 函館(はこだて)駅 1904(明治37)年7月1日開業 北海道函館市若松町
調製元
北海道キヨスク 株式会社 北海道亀田郡七飯町字中島5−3 0138(83)7288 https://www.hkiosk.co.jp/mikado/

鮑雲丹めし(2,000円)2016年3月26日に函館駅改札外駅舎内駅弁売店で購入
Awabi Uni Meshi

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

北海道新幹線の新青森駅〜新函館北斗駅の開業に合わせて、2016(平成28)年3月26日に発売。おしながきを兼ねる掛紙にも「北海道新幹線開業記念駅弁」と明記される。「箱舘新景」「北斗七星」に続く、函館駅の北海道新幹線開業記念駅弁の第3弾。

中身は礼文島産むらさき雲丹の炊き込みごはんに、北海道産蝦夷鮑の酒蒸し、生海苔あん磯風味、礼文島産蝦夷ばふん雲丹、北海道産いくら醤油漬などを載せたもの。函館駅でとびっきり高価な駅弁であり、アワビとウニがふんだんに使われながら、豪華でも奇をてらわないつくり。

北海道新幹線の開業に伴い、新青森駅と函館駅を結ぶ特急「スーパー白鳥」「白鳥」が廃止になり、ついでに函館駅に発着するすべての夜行列車が粛清されたため、函館駅から本州連絡の機能が消えた。函館駅の改札内やホーム上では、それを前にした2015(平成27)年9月に、すべての売店と立ちそば屋が閉店して淋しくなり、年末年始や開業・さよなら景気の商機を逃している。一方で改札外の売店群は拡充、訪問時には駅弁売店の位置を変えずにその裏手で売り場が広がり、様々な土産物が買えるようになっていた。

販売駅
函館本線 函館(はこだて)駅 1904(明治37)年7月1日開業 北海道函館市若松町
調製元
北海道キヨスク 株式会社 北海道亀田郡七飯町字中島5−3 0138(83)7288 https://www.hkiosk.co.jp/mikado/

北の駅弁屋さん(1,300円)2016年3月26日に函館駅改札外駅舎内駅弁売店で購入
Awabi Uni Meshi

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2000(平成12)年の発売。掛紙にあるとおり、容器の9区画に左上から「ほたてめし」「鰊みがき弁当」「鮭ハラス弁当」「つぶ貝弁当」「いくら弁当」「いか飯」「香の物」「みかどのかにめし」「うに弁当」を詰める。そのほとんどが、既存や過去や名物の函館駅弁という、函館駅弁の詰合せ。そして、実に8区画が御飯物。分量十分、満腹感はもっと上。

販売駅
函館本線 函館(はこだて)駅 1904(明治37)年7月1日開業 北海道函館市若松町
調製元
北海道キヨスク 株式会社 北海道亀田郡七飯町字中島5−3 0138(83)7288 https://www.hkiosk.co.jp/mikado/

蝦夷ちらし(1,300円)2016年11月26日に新函館北斗駅のキヨスクで購入
Ezo Chirashi

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

JR北海道の車内誌によると、2003(平成15)年の発売。デパートの北海道物産展でよく見るような海鮮弁当で、上げ底と上げぶたと窓付きボール紙枠で見栄えを上げる容器に酢飯と海鮮を詰める。具の内容は、ホタテ、カズノコ、カニ、タコ、イクラ、ウニ、サーモン、錦糸卵、甘酢生姜。輸送または持ち運びの影響か、具が偏って見栄えを落としたが、味は変わらない。他の駅や催事屋の海鮮丼とも変わらない。

販売駅
函館本線 函館(はこだて)駅 1904(明治37)年7月1日開業 北海道函館市若松町
調製元
北海道キヨスク 株式会社 北海道亀田郡七飯町字中島5−3 0138(83)7288 https://www.hkiosk.co.jp/mikado/

【終売】名物蝦夷ちらし(1,260円)2013年12月31日に函館駅改札外駅舎内駅弁売店で購入
Meibutsu Ezo Chirashi (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

上記「蝦夷ちらし」の、2013(平成25)年時点での姿。掛紙の絵柄を見ると、昭和の昔からありそうな感じ。容器は上げ底で上げふたな催事向けで、具の内容はカズノコ、ホタテ、イクラ、サケ、ニシン、ウニ、カニ、玉子焼、ワカメ、しば漬など。

函館駅の駅弁屋は、みかど函館営業所が2012年1月にJR北海道の子会社であるジェイ・アールはこだて開発へ事業を譲渡し、子会社の整理により2014年10月に北海道キヨスクへ吸収されたが、客から見たら気が付かないほど同じように、駅弁が販売され続けている。

※2016年12月補訂:新版の収蔵に伴い解説文を変更
販売駅
函館本線 函館(はこだて)駅 1904(明治37)年7月1日開業 北海道函館市若松町
調製元
ジェイ・アールはこだて開発 株式会社(函館みかど)北海道函館市若松町12番13号 0138(22)2690 http://www.hkiosk.co.jp/mikado/

大玉ほたてと大漁ウニ弁当(1,780円)2016年1月7日に京王百貨店駅弁大会で購入
Ootama Hotate to Tairyo Uni Bento

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2016(平成28)年3月26日の北海道新幹線と新函館北斗駅の開業と同時にオープンした、同駅舎内の駅弁売店「BENTO CAFE 41°GARDEN」の目玉商品として登場。その前の同年1月の京王百貨店駅弁大会でも、「新幹線開業記念沿線駅弁対決」として売られた目玉商品4点の一角を占めて実演販売。また、2016年4月に開催された日本食糧新聞社の食品見本市「FABEX」での「惣菜・べんとうグランプリ」で、「駅弁・空弁部門」の最高賞である金賞3点のうち1点を占めた。

四角い容器に茶飯を敷き、パッケージの見本写真のとおり、蒸しウニとイクラ醤油漬けと、大きな蒸しホタテ1個で覆い、大葉で彩る。今回はその駅弁大会で購入。今までの函館の駅弁にない高価で、特大サイズで肉厚のホタテと、あふれんばかりのウニの使用が特徴だというが、イクラはともかくホタテ、ウニ、大葉は乾燥してボロボロになっており、催事場での大量製造品でない現地のものを味わう必要があると思った。この現物では分からないが、調製元と上記の駅弁売店の運営者は、八戸駅弁の吉田屋。

販売駅
北海道新幹線 新函館北斗(しんはこだてほくと)駅 1902(明治35)年12月10日開業 北海道北斗市市渡1丁目
調製元
BENTO CAFE 41°GARDEN 所在地の記載なし 連絡先の記載なし

函館駅いかわっぱ(950円)2013年12月31日に函館駅改札外駅舎内駅弁売店で購入
Hakodate Eki Ika Wappa

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2004(平成16)年の秋か、それ以前から販売。または2003年6月の函館駅の新駅舎の開業と、JR北海道の100%子会社が運営する「ダイニングレストラン和華」の開店に合わせて誕生か。円形の容器に白御飯を詰め、味付イカ1杯、焼サケ、ゆでエビ、ホタテ煮、玉子焼、鶏肉、紅生姜などの具をで覆う。駅弁にしては味付けがきつくないのが良い感じ。

パッケージに「函館駅」と明記されているが、函館駅の昔からの公式な駅弁屋「みかど」の弁当ではないため、駅弁としての紹介例は少ない。売り場は今では同じ場所。ひとつの店のカウンターにふたつの業者が入り、隣同士で店員も商品も会計も完全に分けて弁当を販売している。

販売駅
函館本線 函館(はこだて)駅 1904(明治37)年7月1日開業 北海道函館市若松町
調製元
株式会社 サンフレッシュサービス 北海道函館市万代町19−3 0138(43)5677 http://www.shunka.jp/

いかめし磯部揚(350円)2010年8月9日に函館駅改札外駅舎内駅弁売店で購入
Ikameshi Isobeage

掛紙 外観 外観 中身 中身

小さな長方形の発泡材枠容器に木目柄のボール紙でふたをして、中身の美しい写真を掲載した掛紙を巻く。中身はその写真のとおり、そして駅弁の名前のとおり、いかめし1個を5切れにスライスして磯部揚げにしてしまっている。油っこいけれど、ゲテモノではなし。

調製元は函館市内の会席料理屋兼仕出し屋。同社の公式サイトでは紹介されていないが、函館駅の中で従来の駅弁屋と一体となった売店で、容器も中身も駅弁にしか見えない弁当を販売している。駅弁とは名乗っていないし、駅弁紹介記事などにされることもないが、個人ブログでの函館駅弁購入報告ではよく上がっている。

販売駅
函館本線 函館(はこだて)駅 1904(明治37)年7月1日開業 北海道函館市若松町
調製元
株式会社 サンフレッシュサービス 北海道函館市万代町19−3 0138(43)5677 http://www.shunka.jp/

【終売】いくら弁当(880円)2010年8月9日に函館駅改札外駅舎内駅弁売店で購入
Ikura Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

1990年代の登場だろうか。正八角形の小柄な発泡材枠容器に透明なふたをして、サケとイクラを描いたイクラ色の掛紙で包む。中身は白御飯の上に刻み海苔と錦糸卵を敷き、イクラの醤油煮を中央に盛り、カマボコと白生姜を添えるという、名前どおりのイクラ丼。小粒なイクラが珍しい感じ。駅弁大会でも物産展でもイクラは大粒こそが命だと競う感じがあるが、地元の駅弁であればこういうものがあっていい。2013年頃までの販売か。

※2016年12月補訂:終売を追記
販売駅
函館本線 函館(はこだて)駅 1904(明治37)年7月1日開業 北海道函館市若松町
調製元
みかど 株式会社 函館営業所 北海道函館市若松町12−13 0138(22)2690 http://www.hkiosk.co.jp/mikado/

【終売】戸井のなまらタコ釜飯(880円)2010年8月9日に函館駅コンビニキヨスクで購入
Toi no Namara Tako Kama Meshi (end of sales)

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

戸井漁業協同組合とアイフーズシステムが共同で開発し、2010年3月20日に函館駅構内のコンビニ型キヨスクで登場。電子レンジ対応型の丸く平たいプラ製釜型容器を使用、駅弁の名前やタコのイラストや関係各社の名前を印刷した紙帯にはめる。中身は道産米「ふっくりんこ」の炊込飯に、戸井産タコの醤油煮をぶつぶつ入れて、玉子焼、にんじん、タコの卵、きぬさや、紅生姜などを添えるもの。際立つ特徴は感じなかったが、現地では人気の商品となっているそうで、イベントや物産展での販路も徐々に広げていた。2011年頃になくなった模様。

津軽海峡で下北半島と向かい合っていた北海道亀田郡戸井町は、いわゆる平成の大合併により2004年に函館市へ編入されている。第二次大戦中はここに要塞を建設すべく、五稜郭から戸井へ至る国鉄戸井線の建設が進められたが、完成を目前にして戦中に工事が中止され、以後再開されることはなかった。国道278号線を走っていると山腹の斜面にアーチ橋がいくつも見えたり、地図を眺めると函館空港から北西の方向へ一直線に伸びる道路や空き地や緑地に気付くことができる。

※2015年2月補訂:終売を追記
販売駅
函館本線 函館(はこだて)駅 1904(明治37)年7月1日開業 北海道函館市若松町
調製元
アイ・フーズシステム 北海道函館市鍛冶1丁目15番5号 0138(33)1700

【終売】箱館烏賊内海物語 箱館ホタテめし弁当(840円)2009年3月26日に函館駅コンビニキヨスクで購入
Hakodate Ikanaikai Monogatari Hakodate Hotate Meshi Bento (end of sales)

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身

2008(平成20)年までに4種類のシリーズで登場か。赤いトレーを付けた長方形の発泡材枠容器に透明なふたをして、おしぼりと割りばしと楊枝を置いて、両面印刷の掛紙で巻いて、ビニールひもでしばる。中身は炊込飯の上に錦糸卵を敷いてホタテ照焼3個を載せ、紅生姜と柴漬けと松前漬とミカンを四隅に配置する。キヨスクでの冷蔵販売だが、見た目どおりの風味は仕出し弁当やコンビニ弁当と一線を画す、駅弁の味。2011年頃になくなった模様。

※2015年2月補訂:終売を追記
販売駅
函館本線 函館(はこだて)駅 1904(明治37)年7月1日開業 北海道函館市若松町
調製元
アイ・フーズシステム 北海道函館市鍛冶1丁目15番5号 0138(46)9977

【終売】北海道函館味日誌お弁当(840円)2007年6月17日に函館駅改札外コンコース駅弁売店で購入
Hokkaido Hakodate Aji Nisshi Obento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身

商品名「かまめし弁当」。現地で季節の釜飯として売られていた駅弁。津軽海峡の対岸にもある、どうしても安っぽく見える平たいプラ製釜型容器に透明なふたをして、釜飯らしい正方形の掛紙で包んで、ひもでしばる。中身は茶飯に帆立、うに、玉子焼、高野豆腐、フキ、昆布巻など。個人旅行での特急移動での腹の足しに最適だと思う、ちょっとばかり北の味な釜飯駅弁。この駅弁の掛紙は、2000年代の函館駅弁の季節限定商品に、分け隔てなく使われていた模様。現在は使われていない。

※2016年12月補訂:終売を追記
販売駅
函館本線 函館(はこだて)駅 1904(明治37)年7月1日開業 北海道函館市若松町
調製元
みかど 株式会社 函館営業所 北海道函館市若松町12−13 0138(22)2690 http://www.hkiosk.co.jp/mikado/

【終売】うに・いくら弁当(1,260円) 
Uni Ikura Bento (end of sales)

中身

井形に組んだ正方形の発泡材容器を、中身の写真を大きく載せたボール紙の枠にはめる。中身は茶飯の上に錦糸卵を敷いて粒ウニとイクラを載せるシンプルな内容。高価なのはウニの分量に妥協がないためか。北海道の主要都市や特急列車車内販売には、こういう駅弁が必要だと思う。2013年頃までの販売か。

※2016年12月補訂:終売を追記
販売駅
函館本線 函館(はこだて)駅 1904(明治37)年7月1日開業 北海道函館市若松町
調製元
みかど 株式会社 函館営業所 北海道函館市若松町12−13 0138(22)2690 http://www.hkiosk.co.jp/mikado/
疑義駅弁

いかのふる里函館駅弁いかめし(?円)いつかどこかで購入
Ika no Furusato Hakodate Ekiben Ikameshi

掛紙 掛紙 外観 中身 中身

楽天市場やヤフーショッピングあるいはヤフーオークションなどのネット通販やスーパーマーケットなどで手広く販売されている商品。見てのとおり、イカ飯がふたつ、真空パックにされている。駅弁のいかめしより大きく腹持ちがして、味も悪くなく、包装に記載のとおり電子レンジにそのまま突っ込んで温めてもOK。価格もたしか安かったし、爪楊枝を使わない分だけ駅弁よりも食べやすい。

しかし「函館駅弁」の表記が、真っ赤なウソである。通販サイトを見れば「北海道南部の郷土料理」とか「函館本線の大人気駅弁」とか、正確ではないが法に触れることもなさそうな表現が読めるが、そもそも函館駅の駅弁ではこのタイプのイカ飯は出ていないし、この商品を函館駅構内の売店でも見たこともない。「駅弁」や「函館駅弁」の名称に商標等の保護が効かないため、こんなことになるのだろう。他人の褌で儲ける、えげつなく腹立たしい商品。