banner  旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR北海道 静内(しずない)駅<2007年6月14日訪問Googleマップ
JR-Hokkaido Shizunai Station

駅名標 駅舎 駅構内

札幌駅から特急列車と普通列車を乗り継いで約2時間半。北海道の南東部で太平洋に面した新ひだか町は、2006年に静内町と三石町の合併で誕生した人口約2万人の町で、日高昆布と競走馬の産地として広く知られる。駅弁は国鉄時代からの駅弁屋が1990年代に駅弁の販売をやめたが、駅舎内の立ちそば屋は引き続き営業中。訪問時に駅弁の販売はなかった。1926(大正15)年12月7日開業、北海道日高郡新ひだか町静内本町5丁目。

疑義駅弁

うにいくら黄金鮭弁当(1,080円)2014年3月9日に東京駅の駅弁売店「駅弁屋 祭」で購入
Uni Ikura Ougonsake Bento

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

静内駅の駅弁を名乗る商品の、2013(平成25)年秋の新作。白御飯を炒り卵で覆い、焼き鮭を1切れ置き、ウニとイクラで彩り、煮物と漬物を添える。駅弁の鮭弁当としては、かなりうまい。駅弁の定義や実態に立ち入らなければ、旅の食事にも、自宅での旅気分にも適している。価格は2014年の購入時点で980円、2017年時点で1,080円。

今回は、催事業者や小売店のバイヤーが入るスーパーマーケットの駅弁催事ではなく、JR東日本の子会社が駅構内で運営する駅弁売店での販売。日本一の巨大駅弁売店「駅弁屋 祭」で駅弁として売る商品のすべてが、それぞれの現地で駅弁として売られているものではないとはいえ、ここまでの偽物はさすがに珍しい。昭和の国鉄時代に公式な駅弁屋であった「西谷弁当店」でなく、旧字体を使う「西谷辨當店」と表記がある商品は、静内駅へ行っても買えない疑義駅弁である。

調製元
西谷辨當店 北海道日高郡新ひだか町静内本町4−1−20 01464(2)0412
疑義駅弁

蝦夷海鮮 うにかに(980円)2005年10月22日にダイエー横浜店駅弁大会で購入
Ezo Kaisen Uni Kani

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身

スーパーの駅弁催事でのみ販売される、自称「静内駅弁」の新作。漆器風タイプのプラ製円形容器を、海鮮色鮮やかなデザインのボール紙枠にはめる。風味を論じる気もなし。ネーミングもコンセプトもバリエーションも価格帯も、同じようにスーパーで販売される旭川駅弁と、そっくりなような気がしてならない。

2005(平成17)年頃から駅弁大会シーズンの土休日に限り、静内駅そば屋で当ページ掲載の疑義駅弁群を、わざわざ札幌から輸送して数点ずつ販売しているとの報告がある。それでも、現地の販売状況を紹介せず催事で大々的に売りさばく姿に、一般の消費者が持つと思われる駅弁のイメージはない。

調製元
西谷辨當店 北海道日高郡新ひだか町静内本町4−1−20 01464(2)0412
疑義駅弁

蝦夷海鮮 かにいくら(980円)2005年10月22日にダイエー横浜店駅弁大会で購入
Ezo Kaisen Kani Ikura

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身

スーパーの駅弁催事でのみ販売される、自称「静内駅弁」の新作。漆器風タイプのプラ製円形容器を、海鮮色鮮やかなデザインのボール紙枠にはめる。風味を論じる気もなし。ネーミングもコンセプトもバリエーションも価格帯も、同じようにスーパーで販売される旭川駅弁とそっくりなような気がしてならない。

販売時に近くの店員に質問したら、静内で以前から普段売られる駅弁を北海道から航空便で運んできたとの説明をされたが、それを証明する報告がさっぱり上がってこない現状からすると、疑義を感じてならない。個人的にスーパーで売られる札幌を除く駅弁マークが付く北海道駅弁は、すべて偽物ではないかと思い始めてきた。

調製元
西谷辨當店 北海道日高郡新ひだか町静内本町4−1−20 01464(2)0412
疑義駅弁

海鮮うにイクラ蟹弁当(1,300円)2007年2月25日にダイエー横浜店駅弁大会で購入
Kaisen Uni Kani Ikura Bento

掛紙 外観 外観 中身 中身

下記の「襟裳うにイクラ蟹弁当」と、価格も容器も内容も分量も風味も全く同じだと思うが、商品名が微妙に変わっている。「襟裳」では襟裳産の材料を使ってるのかと苦情が来るのだろう。そもそも現地に駅弁としての実態がなく、千葉か伊豆かは知らないが販売箇所の近くで作って静内駅弁の名で売りさばく弁当なのだから、そんな細かいことに気を配る意義はないと思う。輸送販売での上げ底上げブタの敢行に感心し、飯は不味かったけど、具は美味かった。

日高郡新ひだか町とは聞き慣れない地名だが、2006年4月に静内郡静内町と三石郡三石(みついし)町が合併してできた郡と町。どちらも1郡1町を構成していたため、郡まで新設された。いわゆる平成の大合併で地名が消えるのは全国的な現象であるが、静内も三石もサラブレッドの産地として競馬ファンやホースマンに広く知られているだけに、ヒダカという広域すぎて属地不詳な名称を採用したのは残念である。

調製元
西谷辨當店 北海道日高郡新ひだか町静内本町4−1−20 01464(2)0412
疑義駅弁

【終売】襟裳うにイクラ蟹弁当(1,300円)2003年11月9日にダイエー横浜店駅弁大会で購入
Erimo Uni Ikura Kani Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身

2003(平成15)年11月の大手スーパーの駅弁催事で突然に登場した「静内駅弁」4種のうちのひとつ。嵩のある正方形の発泡材容器を使用、透明蓋をかけてボール紙の枠にはめる。中身は駅弁名どおり、御飯の上にウニとイクラと蟹に加え鮭や帆立や茎わかめなどが載り、見た目に豪華な海鮮系弁当。味も良いのだが、かなりの上げ底に上げ蓋でパッケージに似合わず少量である。現地での販売実態はなさそう。2006年までの販売か。

日高本線には、従来の国鉄型重量級ディーゼルカーに替えて、1988年にキハ130型軽快気動車11両を集中投入したが、1996年に踏切事故でダンプカーに負けて1両が失われ、残る車両も太平洋の塩害に痛められて製造後わずか10年で全車が引退、1998年から国鉄型重量級ディーゼルカーが改装を経て復帰している。国鉄車は鈍重でも頑丈であった。

※2017年4月補訂:終売を追記
※2004年5月補訂:現地での無販売を追記
調製元
西谷辨當店 北海道日高郡新ひだか町静内本町4−1−20 01464(2)0412
疑義駅弁

【終売】子持ししゃも昆布めし(1,000円)2003年11月9日にダイエー横浜店駅弁大会で購入
Komochi Sishamo Konbumeshi (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身

2003(平成15)年11月の大手スーパーの駅弁催事で突然に登場した「静内駅弁」4種のうちのひとつ。やや細長で亀甲形の発泡材容器をボール紙の枠にはめる。中身は味付飯の上に身厚な昆布を刻まず丸めずそのまま敷いて、帆立やアサリやウニやムール貝や子持ししゃもを乱雑に載せるもの。子持ししゃもの90%はカラフトシシャモ(キャペリン)というシシャモとは別の品種であるというが、この駅弁でどちらが使われているかは、食べ比べの経験がないので分からない。この商品は1シーズンのみの販売か。

「とりめし」が有名だった静内の駅弁は1996年まで販売されていたという。その後も駅弁業者がそば屋として駅構内営業を続けたため、現在でも日本鉄道構内営業中央会の会員業者であり、その商品に駅弁マークを付ける資格はある。この駅弁の表示と駅弁が現役だった頃の情報とを比較すると、社名の「弁当」の字が旧字体に変わり、電話番号の末尾が0から2に変わっている。現地での販売実態はなかったが、2005年頃から駅弁大会シーズンの土休日に限り少数を札幌方面から運んで売っているとの報告もある。

※2017年4月補訂:終売を追記
※2006年5月補訂:販売現況を追記
※2004年5月補訂:現地での無販売を追記
調製元
西谷辨當店 北海道日高郡新ひだか町静内本町4−1−20 01464(2)0412
疑義駅弁

【終売】襟裳黄金はらこめし(1,000円)2003年11月9日にダイエー横浜店駅弁大会で購入
Erimo Ougon Harakomeshi (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身

2003(平成15)年11月の大手スーパーの駅弁催事で突然に登場した「静内駅弁」4種のうちのひとつ。長方形の経木枠容器に透明蓋をかけてボール紙の枠にはめる。中身はそのパッケージに写真で掲載されるとおり、茶飯の上に焼鮭とイクラに数の子とトラウトサーモンがぺたぺたと載るもの。仙台の名駅弁「鮭はらこめし」に似ているが、味も見た目もこちらがワイルドな感じで、同じ価格で数の子も付いたり、実力はこちらが上。

当初は現地での販売実態はなく、一時期は駅そば屋に外箱だけ積んで予約受取を断っていたこともあったようだが、2005年頃から駅弁大会シーズンの土休日に限り少数を札幌方面から運んで売っているとの報告がある。アリバイ作りと感じられなくもないが、とりあえず販売実態は作られている模様。2シーズンほどの販売か。

日高本線にはかつて苫小牧・鵡川・静内・様似の各駅に駅弁が存在した。今は利用者が減り急行列車も廃止され駅弁もなく、線内最大の静内駅でも一日平均利用者数が700人弱でしかないが、平成に入りなぜか各駅で駅舎の新築が進み、静内も2001(平成13)年に新駅舎となった。

※2017年4月補訂:終売を追記
※2006年5月補訂:販売現況を追記
※2004年5月補訂:現地での無販売を追記
調製元
西谷辨當店 北海道日高郡新ひだか町静内本町4−1−20 01464(2)0412