banner  旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR北海道 苫小牧(とまこまい)駅2007年6月14日訪問Googleマップ
JR-Hokkaido Tomakomai Station

駅名標 駅舎 駅構内

札幌駅から特急列車で約45分、室蘭本線が日高本線を分けて千歳線列車が乗り入れる駅。苫小牧市は北海道の南西部で太平洋に面する人口約17万人の開拓都市で、昭和40年代に国策による工業地帯開発により港湾都市へと変貌した。駅弁は国鉄時代からの駅弁屋が改札口付近での台売りを実施。1892(明治25)年8月1日開業、北海道苫小牧市表町6丁目。

イクラかに弁当(1,150円)2012年11月16日に東京駅駅弁売店「駅弁屋 祭」で購入
Ikura Kani Bento

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2012(平成24)年8月9日の東京駅駅弁売店「駅弁屋 祭」オープンと同時に、「かにホタテ弁当」「イクラかに弁当」「うにホタテ弁当」の3種が登場した、苫小牧駅の駅弁屋を販売者とする東京駅限定の弁当のうちのひとつ。調製元の公式サイトでそう読めるので、経緯はともかく怪しい点はない。しかし東京での見栄えは、全国各地の駅弁を集めた売店で苫小牧と書かれた弁当が売られるという、疑義駅弁にしか見えない姿をしている。

正八角形の発泡材容器に白御飯を詰めて、イクラ醤油漬、ベニズワイガニのほぐし身、鮭フレーク、錦糸卵で覆い、ガリを添えるもの。駅弁大会向け北海道駅弁の典型的な姿であり、その中では内容もパッケージも個性はない。製造委託(記号付き)のせいか味は中の下という印象で、現地の駅弁とは大違い。なぜこんな商品を出してしまったのだろうか。

調製元
株式会社 まるい弁当 北海道苫小牧市清水町2−3−4 0144(32)3131 http://maruibentou.info/

かにホタテ弁当(1,100円)2012年11月16日に東京駅駅弁売店「駅弁屋 祭」で購入
Kani Hotate bento

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

上の「イクラかに弁当」と同じく、2012(平成24)年8月9日の東京駅駅弁売店「駅弁屋 祭」オープンと同時に3種が登場した、苫小牧駅の駅弁屋を販売者とする東京駅限定の弁当のうちのひとつ。こちらの具はホタテ煮3個、ベニズワイガニのほぐし身、ボイルえび、シイタケ煮、錦糸卵、大根漬。食べた感想もまた同じ。

調製元
株式会社 まるい弁当 北海道苫小牧市清水町2−3−4 0144(32)3131 http://maruibentou.info/

うにホタテ弁当(1,100円)2012年11月16日に東京駅駅弁売店「駅弁屋 祭」で購入
Uni Hotate Bento

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

上の「イクラかに弁当」と同じく、2012年8月9日の東京駅駅弁売店「駅弁屋 祭」オープンと同時に3種が登場した、苫小牧駅の駅弁屋を販売者とする東京駅限定の弁当のうちのひとつ。こちらの具はホタテ煮3個、蒸しウニ、山菜煮、シイタケ煮、錦糸卵、大根漬。食べた感想もまた同じ。

調製元
株式会社 まるい弁当 北海道苫小牧市清水町2−3−4 0144(32)3131 http://maruibentou.info/