banner 旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車
ロビー(TOP)】  【ご利用案内】  【館長(管理人)】  【駅弁リンク集】  【お問い合わせ

ロビー(TOP)

駅弁展示室

北海道の駅弁
東北の駅弁
関東の駅弁
東京の駅弁
神奈川の駅弁
北陸の駅弁
中部の駅弁
関西の駅弁
山陽山陰の駅弁
四国の駅弁
九州の駅弁
海外の駅弁

談話室(掲示板)

情報展示室

駅弁入門
駅弁Q&A
駅弁ニュース
駅弁立売情報
駅弁関連書籍
館長の駅弁三傑
駅弁資料集


姉妹サイト

時刻表博士
まっこうくじらの
ウェブサイト


関連サイト

ウェブサイト「空弁資料館」
ウェブサイト
「空弁資料館」


北海道の駅弁北海道 > 苫小牧駅 > うにの駅弁 (2種類収蔵)

←前は[新千歳空港駅の駅弁] | 次は[苫小牧駅東京駅の駅弁]→

JR北海道 苫小牧(とまこまい)駅 2007年6月14日訪問  Googleマップ

駅名標 駅舎 駅構内

 札幌駅から特急列車で約45分、室蘭本線が日高本線を分けて千歳線列車が乗り入れる駅。苫小牧市は北海道の南西部で太平洋に面する人口約17万人の開拓都市で、昭和40年代に国策による工業地帯開発により港湾都市へと変貌した。駅弁は国鉄時代からの駅弁屋が改札口付近での台売りを実施。1892(明治25)年8月1日開業、北海道苫小牧市表町6丁目。

うに弁当(870円) 2001年12月1日に天王町サティ駅弁大会で購入

掛紙 外観 外観 中身

 漆塗り風の四角いプラスティック製容器の中で、うにまぜ御飯の上に約1/3の面積でうにが敷き詰められ、残りを錦糸卵と椎茸で埋める。ウニ・イクラ・鮭の弁当は北海道に来たという印象を感じるため、先に進めばもっとウニが大量に載る駅弁があるという観点からも、北海道の空の入口で発売されているのは正しい。なお筆者はうにが苦手なので、同じ容器を使用する姉妹弁当「いくら弁当(1,000円)」を選択する。

【室蘭本線苫小牧(とまこまい)駅】1892(明治25)年8月1日開業 北海道苫小牧市表町6丁目
【株式会社まるい】北海道苫小牧市清水町2−3−4 TEL:0144(32)3131
 http://maruibentou.info/
どっさりウニ丼(1,000円) 2003年1月10日に横浜松坂屋駅弁大会で購入

掛紙 外観 外観 中身

 ウニ色のプラスティック製容器を、ウニがたっぷり入った中身をフルカラーで印刷したボール紙の枠にはめる。中身はそのパッケージの写真のとおり、昆布ダシで炊いた御飯を蒸しウニが完全に覆い尽くすもの。上げ底で蓋に厚みがある容器なので、実はかなり量が少ないのだが、見た目のインパクトの強烈さが勝りなかなか評判が良いようだ。

【室蘭本線苫小牧(とまこまい)駅】1892(明治25)年8月1日開業 北海道苫小牧市表町6丁目
【株式会社まるい】北海道苫小牧市清水町2−3−4 TEL:0144(32)3131
 http://maruibentou.info/
←前は[新千歳空港駅の駅弁] | 次は[苫小牧駅東京駅の駅弁]→

2001年6月17日開設 2008年5月31日更新
URL : http://kfm.sakura.ne.jp/ekiben/
Copyright (C) 2001-2015 まっこうくじら All Rights Reserved.