banner  旅の友「駅弁」。
 館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR北海道 苫小牧(とまこまい)駅2007年6月14日訪問Googleマップ
JR-Hokkaido Tomakomai Station

駅名標 駅舎 駅構内

札幌駅から特急列車で約45分、室蘭本線が日高本線を分けて千歳線列車が乗り入れる駅。苫小牧市は北海道の南西部で太平洋に面する人口約17万人の開拓都市で、昭和40年代に国策による工業地帯開発により港湾都市へと変貌した。駅弁は国鉄時代からの駅弁屋が改札口付近での台売りを実施。1892(明治25)年8月1日開業、北海道苫小牧市表町6丁目。

うに弁当(870円)2001年12月1日に天王町サティ駅弁大会で購入
Uni Bento

掛紙 外観 外観 中身

漆塗り風の四角いプラスティック製容器の中で、うにまぜ御飯の上に約1/3の面積でうにが敷き詰められ、残りを錦糸卵と椎茸で埋める。ウニ・イクラ・鮭の弁当は北海道に来たという印象を感じるため、先に進めばもっとウニが大量に載る駅弁があるという観点からも、北海道の空の入口で発売されているのは正しい。価格は2001年の購入当時で870円、2017年時点で850円の商品となっている。

※2017年8月補訂:値下げを追記
販売駅
室蘭本線 苫小牧(とまこまい)駅 1892(明治25)年8月1日開業 北海道苫小牧市表町6丁目
調製元
株式会社 まるい 北海道苫小牧市清水町2−3−4 0144(32)3131 http://maruibentou.info/

どっさりウニ丼(1,000円)2003年1月10日に横浜松坂屋駅弁大会で購入
Dossari Unidon

掛紙 外観 外観 中身

ウニ色のプラスティック製容器を、ウニがたっぷり入った中身をフルカラーで印刷したボール紙の枠にはめる。中身はそのパッケージの写真のとおり、昆布ダシで炊いた御飯を蒸しウニが完全に覆い尽くすもの。上げ底で蓋に厚みがある容器なので、実はかなり量が少ないのだが、見た目のインパクトの強烈さが勝りなかなか評判が良いようだ。価格は2003年の購入当時で1,000円、2017年時点で1,200円。

※2017年8月補訂:値上げを追記
販売駅
室蘭本線 苫小牧(とまこまい)駅 1892(明治25)年8月1日開業 北海道苫小牧市表町6丁目
調製元
株式会社 まるい 北海道苫小牧市清水町2−3−4 0144(32)3131 http://maruibentou.info/