banner  旅の友「駅弁」。
 館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東日本 青森(あおもり)駅2008年9月15日訪問Googleマップ
JR-East Aomori Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から新幹線と普通列車を乗り継いで約3時間半、かつて本州各地から北を目指す幹線鉄道が集まり連絡船と接続した鉄道ターミナル。青森市は本州北部で陸奥湾に面した人口約28万人の港町で、青森県の県庁所在地であり北海道方面の交通結節点である。駅弁は国鉄時代からの商号を持つ駅弁屋が健在。1891(明治24)年9月1日開業、青森県青森市柳川1丁目。

焼鯖寿司(590円)2008年9月15日に青森駅改札外駅舎内キオスクで購入
Yakisabazushi

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身

2003(平成15)年末からの空弁ブーム、焼き鯖寿司ブームに乗って、2005(平成17)年までには登場か。掛紙とラップと竹皮風の紙でしっかり巻かれた包装を解くと惣菜用のプラ製トレーが現れ、その中にしその葉と甘酢生姜を挟んだ焼き鯖寿司が1本収まる。駅弁や空弁を集めていると焼き鯖寿司には食傷気味になるが、この商品は酢飯が直方体の形状でトレーに貼り付いており、飯と身の一体性がこれほどないものに当たったのは初めて。でも味への影響はない。

販売駅
奥羽本線 青森(あおもり)駅 1891(明治24)年9月1日開業 青森県青森市柳川1丁目
調製元
有限会社 幸福の寿し本舗 青森県青森市油川字柳川92−6 017(788)2234 http://www.kudopan.co.jp/

青森味づくし(1,000円)2002年6月9日に青森駅ホーム上カート売りで購入
Aomori Ajizukushi

掛紙 外観 中身

長方形から角をふたつ落とした、独特な形状の大きめの容器は内部で細分化されている。白飯と茶飯の2種の御飯、青森県産素材の小振りな帆立・厚焼玉子・とんかつロール・いかめしなどに、デザートがりんご煮ともう1種。いずれも味も風味も抜群で、さすがは味の伯養軒、という作品。このタイプの駅弁にはお品書きが欲しいところ。価格は2002年の購入当時で1,000円、2017年時点で1,050円。現在はウェルネス伯養軒が販売していると思う。

※2017年8月補訂:値上げを追記
販売駅
奥羽本線 青森(あおもり)駅 1891(明治24)年9月1日開業 青森県青森市柳川1丁目
調製元
株式会社 伯養軒 青森支店 青森県青森市安方1丁目2−13 017(723)1894

八戸いかまんま(1,000円)2001年10月28日に品川駅駅弁大会で購入
Hachinohe Ikamanma

掛紙 外観 外観 中身

2001(平成13)年の登場。マイカ水揚げ日本一の八戸のイカと、生産量日本一の青森の帆立を使用、ボール紙のガワにイカの形をした発泡材の容器が入り、いかめし1匹分とフカヒレ・ホタテ・イクラが載る味付け御飯で胴体を分ける。価格は高めだがどちらも満足できる味。今でもごくまれに、駅弁催事に出てくるらしい。

※2017年8月補訂:現況を追記
販売駅
奥羽本線 青森(あおもり)駅 1891(明治24)年9月1日開業 青森県青森市柳川1丁目
調製元
株式会社 伯養軒 青森支店 青森県青森市安方1丁目2−13 017(723)1894

【終売】いかまんま弁当(750円)2010年12月4日に新青森駅新幹線ホーム上キオスクで購入
Ikamanma Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

小柄な正方形の発泡材枠容器に、イカを拙く描く掛紙をかける。中身は白御飯の上に錦糸卵を敷き、ヤリイカの姿煮を4ハイ並べ、紅生姜とリンゴとサクランボを添えるもの。これは「津軽いかいっぱい」のリニューアルだろうか。記憶には残るが、また食べたい味でもないような。2011年頃までの販売か。

※2017年8月補訂:終売を追記
販売駅
奥羽本線 青森(あおもり)駅 1891(明治24)年9月1日開業 青森県青森市柳川1丁目
調製元
株式会社 ウェルネス伯養軒 青森支店 青森県青森市安方1丁目2−13 017(723)1894 http://www.greenhouse.co.jp/w-hakuyoken/

【終売】三彩味くらべ(1,000円)2008年9月15日に青森駅改札外駅舎内駅弁売店で購入
Sansai Ajikurabe (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身

2008(平成20)年の登場か。縦8センチ・横24センチの細長い長方形の発泡材容器を、青森県とトリ・ホタテ・ウシを描いたボール紙の枠にはめる。中身はその絵のとおり、茶飯の上に鳥そぼろ、鶏照焼、玉子そぼろと紅生姜を載せたとりめし、白御飯の上に焼肉と人参とグリーンピースに赤かぶ漬を載せた牛めし、茶飯の上をベビーホタテと錦糸卵ととびっこで覆った帆立めしが1区画ずつ。青森ではそのいずれもアリなのだろう、味は可もなく不可もなし。不思議とブログ等での紹介例がほぼ皆無である。2009年頃までの販売か。

※2017年8月補訂:終売を追記
販売駅
奥羽本線 青森(あおもり)駅 1891(明治24)年9月1日開業 青森県青森市柳川1丁目
調製元
株式会社 ウェルネス伯養軒 青森支店 青森県青森市安方1丁目2−13 017(723)1894 http://www.greenhouse.co.jp/w-hakuyoken/

【掛紙】特製うなぎ弁当(200円)調製年月日不詳
Tokusei Unagi Bento

掛紙

昭和40年代の調製と思われる、昔の青森駅弁の掛紙。その絵柄に地域の特徴がなく、調製元も東北各地に支店を置いていたため、右下の「青森駅構内」の文字がなければ、販売駅さえも特定できないところだった。

販売駅
東北本線 青森(あおもり)駅 1891(明治24)年9月1日開業 青森県青森市柳川1丁目
調製元
伯養軒 所在地の記載なし 連絡先の記載なし

【掛紙】特製おべんとう(400円)調製年月日不詳
Tokusei Obento

掛紙

昭和50年代の調製と思われる、昔の青森駅弁の掛紙。右下に列記される「支店・営業所所在地」は、そのすべてで駅弁が売られていたわけではないが、本当に幅広く東北各地に進出していたことが分かる。

販売駅
東北本線 青森(あおもり)駅 1891(明治24)年9月1日開業 青森県青森市柳川1丁目
調製元
伯養軒 青森支店 青森県青森市安方1丁目3番26号 連絡先の記載なし