banner  旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東日本 八戸(はちのへ)駅2004年8月6日訪問Googleマップ
JR-East Hachinohe Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から新幹線で約3時間、東北新幹線に八戸線と青い森鉄道が接続する乗換駅。八戸市は青森県南東端で太平洋に面する人口約23万人の港湾都市で、日本一の漁港と青森県一の工業港を抱える。駅弁は明治時代からの駅弁屋の駅弁が、JRの子会社の駅弁と共に販売される。1891(明治24)年9月1日開業、青森県八戸市尻内町。

スタミナ源たれ牛&豚肉弁当(1,100円)2016年10月9日に横浜駅の駅弁大会「駅弁味の陣2016in横浜」で購入
Stamina Gentare Gyu and Butaniku Bento

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2015〜2016年の駅弁大会シーズンに向け、2015(平成27)年の秋に登場か。2016年にNREが首都圏で開催する駅弁大会によく出てきているが、八戸駅その他青森県内で売られているかは、定かでない。中身は一方で白御飯を牛肉煮で覆い、他方で白御飯を豚肉煮で覆い、小松菜、玉子焼、柴漬けを添える。つまり、牛丼と豚丼のセット。

青森県民に深く愛される、上北農産加工農業協同組合の焼肉のたれ「スタミナ源(げん)たれ」を、2011年の「花畑牧場ホエー豚源たれ焼き弁当」と違い、瓶売り商品のラベルと同じ絵柄を持つ専用の袋で、その商品名と製造者を明記して、たっぷりと添える。あえてやや臭めの肉にしたのかもしれない牛や豚と、この少し塩辛いタレが、B級グルメ的に実によく合う。「リクツじゃないよ 肉には「源たれ」と 決まっている」のキャッチフレーズが格好良い、ネットの時代の駅弁という感じ。

販売駅
東北新幹線 八戸(はちのへ)駅 1891(明治24)年9月1日開業 青森県八戸市尻内町
調製元
株式会社 吉田屋 青森県八戸市一番町一丁目2−1 0178(27)4554 http://koutazushi.com/

【終売】青森ずっぱど弁当(1,000円)2012年2月18日に八戸駅新幹線改札内コンコース駅弁売店で購入
Aomori Zuppado Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

東北新幹線新青森開業1周年を記念して、2011(平成23)年12月に登場か。「ずっぱど」とは津軽弁で、いっぱい、たくさんという意味だそうな。正方形の発泡材容器に、青森県の形と3食材4祭にE5系新幹線電車などの写真と駅弁名などを描いた掛紙を巻く。

中身は掛紙に書かれるとおり、ウニ御飯、とりそぼろめし、牛カルビ、ホタテ、サバ照焼、磯豆腐、山菜煮物、ねぶた漬、南蛮みそ、ごぼうなど。今はなき川内駅弁「べっぴんさん」のような具の配置。贅沢でなくB級グルメの感がある、たしかに分量たっぷりな駅弁。

八戸駅は、2002年12月に始まった新幹線の終着駅で在来線特急との乗換駅という地位が2010年12月に失われ、倍増した駅の利用者は半減した。従前と同じ位置と規模で残る新幹線改札内の駅弁売店には、東日本大震災の発生も加えて寂しいことになっていたが、訪問時には品揃えがやや戻っていた。8年間のフィーバーは終わったが、まだまだ実需があるようだ。

なお、この駅弁は、調製元の2014年4月30日付での事業の停止により失われた。

※2014年9月補訂:終売を追記
販売駅
東北新幹線 八戸(はちのへ)駅 1891(明治24)年9月1日開業 青森県八戸市尻内町
調製元
株式会社 ニュー八 青森県八戸市北白山台二丁目1番16号 0178(70)2883

【終売】青森津軽祭りばやし(1,200円)2012年1月16日に京王百貨店駅弁大会で購入
Aomori Tsugaru Matsuri Bayashi (end of sales)

掛紙 掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

2011〜2012年の駅弁大会シーズンに向けた投入か。小柄な正方形の発泡材枠容器を3個積んで、青森ねぶた祭と五所川原立佞武多の写真と解説を印刷したボール紙を四方から組み上げる。中身はシャモロックやスクランブルエッグなど鶏肉丼で1段、豚バラ肉丼で1段、ホタテフライや野菜ナムルなどのおかずで1段。見た目はチープでも、味は常温で良い感じ。また、内容の割に風味があっさりしていた。同シーズンのみの販売であった模様。

※2016年11月補訂:終売を追記
販売駅
東北新幹線 八戸(はちのへ)駅 1891(明治24)年9月1日開業 青森県八戸市尻内町
調製元
有限会社 吉田屋 青森県八戸市一番町一丁目2−1 0178(27)4554 http://koutazushi.com/

【終売】花畑牧場ホエー豚源たれ焼き弁当(1,100円)2011年4月9日に新青森駅在来線改札内「NEWDAYS」で購入
Hanabatake-Bokujo Wheybuta Gentare Yaki Bento (end of sales)

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2011(平成23)年の初頭頃に登場か。赤いトレーを接着した発泡材枠の長方形容器に透明なふたをして、いくつかの商品名を書いたボール紙の枠にはめる。中身は白御飯を豚肉焼で覆い、焼肉のタレとラー油を小さなカップでひとつずつ詰めるもの。

宣伝が煩わしいほど各地の空港で見掛ける「花畑牧場」ブランドを付け、パッケージで最も大きく描かれる「ホエー豚」を使うという薄手の豚肉は、まずはタレ無しで食べてみるとモチモチ感がある。次に青森県内では焼肉のタレとして圧倒的なシェアを持つという上北農産加工農業協同組合の「スタミナ源(げん)たれ」をかけると、その辛さで肉の風味が消える。さらにラー油をかけると、手も中身も味も油まみれ。花畑牧場も源たれもラー油も愛していない身としては、食べるのがきつい偏食弁当に感じた。豚肉を青森産かノーブランドに差し替えてラー油を廃せば、青森らしい駅弁に変身できるのではと思う。半年間ほどの販売。

※2016年11月補訂:終売を追記
販売駅
東北新幹線 八戸(はちのへ)駅 1891(明治24)年9月1日開業 青森県八戸市尻内町
調製元
有限会社 吉田屋 青森県八戸市一番町一丁目2−1 0178(27)4554 http://koutazushi.com/

【終売】りんにん豚焼肉二段弁当(1,000円)2010年12月4日に新青森駅新幹線ホーム上キオスクで購入
Rinninton Yakiniku Nidan Bento (end of sales)

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2010(平成22)年12月の東北新幹線新青森開業に向けて、同年11月21日に八戸駅で登場、12月4日の新幹線開業に伴い新青森駅での販売も開始された駅弁。やや華奢な楕円形の発泡材枠容器に透明なふたをして、中身のイメージ写真を美しく印刷したボール紙の枠にはめる。

中身は半分が白御飯の上に豚肉味噌焼を、半分が白御飯の上に豚肉醤油焼を、飯の中と上に重ねる豚焼肉弁当。これにきぬさや、もみじ麩、ごぼうを添える。リンゴの繊維とニンニクを混ぜた飼料で育ったという「林大豚(りんにんとん)」の豚肉は見た目に白い脂が少々浮いているが、臭みもなく飽きない感じ。しかし同時デビューの「せんべい汁弁当」のインパクトが強烈であるため、こちらは話題になっていない。

なお、この駅弁は、調製元の2014年4月30日付での事業の停止により失われた。

※2014年9月補訂:終売を追記
販売駅
東北新幹線 八戸(はちのへ)駅 1891(明治24)年9月1日開業 青森県八戸市尻内町
調製元
株式会社 ニュー八 青森県八戸市北白山台二丁目1番16号 0178(70)2883

【終売】前沢牛VS白金豚 対決弁当(1,050円)2009年12月5日にユニーイセザキ店駅弁大会で購入
Maesawagyu VS Hakkinton Taiketsu Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2009〜2010年の駅弁大会シーズンに向けて、2009年秋頃に投入か。黒塗りで小さく浅い長方形の発泡材容器に透明なふたをして、熱いデザインなボール紙の枠にはめる。しっかりふたつに区画を分けられた中身は、片方が牛丼で茶飯の上に牛肉と錦糸卵ときんぴらごぼうと山菜が置かれるもの、片方が豚丼で茶飯の上に豚肉とインゲンと赤かぶ漬が置かれるもの。牛丼のほうは肉が2センチ3切れしか入ってなく、その3倍量は肉が使われていそうな豚の勝ち。しかし分量も風味も、千円以上の駅弁でこれでは厳しいと思った。販売はこのシーズンだけだった模様。

※2016年11月補訂:終売を追記
販売駅
東北新幹線 八戸(はちのへ)駅 1891(明治24)年9月1日開業 青森県八戸市尻内町
調製元
有限会社 吉田屋 青森県八戸市一番町一丁目2−1 0178(27)4554 http://koutazushi.com/
催事駅弁

【終売】杜仲茶ポークカツ&生姜焼き弁当(1,600円)2008年10月13日に東京駅「東日本縦断駅弁大会」で購入
Tochucha Pork Cutlet & Shogayaki Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

2008(平成20)年10月12・13日の両日に東京駅構内で開催された「東日本縦断駅弁大会 〜秋〜」で販売されたお弁当で、全8種が登場した「メガ駅弁」のひとつ。大きな正方形の発泡材容器を、中身の写真を掲載した掛紙で包む。中身は白御飯とトンカツ、白御飯とタマネギ混じりの豚生姜焼、白御飯にマイタケやインゲンを添えたタマネギ混じりの豚生姜焼という3区画で、中央にミョウガが2個据わる。これにぽん酢と大根おろしと2種のソースを添える。

写真では分かりにくいが、見ても持っても明らかに重量級で、食べても食べても減らない肉と脂と白御飯のボリュームはすごいもの。しかし、分量が通常版の1.5倍というものの、八戸駅弁でこういう商品を思い当たらない。2009年に入って「田子にんにくスタミナメガ弁当」(1,050円)という新作が出たそうだが、その内容や掛紙のデザインがこれとそっくりなので、どうも既存駅弁の増量ではなく、市場調査に駅弁大会を使ったようだ。

販売駅
東北新幹線 八戸(はちのへ)駅 1891(明治24)年9月1日開業 青森県八戸市尻内町
調製元
有限会社 吉田屋 青森県八戸市一番町一丁目2−1 0178(27)4554 http://koutazushi.com/