banner  旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東日本 八戸(はちのへ)駅2004年8月6日訪問Googleマップ
JR-East Hachinohe Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から新幹線で約3時間、東北新幹線に八戸線と青い森鉄道が接続する乗換駅。八戸市は青森県南東端で太平洋に面する人口約23万人の港湾都市で、日本一の漁港と青森県一の工業港を抱える。駅弁は明治時代からの駅弁屋の駅弁が、JRの子会社の駅弁と共に販売される。1891(明治24)年9月1日開業、青森県八戸市尻内町。

津軽海峡かに・いくら寿司(1,150円)2010年7月16日に東京駅駅弁売店「駅弁屋旨囲門」で購入
Tsugaru Kaikyo Kani Ikura Bento

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2010(平成22)年の登場か。浅く小さな長方形の発泡材容器に透明なふたをして、中身と海の写真を印刷したボール紙の枠にはめる。中身は酢飯の上にイクラ醤油漬、イクラ塩漬、ベニズワイガニのフレークとズワイガニの脚肉をそれぞれ詰めて、玉子焼、赤かぶ漬、ガリを添えるもの。

新千歳空港の空弁でおなじみのタイプの商品を、ほぼそっくりコピーした感じ。高価で食べにくく風味は並で、駅弁に類例はないかもしれないが、また買いたい気もしない。しかし東京駅では定番商品のひとつになっている感じ。価格は購入当時で1,100円、2016年時点で1,150円。

※2016年11月補訂:値上げを追記
販売駅
東北新幹線 八戸(はちのへ)駅 1891(明治24)年9月1日開業 青森県八戸市尻内町
調製元
有限会社 吉田屋 青森県八戸市一番町一丁目2−1 0178(27)4554 http://koutazushi.com/

【終売】母ごころ母なる祈り合掌土偶弁当(1,100円)2010年12月4日に新青森駅新幹線ホーム上キオスクで購入
Hahagokoro Hahanaru Inori Gassho Dogu Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

東北新幹線の新青森開業に向けて、2010(平成22)年5月20日に登場。機に紙を貼り合わせた薄手の長方形容器に透明なふたをして、中身と土偶の写真や商品名に宣伝文などを印刷した掛紙で巻く。中身は「つがるロマン」の酢飯の上に錦糸卵、刻み海苔、タラそぼろ、シイタケ、ニンジン、かんぴょうなどを使うちらしずしに、オランダこんにゃく、七尾たくわん、梅酢生姜、いちご煮ゼリーを添えるもの。

NHK「今日の料理」の「とき子ばぁば」こと鈴木登紀子氏が監修したとある。調製元にとって究極のちらしずしだそうな。淡いピンク色のちらしずしの調味がやわらかく、添付のゼリーは甘くなく、ちょっとおすすめしたくなる雰囲気の良い駅弁。

合掌土偶とは、1989年7月に青森県八戸市の風張1遺跡で縄文時代後期の竪穴住居跡の片隅から出土し、2009年3月には国宝に指定された土偶で、掛紙写真のとおり座って手を合わせていることからこの名が付いた。商標を八戸市が保有しており、この弁当も使用許可を取って文字と図形を掲載している。

なお、この駅弁は、調製元の2014年4月30日付での事業の停止により失われた。

※2014年9月補訂:終売を追記
販売駅
東北新幹線 八戸(はちのへ)駅 1891(明治24)年9月1日開業 青森県八戸市尻内町
調製元
株式会社 ニュー八 青森県八戸市北白山台二丁目1番16号 0178(70)2883

【終売】八戸いいとこどり弁当(1,050円)2009年9月20日に上野駅「駅弁屋旨囲門」で購入
Hachinohe Iitokodori Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2007(平成19)年までに登場。強度のあるクリーム色のプラ製円形容器を、中身の食材の写真を美しく印刷したボール紙の枠にはめる。中身は酢飯の上に錦糸玉子とサケとサバとイクラとホタテを錦糸卵を貼り付け、柴漬けを添えるもの。つまり、「八戸小唄寿司」と「青森いち押し弁当」の合成品。

東京駅や上野駅で買える吉田屋の弁当は八戸駅弁と言えるかどうか。パッケージや公式サイトでの写真と違い、具のそれぞれが微量だし、味も以前はこの程度でなかったような気が。調製元に製造委託の記号まで付いてしまい、もうすっかり都会の悪しき弁当となっていて、がっかりした。2012年か2015年までの販売か。

※2016年11月補訂:終売を追記
販売駅
東北新幹線 八戸(はちのへ)駅 1891(明治24)年9月1日開業 青森県八戸市尻内町
調製元
有限会社 吉田屋 青森県八戸市一番町一丁目2−1 0178(27)4554 http://koutazushi.com/

【終売】弘前の春 桜子(1,050円)2008年4月5日に東京駅駅弁の日記念駅弁大会で購入
Hirosaki no Haru Sakurako (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身

東京駅駅弁の日記念駅弁大会に合わせて、あるいは桜の季節に合わせて、2008(平成20)年の4月に登場か。楕円形の発泡材容器に透明なふたをして、弘前城と桜の花を描いたボール紙の枠にはめる。中身はリンゴ酢を使ったピンク色の酢飯の上にイクラと小海老と桜花を散らし、焼鮭や帆立や鶏肉、椎茸や人参やレンコンやタケノコ、菜の花などを添えるもの。

駅弁も含めた弁当に希な赤系統の色がふんだんに使われた、春いっぱいの駅弁。ただ、価格に見合う内容と分量かと聞かれれば、そうでもないような。そもそも弘前は八戸と国が違い、地理的にも距離的にも鉄道でも近くはない。あるいは、この弘前を名乗る八戸駅弁は津軽平野でも販売されるのだろうか。2008年と2009年の春に売られた模様。

弘前城の跡地に明治時代からせっせと植えられた桜は、ちょうどゴールデンウィークに満開となるため、毎年200万人以上の観光客を集め、地元最大のビッグイベントとなる。しかし50種2600本の見頃が平年より早まるとGWには葉桜や散り際を見ることになり、近年にそういうことが起きると地球温暖化と絡めて報道されるようになった。

※2016年11月補訂:終売を追記
販売駅
東北新幹線 八戸(はちのへ)駅 1891(明治24)年9月1日開業 青森県八戸市尻内町
調製元
有限会社 吉田屋 青森県八戸市一番町一丁目2−1 0178(27)4554 http://koutazushi.com/

【終売】さんまの柚香寿し(630円)2005年10月9日に日比谷公園「鉄道フェスティバル」で購入
Sanma no Yuko Zushi (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身

おそらく、東北新幹線八戸延伸の2002(平成14)年末頃に登場か。食べるとユズの香りがする、サンマの小さな棒寿司を一本、発泡材容器に詰めて縁付きのフタをして、駅弁名を描いた掛紙を巻いて、紙ひもでしばる。安価で美味いと購入者には評判の一品。極めて趣味的に、調製シールを使う調製元の新作駅弁の掛紙に、調製印を押す場所がわざわざ設けてあるのは興味深い。2006年頃までの販売か。

※2016年11月補訂:終売を追記
販売駅
東北新幹線 八戸(はちのへ)駅 1891(明治24)年9月1日開業 青森県八戸市尻内町
調製元
有限会社 吉田屋 青森県八戸市一番町一丁目2−1 0178(27)4554 http://koutazushi.com/

【終売】乙姫ちらし(1,000円)2004年9月23日に横浜高島屋岩手催事で購入
Otohime Chirashi (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身

2003(平成15)年の登場か。正八角形の経木枠容器に透明なふたをかけて掛紙代わりの紙帯で留める。中身は酢飯の上に、八戸近海やりいか姿煮、むつ湾産帆立旨煮、特製雲丹そぼろ、三陸いくら醤油漬、蟹甘酢漬が載るもの。同社他駅弁で見たような具に食べたような味で、新たな発見がない代わりに実績ある味に安心感がある。紙帯にお品書きがあるのに、それを巨大な調製シールで覆い隠してしまう姿も、同社他駅弁で見たような。

なお、調製元の経営不振による事業譲渡に伴い、この駅弁は2005年8月までに消滅する模様。支店も同月頃に閉店となる。この駅弁は2006年頃まで売られた模様。

※2016年11月補訂:終売を追記
※2005年12月補訂:公式サイトの閉鎖に伴いURLを削除。調製元の名称・所在地・連絡先も変更された可能性がある。
※2005年7月補訂:駅弁と調製元の近況を追記
販売駅
東北新幹線 八戸(はちのへ)駅 1891(明治24)年9月1日開業 青森県八戸市尻内町
調製元
株式会社 伯養軒 八戸支店 青森県八戸市長苗代前田11−2 0178(27)3306

【終売】菊ずし(1,000円)2003年3月2日に八戸駅駅弁売店で購入
Kikuzushi (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身

駅弁としては2002(平成14)年12月1日の登場。発泡材の容器を竹籤で巻いて、菊を描いた掛紙でさらに巻く。その中には笹に包まれたうに・さけ・ほたて・いか・さばの5種類の笹寿司が1個ずつ入り、笹を取ると食用菊の花びらを、具の上に載せ酢飯の中にも均等に混ぜる中身が出てくる。

食用菊そのものは味を主張しないため、口の中では何か異物が入る普通に美味い笹寿司でしかないが、見た目の美しさ、特にシャリの輝きは高級洋菓子のよう。

掛紙には力強く「八戸駅弁」の文字が入る。八戸市内の仕出し料理屋が新幹線延伸を機に駅構内での販売に進出したものだが、新聞報道には「念願の」という枕詞が付いており、駅弁進出が本当に嬉しかったのだろう。駅弁は明らかに衰退へと向かっているので、このような業者さんには感謝状を送らなければならないのではと思う。

なお、この駅弁は、調製元の2014年4月30日付での事業の停止により失われた。

※2014年9月補訂:終売を追記
販売駅
東北新幹線 八戸(はちのへ)駅 1891(明治24)年9月1日開業 青森県八戸市尻内町
調製元
株式会社 ニュー八 青森県八戸市北白山台二丁目1番16号 0178(70)2883