banner  旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東日本 八戸(はちのへ)駅2004年8月6日訪問Googleマップ
JR-East Hachinohe Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から新幹線で約3時間、東北新幹線に八戸線と青い森鉄道が接続する乗換駅。八戸市は青森県南東端で太平洋に面する人口約23万人の港湾都市で、日本一の漁港と青森県一の工業港を抱える。駅弁は明治時代からの駅弁屋の駅弁が、JRの子会社の駅弁と共に販売される。1891(明治24)年9月1日開業、青森県八戸市尻内町。

催事駅弁

ずっしりうにの特製重(1,380円)2016年10月2日にピアゴイセザキ店駅弁大会で購入
Zusshiri Uni no Tokusei Ju

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2015(平成27)年の秋までに、スーパーの駅弁大会向け商品として登場。購入時に駅弁でなく「ユニーオリジナル」と表記されたとおり、駅で売られることはないようだが、他の駅弁催事で八戸駅弁として売られたことはある模様。

白御飯を蒸しウニと玉子焼と小松菜と柴漬けで覆い、おかずや付合せでなくウェットタオルを容器内で添える。ボール紙枠に駅弁マークが入り、「八戸駅構内営業者」の文字もあり、東京駅の駅弁売店「駅弁屋 祭」に置かれても不思議でない感じ。

調製元
有限会社 吉田屋 青森県八戸市一番町一丁目2−1 0178(27)4554 http://koutazushi.com/

復幸炙りかきとうにめし(1,300円)2015年1月11日に京王百貨店駅弁大会で購入
Fukko Aburi Kaki To Uni Meshi

掛紙 外観 外観 外観 外観 中身 中身

2015(平成27)年1月の京王百貨店駅弁大会と阪神百貨店駅弁大会での実演販売でデビューか。容器にカキのエキスで炊いた御飯を敷き詰め、蒸しウニと三陸産カキの炙りを交互に置き、イクラ、玉子焼、大根漬などを添える。この駅弁のウニだけ取れば久慈に、カキだけ取れば厚岸に、素材あるいは磯の風味で負けるかもしれないが、その合わせ技とカキエキス御飯で、濃厚な味が出てくる。駅弁大会の会場ではあまり人気がなかったが、濃いめで強めな味は良い方向にあると思う。

販売駅
東北新幹線 八戸(はちのへ)駅 1891(明治24)年9月1日開業 青森県八戸市尻内町
調製元
有限会社 吉田屋 青森県八戸市一番町一丁目2−1 0178(27)4554 http://koutazushi.com/

選べるプチ海鮮丼 ウニとホタテ(680円)2010年3月26日に八戸駅新幹線ホーム上売店で購入
Eraberu Petit Kaisen Don Uni To Hotate

掛紙 外観 中身 中身 中身

正八角形の発泡材容器に透明な上げぶたをして、駅弁名や中身のイメージ写真を印刷したボール紙を巻く。中身は茶飯の上に錦糸卵を少々、小さなホタテの照焼を2個、蒸しウニやそのフレークをそこそこと大根漬けを載せるもの。商品名のとおり、とても小さな軽食で、適度な味付けで冷めても大丈夫な駅弁の味。あっという間に食べ終わる。他に「カニとイクラ」がある模様。

訪問時の八戸駅は金曜日の夕方。新幹線のコンコースは大勢の乗換客で賑わい、しかし駅弁はほぼ品切れで夕食難民が少ない残り物を奪い合い、競争の少ないホーム上の売店でも置いてあったのはこれくらいで、とても駅弁を「選べる」ような状況ではなかった。おそらく東北新幹線新青森延伸で消えるであろう、8年間限定のフィーバー。

販売駅
東北新幹線 八戸(はちのへ)駅 1891(明治24)年9月1日開業 青森県八戸市尻内町
調製元
有限会社 吉田屋 青森県八戸市一番町一丁目2−1 0178(27)4554 http://koutazushi.com/

【終売】うに一途(1,600円)2009年11月9日に東京駅駅弁売店「駅弁屋旨囲門」で購入
Uni Ichizu (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

まずは2008(平成20)年10月の東京駅東日本縦断駅弁大会で会場限定の商品として登場し、ほどなく八戸駅や東京地区で売られるようになった駅弁。木目柄で高さのある正八角形の発泡材枠容器に、同じ素材でふたをして、中身やウニの美しい写真を印刷したボール紙の枠にはめる。中身はバフンウニとムラサキウニを使った3種のウニ丼に、ウニ佃煮と赤かぶ酢漬とキュウリ塩漬のみを添えるもの。価格相応の材料費がかかっていると感じられる贅沢な逸品ではあるが、購入したものは全体的にパサパサしており、食べて飽きが来てしまった。2011年までの販売か。

※2016年10月補訂:終売を追記
販売駅
東北新幹線 八戸(はちのへ)駅 1891(明治24)年9月1日開業 青森県八戸市尻内町
調製元
有限会社 吉田屋 青森県八戸市一番町一丁目2−1 0178(27)4554 http://koutazushi.com/

【終売】うに釜めし(840円)2009年9月22日に八戸駅在来線改札内コンコース内キオスクで購入
Uni Kama Meshi (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2006(平成18)年までには登場。平たく赤いプラ製の釜飯風容器を使用、ウニの写真を大きく掲載したボール紙の枠にはめる。中身は山菜と大葉の混ぜ御飯に、蒸しウニと煮帆立3個と山菜などを載せるもの。この価格なのにウニにボリューム感があり、ウニ以外の御飯もおかずもおいしいし、東久邇宮記念賞だとかモンドセレクションだとかの大量発行な賞の宣伝をしなくても、十分に良い駅弁だと思う。

なお、この駅弁は、調製元の2014年4月30日付での事業の停止により失われた。

※2014年9月補訂:終売を追記
販売駅
東北新幹線 八戸(はちのへ)駅 1891(明治24)年9月1日開業 青森県八戸市尻内町
調製元
株式会社 ニュー八 青森県八戸市北白山台二丁目1番16号 0178(70)2883

【終売】うにバクダン!(1,200円)2008年3月28日に東京駅駅弁売店「駅弁屋旨囲門」で購入
Uni Bakudan (end of sales)

掛紙 掛紙 外観 外観 外観 外観 中身 中身

2008(平成20)年3月頃の登場か。上下に分かれた立方体の黒い発泡材容器を、中身の写真やイラストに商品名を賑やかに書いたボール紙の枠にはめる。中身は直径8センチ程度の、ウニ飯の球体。たっぷりの柴漬けをたっぷりウニの混ぜ御飯で包み、その上にウニをまた少々載せて、トレーに置いて半球状の透明なプラスティックでふたをして、上からもトレーをかぶせて先ほどの容器に収める。

商品名、コンセプト、内容、風味がかもし出すインパクトは強烈の一言。ただ、この個性的で巨大なおにぎりの具が、なぜ柴漬けなのか理解に苦しむ。その刺激的な味や臭いがなければ、個人的にすべてを絶賛したい。東京駅でも事実上レギュラー入りした模様で、ブログでの賞賛報告がいくつもひっかかる。購入時は1,250円、2009年9月1日から1,200円。2011年までの販売か。

※2016年10月補訂:終売を追記
※2011年5月補訂:値下げを追記
販売駅
東北新幹線 八戸(はちのへ)駅 1891(明治24)年9月1日開業 青森県八戸市尻内町
調製元
有限会社 吉田屋 青森県八戸市一番町一丁目2−1 0178(27)4554 http://koutazushi.com/

【終売】うにといくらのきらきら丼(1,100円)2007年4月7日に東京駅駅弁の日記念駅弁大会で購入
Uni To Ikura No Kirakira Don (end of sales)

掛紙 掛紙 外観 外観 外観 中身 中身

2006(平成18)年10月7日の登場。小柄な正方形の発泡材容器に透明なふたをして、しおりと割箸を置き、中身調理例を写真で示す紙枠にはめる。中身は味付飯のみが敷かれ、イクラ醤油漬のカップと、ウニとツブ貝を混ぜたあんかけの袋が入る。カップと袋の中身を茶飯の上にぶっかけて完成する調理系駅弁。

高価なカップ麺を作るイメージで、この操作を列車内でやるのは面倒か困難かもしれないが、風味に駅弁では稀なみずみずしさが広がるし、見栄えもキラキラしている。今後に東北や北海道の駅弁で流行りそうなスタイル。

1989年に岩手県の宮古駅で「いちご弁当」がヒットしたため、いちご煮は岩手県太平洋岸の郷土料理と思われることがあるが、もとは八戸のものらしい。ただ、こちらの駅弁は、本来はアワビを使うところをツブ貝で代用しているため、内容としては宮古のほうが引き続きいちご煮らしさを保つ。価格は購入時で1,100円、2008年7月1日から1,200円。2009年9月1日から再び1,100円。2012年までの販売か。

※2016年10月補訂:終売を追記
※2011年5月補訂:値下げを追記
※2008年7月補訂:値上げを追記
販売駅
東北新幹線 八戸(はちのへ)駅 1891(明治24)年9月1日開業 青森県八戸市尻内町
調製元
有限会社 吉田屋 青森県八戸市一番町一丁目2−1 0178(27)4554 http://koutazushi.com/

【終売】貝焼うにの大漁浜めし(1,400円)2006年6月18日に上野駅「駅弁屋旨囲門」で購入
Kaiyaki Uni No Tairyo Hama Meshi (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身

2005(平成17)年秋頃の登場か。以前に網走駅弁で見たような、無駄にごつい気がするプラスティック成形容器に、駅弁名に加えて中身写真とうたい文句を載せたボール紙を巻く。中身は茶飯の上にイクラ少々、サザエ5切れ、貝殻を1個載せ、貝殻の上に焼ムラサキウニを8個分も積み重ねる。

駅弁名からかつてのいわき駅弁を思い出した。実際の分量以上のボリューム感を、内容積の小さな容器と小さな貝殻で演出している。値段はかなり高いが、現地販売でも催事販売でも客に受けそうな豪華さ。価格は購入時で1,400円、2008年7月1日から1,450円。2009年9月1日から再び1,400円。2012年までの販売か。

※2016年10月補訂:終売を追記
※2011年5月補訂:値下げを追記
※2008年7月補訂:値上げを追記
販売駅
東北新幹線 八戸(はちのへ)駅 1891(明治24)年9月1日開業 青森県八戸市尻内町
調製元
有限会社 吉田屋 青森県八戸市一番町一丁目2−1 0178(27)4554 http://koutazushi.com/