banner 旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車
ロビー(TOP)】  【ご利用案内】  【館長(管理人)】  【駅弁リンク集】  【お問い合わせ

ロビー(TOP)

駅弁展示室

北海道の駅弁
東北の駅弁
関東の駅弁
東京の駅弁
神奈川の駅弁
北陸の駅弁
中部の駅弁
関西の駅弁
山陽山陰の駅弁
四国の駅弁
九州の駅弁
海外の駅弁

談話室(掲示板)

情報展示室

駅弁入門
駅弁Q&A
駅弁ニュース
駅弁立売情報
駅弁関連書籍
館長の駅弁三傑
駅弁資料集


姉妹サイト

時刻表博士
まっこうくじらの
ウェブサイト


関連サイト

ウェブサイト「空弁資料館」
ウェブサイト
「空弁資料館」


東北の駅弁青森県 > 八戸駅 > ヒラメの駅弁 (2種類収蔵)

←前は[八戸駅サバの駅弁] | 次は[八戸駅鮭の駅弁]→

JR東日本 八戸(はちのへ)駅 2004年8月6日訪問  Googleマップ

駅名標 駅舎 駅構内

 東京駅から新幹線で約3時間、東北新幹線に八戸線と青い森鉄道が接続する乗換駅。八戸市は青森県南東端で太平洋に面する人口約23万人の港湾都市で、日本一の漁港と青森県一の工業港を抱える。駅弁は明治時代からの駅弁屋の駅弁が、JRの子会社の駅弁と共に販売される。1891(明治24)年9月1日開業、青森県八戸市尻内町。

平目きらぴか寿司(1,050円) 2010年9月4日に大宮駅「駅弁屋旨囲門」で購入

掛紙 掛紙 外観 外観
中身 中身 中身

 2009年の秋までに空港向けの商品として登場か。小さくとても細長い発泡材容器に透明なふたをして、中身の写真と商品名をキラキラ印刷したボール紙の枠にはめる。中身は酢飯の上にヒラメのスライスとウニとイクラと大葉を散らし、キュウリを添えるもの。食べれば蒸しウニの風味しかしないものの、それはそれでおいしいもの。根拠は説明できないが、見慣れぬ商品をNRE売店で見て、ああ、これは八戸だな、と瞬時に見分けられるようになった。

【東北本線八戸(はちのへ)駅】1891(明治24)年9月1日開業 青森県八戸市尻内町
【株式会社吉田屋】青森県八戸市一番町一丁目2−1 TEL:0178(27)4554
 http://koutazushi.com/
熟成平目のぽん酢寿司(1,200円) 2012年1月15日に京王百貨店駅弁大会で購入

掛紙 外観 外観 外観
中身 中身 中身

 京王百貨店駅弁大会で実演販売するために2012年1月12日にこの催事場でデビューか。踏ん付けても壊れない頑丈で真っ黒なプラスティック製容器に発泡材のふたをして、中身の写真を描いたボール紙を巻く。中身は味付ぽん酢飯の上をヒラメ酢締め、蒸しウニのペースト、イクラ醤油漬、ガリ、大根漬で覆うもの。

 ここでは催事場での大量調製の弊害か、具がいずれもパサパサ、ガザガザした感じで、商品名にもなる特徴の別添ぽん酢をかけても風味や潤いが出ない。熟成平目とはこういう味なのだろうか。値段も高く、おすすめできない感じ。なお、調製元は八戸駅の駅弁屋だが、この弁当は新青森駅の駅弁として売られていた。京王百貨店駅弁大会以外の場所で売られているかは分からない。

【東北本線八戸(はちのへ)駅】1891(明治24)年9月1日開業 青森県八戸市尻内町
【有限会社吉田屋】青森県八戸市一番町一丁目2−1 TEL:0178(27)4554
 http://koutazushi.com/
←前は[八戸駅サバの駅弁] | 次は[八戸駅鮭の駅弁]→

2001年6月17日開設 2012年11月11日更新
URL : http://kfm.sakura.ne.jp/ekiben/
Copyright (C) 2001-2015 まっこうくじら All Rights Reserved.