banner  旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東日本 八戸(はちのへ)駅2004年8月6日訪問Googleマップ
JR-East Hachinohe Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から新幹線で約3時間、東北新幹線に八戸線と青い森鉄道が接続する乗換駅。八戸市は青森県南東端で太平洋に面する人口約23万人の港湾都市で、日本一の漁港と青森県一の工業港を抱える。駅弁は明治時代からの駅弁屋の駅弁が、JRの子会社の駅弁と共に販売される。1891(明治24)年9月1日開業、青森県八戸市尻内町。

【終売】熟成平目のぽん酢寿司(1,200円)2012年1月15日に京王百貨店駅弁大会で購入
Jukusei Hirame no Ponzu Zushi (end of sales)

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

駅弁催事シーズンに向けた、2011(平成23)年秋の新作か。翌2012(平成24)年1月の京王百貨店駅弁大会で、実演販売で大々的に売られた。踏ん付けても壊れない頑丈で真っ黒なプラスティック製容器に発泡材のふたをして、中身の写真を描いたボール紙を巻く。中身は味付ぽん酢飯の上をヒラメ酢締め、蒸しウニのペースト、イクラ醤油漬、ガリ、大根漬で覆うもの。

ここでは催事場での大量調製の弊害か、具がいずれもパサパサ、ガザガザした感じで、商品名にもなる特徴の別添ぽん酢をかけても風味や潤いが出ない。熟成平目とはこういう味なのだろうか。値段も高く、おすすめできない感じ。なお、調製元は八戸駅の駅弁屋だが、この弁当は新青森駅の駅弁として売られていた。他にはJR東日本の仙台駅や東京駅などの駅弁大会で売られた模様。駅弁催事シーズン中の半年間ほどの販売か。

※2017年5月補訂:終売を追記
販売駅
東北新幹線 八戸(はちのへ)駅 1891(明治24)年9月1日開業 青森県八戸市尻内町
調製元
有限会社 吉田屋 青森県八戸市一番町一丁目2−1 0178(27)4554 http://koutazushi.com/

【終売】平目きらぴか寿司(1,050円)2010年9月4日に大宮駅「駅弁屋旨囲門」で購入
Hirame Kirapika Zushi (end of sales)

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2009(平成21)年の秋までに、空港向けの商品として登場か。小さくとても細長い発泡材容器に透明なふたをして、中身の写真と商品名をキラキラ印刷したボール紙の枠にはめる。中身は酢飯の上にヒラメのスライスとウニとイクラと大葉を散らし、キュウリを添えるもの。食べれば蒸しウニの風味しかしないものの、それはそれでおいしいもの。根拠は説明できないが、見慣れぬ商品をNRE売店で見て、ああ、これは八戸だな、と瞬時に見分けられるようになった。2011年頃までの販売か。

※2017年5月補訂:終売を追記
販売駅
東北新幹線 八戸(はちのへ)駅 1891(明治24)年9月1日開業 青森県八戸市尻内町
調製元
有限会社 吉田屋 青森県八戸市一番町一丁目2−1 0178(27)4554 http://koutazushi.com/