banner  旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東日本 八戸(はちのへ)駅2004年8月6日訪問Googleマップ
JR-East Hachinohe Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から新幹線で約3時間、東北新幹線に八戸線と青い森鉄道が接続する乗換駅。八戸市は青森県南東端で太平洋に面する人口約23万人の港湾都市で、日本一の漁港と青森県一の工業港を抱える。駅弁は明治時代からの駅弁屋の駅弁が、JRの子会社の駅弁と共に販売される。1891(明治24)年9月1日開業、青森県八戸市尻内町。

【終売】三陸大玉ほたて弁当(1,100円)2015年11月15日にピアゴイセザキ店駅弁大会で購入
Sanriku Otama Hotate Bento (end of sales)

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身 中身

2015(平成27)年7月までに発売か。茶飯の上に、大粒に照るホタテを4個きれいに並べ、イクラ、玉子焼、小松菜、柴漬けで残りを埋めるホタテ丼。ボール紙枠の絵柄もシンプルに、商品名とホタテ4個とイクラ。食べれば大味に感じるが、見た目や写真では豪華。年内で終売か。

※2017年5月補訂:終売を追記
販売駅
東北新幹線 八戸(はちのへ)駅 1891(明治24)年9月1日開業 青森県八戸市尻内町
調製元
有限会社 吉田屋 青森県八戸市一番町一丁目2−1 0178(27)4554 http://koutazushi.com/
疑義駅弁

【終売】焼きホタテとうにの磯ひつまぶし(1,300円)2013年1月27日に阪神百貨店駅弁大会で購入>
Yakihotate to Uni no Iso Hitsmabushi (end of sales)

掛紙 外観 外観 外観 外観 外観 中身 中身 中身

2013(平成25)年1月の阪神百貨店駅弁大会と、以後のいくつかの駅弁催事でのみ販売か。円形の加熱機能付き容器に御飯を詰め、蒸しウニ、ワカメ、海藻、ホタテ、バターをまぶし、ホタテ潮汁の袋を付ける。まずはそのまま、次に汁をかけて食べてくれ旨のしおりが付く。塩気とバターの香り、ホタテの滋味とウニや海藻のアクセント、お値段は張るが、かなりうまい新作駅弁ができたという印象。催事場でも開店直後から長い行列ができていた。

販売駅
東北新幹線 八戸(はちのへ)駅 1891(明治24)年9月1日開業 青森県八戸市尻内町
調製元
有限会社 吉田屋 青森県八戸市一番町一丁目2−1 0178(27)4554 http://koutazushi.com/

【終売】青森むつ湾ほたて三昧(950円)2011年11月18日に東京駅駅弁売店「駅弁屋旨囲門」で購入
Aomori Mutsuwan Hotate Zanmai (end of sales)

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2011(平成23)年の9月までに登場か。正八角形の発泡材容器を、中身とそのイメージの写真を美しく印刷したボール紙の枠にはめる。中身は茶飯の上を小さなホタテの味噌焼にニンジンやゴボウなどの煮物と玉子焼で覆う区画と、茶飯の上を小さなホタテのバター焼とレンコン梅酢漬で覆う区画と、茶飯を小さなホタテの照り焼と大根桜漬で覆う区画と、大根漬の区画で構成され、本物のもみじの葉を添えるもの。見ればホタテは小さいものが各2個ずつしかはいていないが、他のおかずがしょぼい(失礼)こともあり、ホタテづくしという印象は強く感じた。御飯だらけの駅弁でもある。1年間ほどの販売か。

※2017年5月補訂:終売を追記
販売駅
東北新幹線 八戸(はちのへ)駅 1891(明治24)年9月1日開業 青森県八戸市尻内町
調製元
有限会社 吉田屋 青森県八戸市一番町一丁目2−1 0178(27)4554 http://koutazushi.com/

【終売】塩ホタテ海鮮ひつまぶし弁当(1,050円)2011年1月29日に阪神百貨店駅弁大会で購入
Shio Hotate Kaisen Hitsumabushi Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2009(平成21)年の夏までに登場か。表面を木目仕上げとした固いプラスティック製の円形容器を、駅弁の名前と中身の写真とホタテの貝殻と食べ方を印刷したボール紙の枠にはめる。中身は茶飯の上にホタテの塩焼き2個と貝柱1個、玉子焼の角切りとウニとイクラ、赤かぶ漬、うに佃煮などを散らすもの。中身は写真ほど具だくさんで美しくはなかったけれど、内容に八戸駅弁として目新しいものはないから、味は保証済。

この駅弁は2011年1月の京王百貨店駅弁大会で実演販売が行われ、大変な人気を集めた。その際には新青森駅弁と紹介され、その後は東京駅や仙台駅などのNRE駅弁売店でよく販売されているという。つまり、八戸駅弁と紹介すると疑義駅弁のひとつになってしまうかもしれない。

しかし東北新幹線の八戸延伸から新青森全通まで、わずか8年間の宴が終わった今では、八戸駅の駅弁など3種類もあれば充分であり、実際に駅へ行ってもそれくらいしか品を揃えていない。八戸駅の駅弁屋という枠にこだわっていては成長どころか存続も厳しいと思われる状況の中、青森県内で国鉄や昭和の頃から続く事実上唯一の駅弁屋として、八戸駅や新青森駅などの青森県に拠点を置いたまま、都会でも青森の顔で商売をすることも必要だと思う。地元を名乗りながら地元に実態のない催事専用商品は見たくないとも願う。2011年までの販売か。

※2017年5月補訂:終売を追記
販売駅
東北新幹線 八戸(はちのへ)駅 1891(明治24)年9月1日開業 青森県八戸市尻内町
調製元
有限会社 吉田屋 青森県八戸市一番町一丁目2−1 0178(27)4554 http://koutazushi.com/

【終売】むつ湾産ほたて美人(900円)2007年11月10日に上野駅駅弁屋旨囲門で購入
Mutsuwansan Hotatebijin (end of sales)

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身

JR東日本発足20周年記念駅弁の八戸駅版として、そして駅弁催事屋ブランド「駅弁の達人」商品群のひとつとして、2007(平成19)年の秋までに登場。細長い長方形の木目調発泡材容器を、中身の写真を掲載したボール紙の枠にはめる。中身はリンゴ酢でほんのり赤く染まった酢飯の上にベビーホタテの照焼を2列で12個列べ、20粒程度のイクラで仕切るもの。

側面のロゴマークに加えて容器の激しい上げ底にも催事臭を感じるが、御飯、帆立、風味のやわらかさは駅弁の域を超えており、催事で名を売ったうえで現地にて定番になるのではないかと思うし、実際に今シーズン(2007〜8年)の駅弁催事では人気を集めている。京王の駅弁大会から会期中に追放された事実は、ちょっと気になる。半年間ほどの販売か。

※2017年5月補訂:終売を追記
販売駅
東北新幹線 八戸(はちのへ)駅 1891(明治24)年9月1日開業 青森県八戸市尻内町
調製元
有限会社 吉田屋 青森県八戸市一番町一丁目2−1 0178(27)4554 http://koutazushi.com/

【終売】てり焼ほたて弁当(880円)2006年2月19日にダイエー横浜店駅弁大会で購入
Teriyaki Hotate Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身

2003(平成15)年末頃の登場か。黒い発泡材の楕円形容器にプラ製の透明なふたをして、中身の美しい写真を載せた紙枠にはめ、割り箸を刺す。中身はその写真ほど美しくはないが、煮汁で炊いた茶飯の上に柔らかくテリの良い中型帆立が6個ほど載るもので、なんとも食べ応えがある帆立丼。八戸は陸奥湾には面していないものの、ここで出会える帆立駅弁に不自然な感じはしない。価格は購入時で850円、2008年7月1日から880円。2009年頃までの販売か。

※2017年5月補訂:終売を追記
※2008年7月補訂:値上げを追記
販売駅
東北新幹線 八戸(はちのへ)駅 1891(明治24)年9月1日開業 青森県八戸市尻内町
調製元
有限会社 吉田屋 青森県八戸市一番町一丁目2−1 0178(27)4554 http://koutazushi.com/

青森県八戸吉田屋監修 照焼ほたて弁当(840円)2008年5月9日に八食センターで購入
Aomoriken Hachinohe Yoshidaya Kansyu Teriyaki Hotate Bento

掛紙 掛紙 外観 外観 外観 外観 中身 中身

2008(平成20)年3月1日に釧路八戸、米沢都城の4種が登場した、駅弁屋の監修によるレトルト弁当。パック御飯とレトルトを、調理例の写真や監修元や商品名などを掲載したボール紙の箱に詰める。パック御飯とレトルトを電子レンジで暖めて、レトルトの中身を御飯の上にかけて、パッケージの枠に収めてできあがり。

中身は味付飯の上に、暖めたレトルトに入っていたホタテ、タケノコ、シイタケ、ニンジン。八戸駅弁の「てり焼ほたて弁当」とは中身が異なり、八戸駅の駅弁と1対1に対応する商品はないと思うが、ホタテ駅弁の雰囲気は出ていると思う。ただ、味は少々酸っぱい感じ。

調製元
日本水産 株式会社 東京都千代田区大手町2の6の2 0120-837-241
有限会社 吉田屋 青森県八戸市一番町一丁目2−1 0178(27)4554 http://koutazushi.com/