banner  旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東日本 八戸(はちのへ)駅2004年8月6日訪問Googleマップ
JR-East Hachinohe Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から新幹線で約3時間、東北新幹線に八戸線と青い森鉄道が接続する乗換駅。八戸市は青森県南東端で太平洋に面する人口約23万人の港湾都市で、日本一の漁港と青森県一の工業港を抱える。駅弁は明治時代からの駅弁屋の駅弁が、JRの子会社の駅弁と共に販売される。1891(明治24)年9月1日開業、青森県八戸市尻内町。

【終売】海鮮弁当イカの素もぐり(1,050円)2009年11月15日に時刻表検定試験東京会場で購入
Kaisen Bento Ika no Sumoguri (end of sales)

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2008〜2009年の駅弁大会シーズンへ向けて、2008(平成20)年10月までに登場か。底上げで高さのある円形の発泡材容器に透明なふたをして、中身の写真と商品名を書いたボール紙の枠にはめる。中身は白御飯の上にイカ飯、ホタテ煮、焼サバほぐし、鮭フレーク、イクラ、赤かぶ酢漬、錦糸卵を載せるもの。

名前に違い海鮮弁当という印象はないし、イカ飯を八戸名物とうたうのはここの駅弁屋だけではないかと思う。しかし分量も存在感もたっぷりの焼サバほぐしと鮭フレークがうまく、焼魚丼という印象でモリモリ食べられる感じ。分量も多すぎず少なすぎず、イカ飯のアクセントもある。名物になるというよりは普段使いの弁当として、知らずに買って食べて満足できるタイプの駅弁。2010年頃までの販売か。

※2017年5月補訂:終売を追記
販売駅
東北新幹線 八戸(はちのへ)駅 1891(明治24)年9月1日開業 青森県八戸市尻内町
調製元
有限会社 吉田屋 青森県八戸市一番町一丁目2−1 0178(27)4554 http://koutazushi.com/

【終売】八戸発いかめし(650円)2009年3月25日に八戸駅コンコース駅弁売店で購入
Hachinohe Hatsu Ikameshi (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身

スルメイカにもち米を詰めて醤油と砂糖などで煮たイカ飯を2個と柴漬けを惣菜トレーに入れ、駅弁名や中身写真などを印刷したボール紙の枠にはめる。この内容で不味いものに出会うことはないが、ふたを開けると柴漬けの刺激臭が鼻につき、特別に分量や風味が優れているわけでもないのに森駅より高価で、これでは選択するに値しない。もしこれが下記「港はちのへ名物いかめし」のリニューアルだとしたら、残念なことをしたものだ。2010年までの販売か。

※2017年5月補訂:終売を追記
販売駅
東北新幹線 八戸(はちのへ)駅 1891(明治24)年9月1日開業 青森県八戸市尻内町
調製元
有限会社 吉田屋 青森県八戸市一番町一丁目2−1 0178(27)4554 http://koutazushi.com/

【終売】港はちのへ名物いかめし(750円)2003年3月2日に八戸駅駅弁売店で購入
Minato Hachinohe Meibutsu Ikameshi (end of sales)

掛紙 外観 中身

おそらく東北新幹線八戸延伸に合わせた、2002(平成14)年12月1日の登場。ボール紙の化粧箱に発泡材の容器を収め、見慣れたイカ飯が輪切りにされてひとつ横たわる。水気の覆い米の醤油辛さに東北を感じ、それにイカ足のカットが混ぜられている点に他駅との差別化を見て取れる。味は良好で価格もお手ごろなので、ファーストフード系駅弁として重宝しそう。

東北新幹線の乗り入れを機に、在来線時代は一社の独占であった八戸駅での駅弁販売に、東京の日本レストランエンタプライズ、仙台の伯養軒、地元のニュー八の3社が参入し、突然に4社が集結する激戦地となった。迎え撃つ吉田屋も新製品を投入するなど、現時点で日本で一番駅弁が熱い駅はここだろう。価格は購入時で680円、2008年7月1日から750円。2008年までの販売か。

※2017年5月補訂:終売を追記
※2008年7月補訂:値上げを追記
販売駅
東北新幹線 八戸(はちのへ)駅 1891(明治24)年9月1日開業 青森県八戸市尻内町
調製元
有限会社 吉田屋 青森県八戸市一番町一丁目2−1 0178(27)4554 http://koutazushi.com/