banner 旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車
ロビー(TOP)】  【ご利用案内】  【館長(管理人)】  【駅弁リンク集】  【お問い合わせ

ロビー(TOP)

駅弁展示室

北海道の駅弁
東北の駅弁
関東の駅弁
東京の駅弁
神奈川の駅弁
北陸の駅弁
中部の駅弁
関西の駅弁
山陽山陰の駅弁
四国の駅弁
九州の駅弁
海外の駅弁

談話室(掲示板)

情報展示室

駅弁入門
駅弁Q&A
駅弁ニュース
駅弁立売情報
駅弁関連書籍
館長の駅弁三傑
駅弁資料集


姉妹サイト

時刻表博士
まっこうくじらの
ウェブサイト


関連サイト

ウェブサイト「空弁資料館」
ウェブサイト
「空弁資料館」


東北の駅弁青森県 > 八戸駅 > いちご煮の駅弁 (3種類収蔵)

←前は[八戸駅うにの駅弁] | 次は[八戸駅海鮮丼の駅弁]→

JR東日本 八戸(はちのへ)駅 2004年8月6日訪問  Googleマップ

駅名標 駅舎 駅構内

 東京駅から新幹線で約3時間、東北新幹線に八戸線と青い森鉄道が接続する乗換駅。八戸市は青森県南東端で太平洋に面する人口約23万人の港湾都市で、日本一の漁港と青森県一の工業港を抱える。駅弁は明治時代からの駅弁屋の駅弁が、JRの子会社の駅弁と共に販売される。1891(明治24)年9月1日開業、青森県八戸市尻内町。

いちご煮めし うにの炊き込みご飯(1,100円) 2008年5月9日に八戸駅新幹線改札内コンコース売店で購入

掛紙 外観
外観 中身 中身

 2007〜2008年の駅弁大会に向けた投入か。東北地方の駅弁でよく見掛けると思う、浅く平たい釜飯型の赤いプラ製容器に透明なふたをして、ウニや海の写真に商品名を書いたボール紙の枠にはめる。中身は味付飯の上にウニ、イクラ、サザエ、アワビ、ツブ貝、きぬさや、柴漬け、さくら漬、とびっこを散らすもの。

 風味と内容はこのページの上下に掲載した、つまり過去に食べたものと同じような印象で、とても既視感があるが、それらの集大成と見えなくもない。使われる分量以上にウニを食べている気がする、現地でもおそらく輸送でもうまい駅弁。「いちご煮」という名前ではどうしてもいつまでも苺が連想されてしまうため、「うにの炊き込みご飯」と追加したことは、分かりやすくて良い。

【東北本線八戸(はちのへ)駅】1891(明治24)年9月1日開業 青森県八戸市尻内町
【有限会社吉田屋】青森県八戸市一番町一丁目2−1 TEL:0178(27)4554
 http://koutazushi.com/
藤川優里のいちご煮日記第二章(1,150円) 2010年11月1日に東京駅駅弁売店で購入

掛紙 掛紙 外観 外観
外観 外観 外観
中身 中身 中身

 下記駅弁の第2弾として2010年10月1日に登場。容器や中身の構造と価格は変わらず、今回はあんかけがウニからホタテに変わり、これに伴いパッケージの中身写真も差し変わった。市議の写真は15種類から日替わりで入るという。さすがにそろそろ全国区の話題としては下火になったが、2011年4月の八戸市議会議員選挙では再選を果たしている。

【東北新幹線八戸(はちのへ)駅】1891(明治24)年9月1日開業 青森県八戸市尻内町
【株式会社吉田屋】青森県八戸市一番町一丁目2−1 TEL:0178(27)4554
 http://koutazushi.com/
藤川優里のいちご煮日記第一章(1,150円) 2009年9月22日に八戸駅新幹線改札内コンコース駅弁売店で購入

掛紙
外観 外観 外観
中身 中身 中身

 2009年9月に八戸駅で、翌10月に東京駅と大宮駅でも売り出した駅弁。円形の発泡材容器に透明なふたをして、商品名と中身の写真を掲載したボール紙の箱に収める。容器の中には白御飯のみが敷かれており、めかぶが入った袋を開け、ウニとツブ貝のあんかけ入った袋を次に開けることで、三陸海岸の郷土料理「いちご煮」のようなものを容器中に再現できる。こういう駅弁は他になく、常温だけれどもおいしいウニ・メカブあんかけ丼がいただける。

 この駅弁の売りはいちご煮ではなく、藤川優里(ふじかわゆり)のほう。青森県議であった父の地盤を生かして2007年に八戸市議会選挙に27歳でトップ当選を果たした女性議員で、2008年1月にネット上で「美人すぎる市議」とネタになると、同年中にはテレビやスポーツ新聞などでも取り上げられ、その名が東京でも知られるようになった。

 だからこの駅弁は地元の名物ではなく藤川市議のブログ「いちご煮日記」の名前にちなみ、駅弁に添付の紙袋にはおしながきやPR文などではなく藤川市議の写真が入り、発売開始時にも八戸やいちご煮の駅弁が登場ではなく藤川優里の駅弁が出たと紹介された。駅弁には八戸観光振興の使命も帯びているというが、その役割は果たしていないと思う。

【東北本線八戸(はちのへ)駅】1891(明治24)年9月1日開業 青森県八戸市尻内町
【有限会社吉田屋】青森県八戸市一番町一丁目2−1 TEL:0178(27)4554
 http://koutazushi.com/
←前は[八戸駅うにの駅弁] | 次は[八戸駅海鮮丼の駅弁]→

2001年6月17日開設 2011年5月24日更新
URL : http://kfm.sakura.ne.jp/ekiben/
Copyright (C) 2001-2015 まっこうくじら All Rights Reserved.