banner  旅の友「駅弁」。
 館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東日本 八戸(はちのへ)駅2004年8月6日訪問Googleマップ
JR-East Hachinohe Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から新幹線で約3時間、東北新幹線に八戸線と青い森鉄道が接続する乗換駅。八戸市は青森県南東端で太平洋に面する人口約23万人の港湾都市で、日本一の漁港と青森県一の工業港を抱える。駅弁は明治時代からの駅弁屋の駅弁が、JRの子会社の駅弁と共に販売される。1891(明治24)年9月1日開業、青森県八戸市尻内町。

【終売】青森ぜいたく三昧(1,250円)2008年10月16日に東京駅駅弁売店「駅弁屋旨囲門」で購入
Aomori Zeitaku Zanmai (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2007(平成19)年の登場か。正八角形の黒い発泡材容器に透明なふたをかけ、中身の写真を目立たせたボール紙の枠にはめる。中身は茶飯の上を大間のマグロ2切れと煮ウニ、イクラ醤油漬、錦糸卵、しば漬けで覆うもの。内容は確かに贅沢だが、具の配置で見栄えはもう一歩、そして今回は具がパサパサしていたような。10〜1月の販売と案内されるが、それ以外の時期でも買えるらしい。2010年頃までの販売か。

※2017年5月補訂:終売を追記
販売駅
東北新幹線 八戸(はちのへ)駅 1891(明治24)年9月1日開業 青森県八戸市尻内町
調製元
有限会社 吉田屋 青森県八戸市一番町一丁目2−1 0178(27)4554 http://koutazushi.com/

【終売】大間のマグロまっしぐら(1,200円)2006年10月7日にユニーイセザキ店駅弁大会で購入
Oma no Maguro Masshigura (end of sales)

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身

2006(平成18)年秋の新作か。八戸は津軽ではないけれど「津軽海峡弁当」の副称が付く。長方形の発泡材枠容器を、マグロとその切り身の写真を印刷したボール紙の枠にはめる。中身は味付飯の上に写真どおりのづけまぐろを3切れ貼り、錦糸卵やツナフレークに煮物数点を寂しく並べ、柴漬けや桜漬けに袋入りの醤油やワサビを添えるもの。

駅弁名から1,650円の高額駅弁「大間のマグロづけ炙り丼」の廉価版だと思ったが、づけまぐろを除き別物な印象。味は悪くないが、パッケージの見栄えと比較しなくても貧弱に振れてしまった、中身の見栄えにかなりの改善が必要だと思う。2010年頃までの販売か。

※2017年5月補訂:終売を追記
販売駅
東北新幹線 八戸(はちのへ)駅 1891(明治24)年9月1日開業 青森県八戸市尻内町
調製元
有限会社 吉田屋 青森県八戸市一番町一丁目2−1 0178(27)4554 http://koutazushi.com/

【終売】大間のマグロづけ炙(あぶ)り丼(1,680円)2006年1月24日に京王百貨店駅弁大会で購入
Oma no Maguro Duke Aburi Don (end of sales)

掛紙 外観 外観 外観 中身

2005(平成17)年10月の登場か。正方形の材木枠容器に透明なフタをして、マグロの写真や商品名を載せたボール紙の枠にはめて、札付きのゴムをアクセントではめる。中身は白御飯の上に少量の、赤身をたれでヅケにして表面をあぶった大間マグロを載せて、付合せを添えるだけ。

マグロなのに和菓子のような均一な食感はすごいと思い、しかし価格に対して中身の見栄えはかなり貧相だが、素材がそれだけ高価なのだろう。2006年の京王百貨店駅弁大会では開店後十分ほどで売り切れる一番人気。その後のテレビでの紹介や現地収穫報告などを見ると、マグロが5切れから6切れになり、もっと御飯を覆うような見栄えに変わった模様。2012年頃までの販売か。

日本人が大好きで世界中からかき集めるマグロの中でも、津軽海峡で獲れて北海道戸井漁港や青森県大間漁港に水揚げされるマグロは、最高峰との評価が高い。大間のマグロは1983年の一本釣り漁法の映画化や、2000年のNHK連続テレビ小説化により、北海道側を上回る知名度と人気を得ている。

※2017年5月補訂:終売を追記
販売駅
東北新幹線 八戸(はちのへ)駅 1891(明治24)年9月1日開業 青森県八戸市尻内町
調製元
有限会社 吉田屋 青森県八戸市一番町一丁目2−1 0178(27)4554 http://koutazushi.com/