banner  旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東日本 八戸(はちのへ)駅2004年8月6日訪問Googleマップ
JR-East Hachinohe Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から新幹線で約3時間、東北新幹線に八戸線と青い森鉄道が接続する乗換駅。八戸市は青森県南東端で太平洋に面する人口約23万人の港湾都市で、日本一の漁港と青森県一の工業港を抱える。駅弁は明治時代からの駅弁屋の駅弁が、JRの子会社の駅弁と共に販売される。1891(明治24)年9月1日開業、青森県八戸市尻内町。

こぼれイクラととろサーモンハラス焼き弁当(1,100円)2015年9月23日に東京駅駅弁売店「駅弁屋 祭」で購入
Kobore Ikura to Toro Salmon Harasu Yaki Bento

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2015(平成27)年の夏の新作だろうか。白御飯をサーモンのハラスとイクラと鮭フレークで覆い、柴漬けと玉子焼と小松菜を添える。中身はトロトロおいしいのだが、パッケージの写真がとても美しすぎるため、これに到底及ばない中身の見栄えで、初対面の印象が悪くなる。

明治時代からの八戸駅の駅弁屋である調製元は、2010年には東北新幹線の全線開業で新青森駅に進出し、2013年には東京に工場を構え、2015年の北海道新幹線開業では新函館北斗駅の駅弁屋にもなるようなので、いったいどこの駅の駅弁や駅弁屋と呼ぶべきか。

販売駅
東北新幹線 八戸(はちのへ)駅 1891(明治24)年9月1日開業 青森県八戸市尻内町
調製元
有限会社 吉田屋 青森県八戸市一番町一丁目2−1 0178(27)4554 http://koutazushi.com/

【終売】紅鮭はらこめし(1,000円)2004年11月14日にユニーイセザキ店駅弁大会で購入
Benizake Harakomeshi (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身

2003(平成15)年春頃の登場か。細身な長方形の発泡材容器に木目調の紙蓋をして、中身の美しい写真を載せたボール紙の枠にはめる。中身はその写真のとおり、茶飯の上に焼鮭とイクラを散らしたもの。つまり仙台の名駅弁「鮭はらこめし」と同じだが、風味は断然にこちらが上。脂の乗った紅鮭ハラスと大粒なイクラが茶飯の中に口で溶けていく。数年間の販売か。

2002年12月の東北新幹線八戸延伸以来、調製元は従来の12倍のペースで新作駅弁をリリースしているという。じゃあ今までは何だったんだという批判はともかく、一社独占の無風区から一転して四社競合の激戦区となった八戸駅で、最も元気で勝ち組に入っていそうな業者さんだと思う。

※2016年10月補訂:終売を追記
販売駅
東北新幹線 八戸(はちのへ)駅 1891(明治24)年9月1日開業 青森県八戸市尻内町
調製元
有限会社 吉田屋 青森県八戸市一番町一丁目2−1 0178(27)4554 http://koutazushi.com/

【終売】鮭ずし(1,050円)2002年1月8日に横浜高島屋駅弁大会で購入
Sakezushi (end of sales)

掛紙 外観 中身

長方形の容器の中に、笹を敷いた鮭ずしが横たわる、駅弁名と中身が一致したシンプルな駅弁。しかし鮭は脂が全くない上に非常に薄く、まるで紙を食べているよう。酢飯がそこそこ美味いので、内容は酢飯弁当。上記「八戸小唄寿司」と同じ駅弁屋さんが送るとは思えない内容が残念。新幹線開業の頃までの販売か。

※2016年10月補訂:終売を追記
販売駅
東北新幹線 八戸(はちのへ)駅 1891(明治24)年9月1日開業 青森県八戸市尻内町
調製元
有限会社 吉田屋 青森県八戸市一番町一丁目2−1 0178(27)4554 http://koutazushi.com/