banner  旅の友「駅弁」。
 館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東日本 八戸(はちのへ)駅2004年8月6日訪問Googleマップ
JR-East Hachinohe Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から新幹線で約3時間、東北新幹線に八戸線と青い森鉄道が接続する乗換駅。八戸市は青森県南東端で太平洋に面する人口約23万人の港湾都市で、日本一の漁港と青森県一の工業港を抱える。駅弁は明治時代からの駅弁屋の駅弁が、JRの子会社の駅弁と共に販売される。1891(明治24)年9月1日開業、青森県八戸市尻内町。

【終売】炙りさばみそわっぱ飯(950円)2012年1月13日に京王百貨店駅弁大会で購入
Aburi Saba Miso Wappameshi (end of sales)

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2009(平成21)年4月、になんと羽田空港第2旅客ターミナルビル内で空弁として登場した模様。円形の発泡材枠容器に透明なふたをして、商品名や宣伝文を書いたボール紙の枠にはめる。中身は白御飯の上をサバのほぐし身で覆い、サバ塩焼を載せ、赤かぶ漬と甘酢生姜を添えるもの。三沢空港の空弁でも感じたが、気軽に食べられるA級ジャンクフード。御飯が少ないこともあり、味噌味のサバがたっぷり入る感じがした。2013年頃までの販売か。

※2017年5月補訂:終売を追記
販売駅
東北新幹線 八戸(はちのへ)駅 1891(明治24)年9月1日開業 青森県八戸市尻内町
調製元
有限会社 吉田屋 青森県八戸市一番町一丁目2−1 0178(27)4554 http://koutazushi.com/

【終売】三味一体八戸鯖寿し(950円)2009年9月22日に八戸駅在来線改札内コンコースキオスクで購入
Sanmi Ittai Hachinohe Sabazushi (end of sales)

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

2009(平成21)年4月1日の登場。棒状の黒い発泡材容器を使用、中身の見本写真を掲載したボール紙の枠にはめる。中身は酢飯の上に1/3ずつ、鯖味噌のたたき、しめ鯖寿司、鯖蒲焼き風を置くもの。商品のコンセプトも味も良いと思うが、三位一体という言葉が小泉政権による2003〜2006年の流行語であり、登場時にはすでにその名前が陳腐化してしまっていた。年内で終売か。

販売駅
東北新幹線 八戸(はちのへ)駅 1891(明治24)年9月1日開業 青森県八戸市尻内町
調製元
有限会社 吉田屋 青森県八戸市一番町一丁目2−1 0178(27)4554 http://koutazushi.com/

【終売】さば蒲焼き風弁当(900円)2009年3月25日に八戸駅コンコース駅弁売店で購入
Saba Kabayakifu Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身

2008(平成20)年7月に、なんと埼玉県の大宮駅弁として登場した模様。長方形の木目柄な発泡材容器で、青森県産「まっしぐら」を使ったという白御飯の上にサバの蒲焼き、というより衣を付けて揚げてタレに漬けたのではないかと思う焼きサバをどすんと載せて、中身の写真に商品名や路線図などを印刷した掛紙で巻いて、紙ひもでしばる。

現地で買えて、食べておいしいのは間違いない。しかしこれが八戸で名駅弁になるはずであった「いわし蒲焼風弁当」の代替品であれば残念に思うし、なぜ八戸の駅弁屋が地元の駅ではなく鉄道の距離で600kmも離れた都会の駅の駅弁を作らなければならないのかと思うと腹が立つ。2010年頃までの販売か。

購入時点での八戸駅は、東北新幹線の終着駅であり、東北本線の特急との乗り継ぎ客で駅弁が奪われるように売れる状況にある。しかしそれも2010年12月に予定される東北新幹線新青森延伸までの賑わいであろう。乗換客が激減し、JR東北本線が青森県営のローカル線になり、おそらく八戸駅での駅弁販売個数が激減すると、八戸の駅弁屋はもっぱら東京・品川・新宿・上野・大宮駅へ駅弁を送り続ける調製元になってしまうのだろうか。

※2017年5月補訂:終売を追記
販売駅
東北新幹線 八戸(はちのへ)駅 1891(明治24)年9月1日開業 青森県八戸市尻内町
調製元
有限会社 吉田屋 青森県八戸市一番町一丁目2−1 0178(27)4554 http://koutazushi.com/

【終売】炙りさばみそ寿司(900円)2006年2月19日にダイエー横浜店駅弁大会で購入
Aburi Saba Miso Zushi (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身

2005(平成17)年末頃の登場か。空弁ブーム発生以来、全国各地で見かける鯖棒寿司の一種と言えばそれまでの商品だが、鯖と飯を巻いたり押したりせずに、単に酢飯を敷いて鯖の味噌煮を載せているため、寿司というより定食を食べている風味や気分があり、それが個性になっていると思う。この味噌味は昼食より酒食に合う味。八戸の著名駅弁「八戸小唄寿司」のプラ製バチがナイフ代わりに収められる。2009年頃までの販売か。

※2017年5月補訂:終売を追記
販売駅
東北新幹線 八戸(はちのへ)駅 1891(明治24)年9月1日開業 青森県八戸市尻内町
調製元
有限会社 吉田屋 青森県八戸市一番町一丁目2−1 0178(27)4554 http://koutazushi.com/

【終売】旨寿し(950円)2005年4月10日に東京駅駅弁の日記念駅弁大会で購入
Umazushi (end of sales)

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身

2004年夏頃の登場か。ずいぶんと自信満々の駅弁名だがつまり焼鯖棒寿司で、これを1本笹に包んでビニールで留めて、醤油と生姜と「八戸小唄寿司」と同じバチや割り箸などを添えて、そのフルカラー写真と調製元の建家を描いたボール紙の箱に入れる。味は有名空弁その他の焼鯖寿司と同じもの。2年間ほどの販売か。

※2017年5月補訂:終売を追記
販売駅
東北新幹線 八戸(はちのへ)駅 1891(明治24)年9月1日開業 青森県八戸市尻内町
調製元
有限会社 吉田屋 青森県八戸市一番町一丁目2−1 0178(27)4554 http://koutazushi.com/