banner  旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東日本 一ノ関(いちのせき)駅2014年9月21日訪問Googleマップ
JR-East Ichinoseki Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から新幹線やまびこ号で約2時間半、東北新幹線と東北本線や大船渡線との接続駅。一関市(駅名は一ノ関で市名は一関)は岩手県の南端に位置し、北上川沿いの北上盆地を中心街とする人口約12万人の城下町。駅弁は国鉄時代から2社が販売位置を交換しながら競争しており、首都圏へも年間を通して駅弁を輸送している。1890(明治23)年4月16日開業、岩手県一関市深町。

あぶり焼き和牛弁当(1,100円)2016年10月9日に横浜駅の駅弁大会「駅弁味の陣2016in横浜」で購入
Aburiyaki Wagyu Bento

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

JR東日本の駅弁キャンペーン「駅弁味の陣2016」へのエントリーに向けて、2016(平成28)年9月までに発売か。2008年7月に大宮駅への輸送駅弁として誕生した「あぶり焼き牛肉弁当のリニューアル。楕円形の容器に岩手米ひとめぼれの白御飯を詰め、岩手県産黒毛和牛を特製のタレにまぶしたあぶり焼きで覆い、煮物とガリを添える。牛肉を20%増量したというが、このような姿と内容の駅弁は各地にある。肉が柔らかめで、味付けが濃いなと思うくらいの、普通の牛肉駅弁。

販売駅
東北本線 一ノ関(いちのせき)駅 1890(明治23)年4月16日開業 岩手県一関市深町
調製元
株式会社 斎藤松月堂 岩手県一関市上大槻街2−37 0191(26)3000 http://www.ekiben.or.jp/saitho/

ひふみ弁当(1,350円)2015年10月24日に東京駅の駅弁売店「駅弁屋 祭」で購入
Hifumi Bento

掛紙 掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

JR東日本の駅弁キャンペーン「駅弁味の陣2015」の開催に向けて、2015(平成27)年8月までに発売。白御飯の上を、牛肉の炙り焼きとドライタマネギで覆い、牛肉のハンバーグを置き、牛すじ煮込みとラタトゥイユ(野菜煮込み)を添える。最近流行の熟成肉、岩手県一関市の牧場が生産する黒毛和牛「いわて門崎丑」を3週間以上寝かせた「門崎熟成肉」の使用が、パッケージでうたわれる。

何の弁当だか分からない名前は、パッケージの記述によると「ひとくち満足すじ煮込み」「ふか味醍醐味炙り焼き」「みんな大好きハンバーグ」の頭文字だそうな。たしかにこれは、ガッツリ牛肉駅弁。今回これを買った駅弁売店で人気の、米沢駅牛肉弁当に負けない賑やかさとパワーを感じる。名前も肉々しくすれば、ここでいい勝負ができるかもしれない。

販売駅
東北本線 一ノ関(いちのせき)駅 1890(明治23)年4月16日開業 岩手県一関市深町
調製元
株式会社 斎藤松月堂 岩手県一関市上大槻街2−37 0191(26)3000 http://www.ekiben.or.jp/saitho/

【終売】ぎゅうっと岩手(1,000円)2006年4月9日に東京駅駅弁の日記念駅弁大会で購入
Gyutto Iwate (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身

2006(平成18)年の登場か。東北の駅弁では特によく見かけると思う、プラ製トレーを接着した発泡材枠の容器に透明なふたをかけて輪ゴムでしばり、牛と牛舎の風景を描いた掛紙を巻いてセロテープで留める。中身は御飯の上に牛肉と錦糸卵とごぼうと人参が載り、わさび菜などの付合せが付く、個性なき牛肉駅弁。肉はうまいが見栄えや雰囲気に千円の価値はなし。「前沢牛めし」があれば、そちらが良い。一年間ほどの販売か。

※2016年11月補訂:終売を追記
販売駅
東北本線 一ノ関(いちのせき)駅 1890(明治23)年4月16日開業 岩手県一関市深町
調製元
株式会社 斎藤松月堂 岩手県一関市上大槻街2−37 0191(26)3000 http://www.ekiben.or.jp/saitho/

【終売】前沢牛ハンバーグ弁当(1,100円)2006年4月9日に東京駅駅弁の日記念駅弁大会で購入
Maesawagyu Hamberg Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身

2006(平成18)年の登場か。黒塗りのふた付き発泡材容器に、牛と商品名を筆で描いた柄の掛紙をかけて紙ひもでしばる。中身は何も載らないプレーンな白御飯に、前沢牛のハンバーグをやはりプレーンな状態で詰め、ロールキャベツ、人参、ブロッコリー、ポテトサラダを添え、デザートに黄桃シロップ漬を入れる。

個人的にハンバーグは好物だが、ブランド牛を安肉でもなんとかなるハンバーグにすることはもったいないし、このハンバーグも粒子の細かさが牛肉の品質差を削いでしまった感があるが、ソースを完全別添にするくらいだから、御飯ともども直球勝負の自信作なのだろう。こういう駅弁があることで商品の幅が大きく広がるため、牛肉駅弁との併売であれば各地に広がっても良いと思う。2年くらい販売された模様。

※2016年11月補訂:終売を追記
販売駅
東北本線 一ノ関(いちのせき)駅 1890(明治23)年4月16日開業 岩手県一関市深町
調製元
有限会社 あべちう 岩手県一関市上大槻街3−3 0191(23)2490
催事駅弁

【終売】あぶり焼き牛肉弁当特盛(1,500円)2008年10月12日に東京駅「東日本縦断駅弁大会」で購入
Aburiyaki Gyuniku Bento Tokumori (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身

2008(平成20)年10月12・13日の両日に東京駅構内で開催された「東日本縦断駅弁大会 〜秋〜」で販売されたお弁当で、全8種が登場した「メガ駅弁」のひとつ。発泡材製の楕円形容器に白御飯を詰め、焼肉以下、すき焼肉以上のパーツサイズを持った、やや固めの岩手県産牛肉で覆い、シイタケ・ニンジン・コンニャクの煮物類と甘酢生姜を添える。

分量が通常版の1.5倍というが、一ノ関駅弁でこういう商品を思い当たらない。その該当品はどうも、調製元は一ノ関の駅弁屋でも、販売は埼玉県の大宮駅というものらしい。この催事駅弁も東京駅での販売。ウソはないが変な感じはする。

販売駅
東北本線 一ノ関(いちのせき)駅 1890(明治23)年4月16日開業 岩手県一関市深町
調製元
株式会社 斎藤松月堂 岩手県一関市上大槻街2−37 0191(26)3000 http://www.ekiben.or.jp/saitho/