banner  旅の友「駅弁」。
 館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東日本 一ノ関(いちのせき)駅2014年9月21日訪問Googleマップ
JR-East Ichinoseki Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から新幹線やまびこ号で約2時間半、東北新幹線と東北本線や大船渡線との接続駅。一関市(駅名は一ノ関で市名は一関)は岩手県の南端に位置し、北上川沿いの北上盆地を中心街とする人口約12万人の城下町。駅弁は国鉄時代から2社が販売位置を交換しながら競争しており、首都圏へも年間を通して駅弁を輸送している。1890(明治23)年4月16日開業、岩手県一関市深町。

三陸海の子(1,200円)2011年7月10日に一ノ関駅新幹線改札内駅弁売店で購入
Sanriku Uminoko

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

長方形の発泡材容器に、三陸の海の子を描いたのだろうか、掛紙をかけてひもで十字にしばる。中身は岩手県産ひとめぼれの味付飯の上を、ホタテ煮2個と蒸しウニ、イクラ、しそわかめ、錦糸卵で覆うもの。海の具がおいしく茶飯に合う。今回は平泉の世界遺産への登録直後とあり、これを祝す紙帯も締めていた。価格は2011(平成23)年の購入当時で1,000円、2017年時点で1,200円。

岩手県一関市は陸前・陸中・陸奥の「三陸」のうち陸中に属するが、内陸の工業都市であり、海岸は山を越えた向こう側にある。市名は一関だが、駅名は一ノ関。読みはどちらも「いちのせき」。駅名と地名の不一致は他にもいくつか見られるが、北海道を除きどちらかに合わせる気配がない。

※2017年5月補訂:値上げを追記
※2012年5月補訂:写真の更新と解説文の全面改訂
販売駅
東北本線 一ノ関(いちのせき)駅 1890(明治23)年4月16日開業 岩手県一関市深町
調製元
株式会社 斎藤松月堂 岩手県一関市上大槻街2−37 0191(26)3000 http://saito-shogetsudo.jp/

三陸かにめし(920円)2003年8月31日に一ノ関駅駅弁売店で購入
Sanriku Kanimeshi

掛紙 外観 中身

1963(昭和38)年の登場。北海道の駅弁を思わせるデザインの掛紙。中身は茶飯の上に非常に細かく刻まれたカニ身が敷き詰められ、鶏唐揚や笹蒲鉾に海草類が添えられるもの。繊細で上品な味がする一方で、釧路あたりのカニ駅弁のような強烈なカニの存在感はないが、そんな奥ゆかしさが心地良い。価格は2003(平成15)年の購入当時で920円、2017年時点で1,030円。

※2017年5月補訂:値上げを追記
販売駅
東北本線 一ノ関(いちのせき)駅 1890(明治23)年4月16日開業 岩手県一関市深町
調製元
有限会社 あべちう 岩手県一関市上大槻街3−3 0191(23)2490

【終売】三陸さんまかばやき弁当(800円)2008年9月5日に上野駅「駅弁屋旨囲門」で購入
Sanriku Sanma Kabayaki Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身

NRE東京支店アテンダント、つまり東北新幹線の車内販売員との共同企画により、2008年初頭までに登場。長方形の黒い発泡材容器に、大船渡市碁石海岸穴通磯の写真を掲載した掛紙をかけて、ひもで十字にしばる。中身は白御飯の上をサンマのどす黒い蒲焼きで覆い、ニンジンとシイタケと玉こんにゃく、玉子焼と甘酢生姜と追加のタレを添えるもの。

甘辛でモリモリと食べられるお弁当に、なんとなく八戸のいわし蒲焼風弁当を思い出した。しかし今までは東北地方では珍しくNRE色のない駅弁販売駅であった一ノ関駅で、こういう企画の駅弁が登場してしまったことには危機感を覚える。2010年頃までの販売か。

※2017年5月補訂:終売を追記
販売駅
東北本線 一ノ関(いちのせき)駅 1890(明治23)年4月16日開業 岩手県一関市深町
調製元
株式会社 斎藤松月堂 岩手県一関市上大槻街2−37 0191(26)3000 http://saito-shogetsudo.jp/

【終売】三陸いくら弁当(900円)2004年6月12日に品川駅駅弁大会で購入
Sanriku Ikura Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身

長方形の発泡材容器に掛紙を兼ねて駅弁名とイクラの写真を印刷したボール紙のふたを載せて紙ひもでしばる。中身は白御飯の上にイクラを敷き詰め海苔と帆立と錦糸卵を載せるもの。写真ではイクラがぎっしりたっぷり載るように見えて、しかし実物ではそうでもなく、それでも食べてみると味は良いしイクラの分量が御飯等に本当に程良い感じ。価格も抑えられ、駅弁大会に出てくるあからさまなイクラぎっしり高額駅弁よりこちらが良い。2012年頃までの販売か。

※2017年5月補訂:終売を追記
販売駅
東北本線 一ノ関(いちのせき)駅 1890(明治23)年4月16日開業 岩手県一関市深町
調製元
有限会社 あべちう 岩手県一関市上大槻街3−3 0191(23)2490

【掛紙】三陸かにめし(600円)調製年月日不詳
Sanriku Kanimeshi

掛紙

1980年代の調製と思われる、昔の一ノ関駅弁の掛紙。現在の同名駅弁と、ロゴマークや調製情報など少々の差異はあるが、基本的に同じ絵柄である。小さい頃や若い頃に見たり食べたりしたものに、20年後にまた会えるというのは、駅弁の魅力のひとつであると思う。

販売駅
東北本線 一ノ関(いちのせき)駅 1890(明治23)年4月16日開業 岩手県一関市深町
調製元
有限会社 あべちう 岩手県一関市上大槻街4 0191(23)2490

【掛紙】三陸海の幸 平泉ちらし(1,000円)1997年1月1日に一ノ関駅で購入
Sanriku Uminosachi Hiraizumi Chirashi

掛紙

1997(平成9)年1月1日17時の調製と思われる、昔の一ノ関駅弁の掛紙。JR東日本の「LOOK EAST」キャンペーンはすでに終わっていたと思うが、掛紙を刷りすぎたのだろう。調製元とバーコードのシールが張られるが、調製印はしっかりスタンプで、しかも完璧な位置に捺されている。

販売駅
東北本線 一ノ関(いちのせき)駅 1890(明治23)年4月16日開業 岩手県一関市深町
調製元
有限会社 斎藤松月堂 岩手県一関市上大槻街53 0191(23)5095