banner  旅の友「駅弁」。
 館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東日本 盛岡(もりおか)駅2017年7月29日訪問Googleマップ
JR-East Morioka Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から新幹線で2時間十数分。盛岡市は岩手県の中部に位置する人口約29万人の城下町で県庁所在地。盛岡駅は東北新幹線から秋田新幹線が分岐し、東北本線、田沢湖線、山田線、花輪線列車、IGRいわて銀河鉄道線が接続する鉄道の要衝。駅弁は国鉄時代からの駅弁屋2社が消え、東京資本の駅弁屋2社の支店も消え、今は仙台や青森県のものを売る。1890(明治23)年11月1日開業、岩手県盛岡市盛岡駅前通。

前沢牛めし(1,100円)2005年9月15日に東京駅の駅弁売店「駅弁屋旨囲門」で購入
Maesawagyu Meshi

掛紙 外観 外観 中身 中身

長方形発泡材容器に同色同素材のフタをして、大きな調製シールを貼った赤い掛紙で包んで、ひもで割箸ごとしばる。中身は白御飯の上に糸コンニャクとゴボウと前沢牛などを載せ、クルミや南蛮漬などを添える。千百円の駅弁にしては見栄えが素っ気ないが、品質は良い。

しかし、一ノ関駅弁の斎藤松月堂が先に同名駅弁を出して現地や駅弁催事で人気や評価を得ており、それをまるでNREが意地悪く横取りした感じ。実際に「駅弁屋旨囲門」で一ノ関駅弁と混同して買いガッカリしたという報告がいくつも出ている。一ノ関駅と混同されない盛岡駅で売るのは良いとして、遠隔地に出すのなら名前を変えるべき。

この駅弁は調製元の盛岡支店の閉店により、仙台支店へ引き継がれて仙台駅の駅弁となった。2017年時点での価格は1,300円。

※2017年8月補訂:現況を追記
販売駅
東北本線 盛岡(もりおか)駅 1890(明治23)年11月1日開業 岩手県盛岡市盛岡駅前通
調製元
株式会社 日本レストランエンタプライズ 岩手県盛岡市盛岡駅前通り1−48 019(623)4773 http://www.nre.co.jp/

【終売】あつあつ前沢牛めし(1,200円)2008年2月20日に東京駅の駅弁売店「駅弁屋旨囲門」で購入
Atsuatsu Maesawagyu Meshi (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身

上記の駅弁「前沢牛めし」の、加熱機能付き容器版。きぬさやを省略した以外は中身が全く同じで、風味も変わりないのに、掛紙の色調は全く異なる。牛肉の見栄えはやはりあまりよくないが、味は確か。2014年頃までの販売か。

※2017年8月補訂:終売を追記
販売駅
東北本線 盛岡(もりおか)駅 1890(明治23)年11月1日開業 岩手県盛岡市盛岡駅前通
調製元
株式会社 日本レストランエンタプライズ 岩手県盛岡市盛岡駅前通り1−48 019(623)4773 http://www.nre.co.jp/

上質岩手牛ステーキ弁当(1,400円)2005年2月27日に東京駅の駅弁売店「駅弁屋旨囲門」で購入
Joshitsu Iwategyu Steak Bento

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身

蓋が付く発泡材の長方形容器を、駅弁名と3個も並べた中身の写真を載せたボール紙の枠にはめる。中身はその写真のとおり、タマネギを敷きブロッコリーを添えニンニクの芽とりんごを載せた岩手牛ステーキが1枚、ニンジンやポテトフライやしめじと白御飯に、デザートはメロンとイチゴという、レストランで注文するビーフステーキそのものという内容。

メインのステーキは歯応えと柔らかさを備え持ち、常温でも焼きたてのような風味を持つし、御飯を含めたその他の添え物もその味を引き立てる。東京圏でも北海道でも京阪神圏でもない地方都市で1,400円という高価な駅弁が売れるか分からないが、それに見合う品質を持つ。ただ、上質岩手牛と言われても見た目や普通の舌では地域色に気付かないので、こういう駅弁こそ東京・仙台・盛岡の各地で販売するのが良いと思う。

販売駅
東北本線 盛岡(もりおか)駅 1890(明治23)年11月1日開業 岩手県盛岡市盛岡駅前通
調製元
株式会社 日本レストランエンタプライズ 岩手県盛岡市盛岡駅前通り1−48 019(623)4773 http://www.nre.co.jp/

【終売】岩手和牛あつあつ牛どん(1,000円)2007年2月16日に上野駅「駅弁屋旨囲門」で購入
Iwate Wagyu Atstatsu Gyudon (end of sales)

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身

2004(平成16)年の秋の登場か。円形の加熱機能付き容器を、駅弁名を大きく、中身写真を部分で載せたボール紙の枠にはめる。中身は岩手県産ひとめぼれの白御飯の上に牛肉、タマネギ、糸こんにゃく、タレを絡めて載せる牛丼で、これに温泉卵が割られた状態で置かれる。追加のタレも中に入れる。

加熱したら見た目は半熟のまま黄身が垂れない程度に固まった。アツアツな牛すき焼き丼としておいしくいただけたが、同じ岩手牛の駅弁であればステーキ弁当のほうがおいしそう。2010年までには終売か。

※2017年8月補訂:終売を追記
販売駅
東北本線 盛岡(もりおか)駅 1890(明治23)年11月1日開業 岩手県盛岡市盛岡駅前通
調製元
株式会社 日本レストランエンタプライズ 岩手県盛岡市盛岡駅前通り1−48 019(623)4773 http://www.nre.co.jp/

【終売】あつあつビビンバ弁当(1,100円)2009年9月21日に盛岡駅コンコース駅弁売店で購入
Atsuatsu Bibimbap Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2009(平成21)年1月までには登場していたらしい、収穫報告がほとんどない無名駅弁。長方形の加熱機能付き容器を、中身の写真に各種の宣伝文字を印刷したボール紙の枠にはめる。中身は白御飯の上をナムル(野菜炒め)とわさび菜で覆い、牛肉味噌焼を中央に少々置いたもの。なるほど確かにピリ辛な韓国風。この調子で、かつて盛岡の名物駅弁であったジンギスカン弁当でも作れば、話題にはなるかもしれない。2013年頃までの販売か。

※2017年8月補訂:終売を追記
販売駅
東北本線 盛岡(もりおか)駅 1890(明治23)年11月1日開業 岩手県盛岡市盛岡駅前通
調製元
株式会社 ウェルネス伯養軒 盛岡支店 岩手県盛岡市下太田下川原11番1号 019(658)1014 http://www.greenhouse.co.jp/w-hakuyoken/

【終売】前沢黒毛和牛弁当(1,200円)2008年1月14日に京急百貨店駅弁催事で購入
Maesawa Kuroge Wagyu Bento (end of sales)

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身

2006〜2007年の駅弁大会シーズン頃に登場か。長方形タイプの加熱機能付き容器を使用、中身は白御飯の上に牛肉あんかけを少々載せたもの。添付の催事屋製しおりでは、材料と味にこだわった再発売を宣伝しているが、最近にそういう事実があれば時系列や収穫報告がなく、過去であれば販売休止理由はBSEか伯養軒清算が理由では。この値段でこれより美味いか満足できる牛肉駅弁はいくらでもあるし、NREの同駅同種駅弁より確実に風味の劣る、実力不足な印象。盛岡駅弁なのに調製元は仙台支店となり、盛岡支店の連絡先がないのも不審な感じ。2009年頃までの販売か。

※2017年8月補訂:終売を追記
販売駅
東北本線 盛岡(もりおか)駅 1890(明治23)年11月1日開業 岩手県盛岡市盛岡駅前通
調製元
株式会社 ウェルネス伯養軒 仙台支店 宮城県名取市植松字入生346番1号 022(382)8940
株式会社 ウェルネス伯養軒 盛岡支店岩手県盛岡市下太田下川原11−1 連絡先の記載なし