banner  旅の友「駅弁」。
 館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東日本 仙台(せんだい)駅2010年3月15日訪問Googleマップ
JR-East Sendai Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から新幹線で約1時間40分、東北新幹線にJR在来線各線と仙台市営地下鉄が接続するターミナル駅。仙台市は宮城県の中央に位置する人口約100万人の城下町で、東北地方の首都として君臨する。駅弁は地元業者と東北一帯を持つ駅弁屋とJR子会社が競争し、駅構内各地の売店で50種以上が売られる全国有数の激戦区である。1887(明治20)年12月15日開業、宮城県仙台市青葉区中央1丁目。

ソースかつ重(850円)2015年12月5日に仙台駅駅弁売店「駅弁屋 祭」で購入
Sauce Cutlet Ju

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2014(平成26)年の発売。約十年前に同じ名前と中身で同じ調製元が同じ駅で売っていた駅弁の再登場。中身はパッケージの写真のとおり、白御飯の上にソース漬けのトンカツを5切れに刻んで1枚置き、ニシン昆布巻、紅大根、ナスからし漬を添えるもの。メインのカツは衣が厚めで肉が薄めも、辛さや臭みがなく、食べやすいという意味で印象に残りにくいカツ丼。とても実用的な駅弁。

販売駅
東北本線 仙台(せんだい)駅 1887(明治20)年12月15日開業 宮城県仙台市青葉区中央1丁目
調製元
株式会社 こばやし 宮城県仙台市宮城野区小田原3−2−3 022(293)1661 http://www.kobayashibento.com/

【終売】蔵王とこトン弁当(900円)2011年4月30日に仙台駅改札外コンコース駅弁売店で購入
Zao Tokoton Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2008(平成20)年の登場か。小柄な長方形の発泡材容器に透明なふたをして、豚と蔵王と宣伝文をデザインしたボール紙のふたをする。中身は白御飯の上に豚肉の味噌焼と生姜焼を貼り付け、カボチャと2色のピーマンを付け、ひしほ味噌を添えるもの。見た目に脂が浮いて少し臭う豚肉も、御飯と合わせて食べれば、しっとりしていていい感じ。「純・和豚(じゅん・わとん)」とは宮城県刈田郡蔵王町の丸山グループが生産し主に仙台へ出荷される銘柄豚で、低カロリー・低コレステロール・高タンパク質を実現したヘルシーな豚肉なのだそうな。2011年までの販売か。

※2016年2月補訂:終売を追記
販売駅
東北本線 仙台(せんだい)駅 1887(明治20)年12月15日開業 宮城県仙台市青葉区中央1丁目
調製元
株式会社 ウェルネス伯養軒 仙台支店 宮城県名取市植松字入生346番1号 022(382)8940 http://www.greenhouse.co.jp/w-hakuyoken/

【終売】伊達ざくらポーク角煮弁当(800円)2010年3月25日に仙台駅新幹線改札内駅弁売店で購入
Datezakurapork Kakuni Bento (end of sales)

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2009(平成21)年の春頃に登場か。クリーム色のトレーを接着した円形の発泡材枠容器に透明なふたをはめ、中身の写真を掲載した茶色いボール紙の枠にはめる。中身は白御飯の上を高菜炒め、伊達ざくらポークの豚角煮、そぼろで覆い、煮玉子とニンジンとタケノコを添えるもの。2010年中に終売か。

角煮弁当を名乗るのに角煮が2個しか入っていないという感想はあるが、冷めてもうまく、見た目どおりの味で、分量もほどほどで、価格も控えめという、地味だけどハズレのない安心感のある駅弁。伊達ざくらポークについてはパッケージに宣伝文が書かれるが、実際には宮城県産のSPF(Specific Pathogen Free)豚(=特定の5つの疾患を持たない豚)のうち宮城県大崎市古川の古川ミートの商品である模様。

※2016年2月補訂:終売を追記
販売駅
東北本線 仙台(せんだい)駅 1887(明治20)年12月15日開業 宮城県仙台市青葉区中央1丁目
調製元
株式会社 日本レストランエンタプライズ 宮城県仙台市宮城野区原町4−11−1 022(257)2981 http://www.nre.co.jp/

【終売】宮城もち豚弁当(900円)2006年6月18日に上野駅「駅弁屋旨囲門」で購入
Miyagi Mochibuta Bento (end of sales)

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身

2006(平成18)年3月19日の登場。黒い長方形の発泡材容器に同色同素材のふたをしてゴムで留め、商品名と売り文句などを書いたホールが身の枠にはめる。中身は白御飯の上にささがきごぼうを敷いて、仙台味噌と吟醸酒粕で漬けて焼いた宮城県産「和豚もち豚」をベタベタと貼り、ニンジンと絹さやと舞茸を添え、うぐいす豆と長なす漬と紅大根甘酢漬を付ける。

新潟に似た名前の駅弁がいくつかあり、その後発ということでパクリ感を持たれるかも。しかし豚肉の淡泊だけど濃いめな味付けは、新潟より良い味が出ている。紙枠の底面には最近発売の駅弁3種が写真と解説文付きで紹介され、宣伝意欲や商売気もよく出ている。2006年中に終売か。

この駅弁で使った「和豚もちぶた」とは、1983年に群馬県の養豚業者が開発した国産ブランド豚。その開発元が今も生産から流通まで中央集権的に管理しながら全国展開を図っている模様。

※2016年2月補訂:終売を追記
販売駅
東北本線 仙台(せんだい)駅 1887(明治20)年12月15日開業 宮城県仙台市青葉区中央1丁目
調製元
株式会社 こばやし 宮城県仙台市宮城野区小田原3−2−3 022(293)1661 http://www.kobayashibento.com/

【終売】ごますりとんかつ弁当(600円)2002年5月27日に仙台駅で購入
Gomasuri Tonkatsu Bento (end of sales)

掛紙 外観 中身

発泡材容器に透明なふたをかけた簡素な容器で、掛紙はなくシール貼り。白御飯の上に千切りキャベツとトンカツを載せて、スライスレモンとパセリにミニトマトが入る、内容は一般的なトンカツ弁当そのもの。味は美味い宮城米にやわらかいトンカツと、仙台駅弁は期待を裏切らない。現存しないものと思われる。

※2005年12月補訂:公式サイトの閉鎖に伴いURLを削除。調製元の名称・所在地・連絡先も変更された可能性がある。
販売駅
東北本線 仙台(せんだい)駅 1887(明治20)年12月15日開業 宮城県仙台市青葉区中央1丁目
調製元
株式会社 伯養軒 仙台支店 宮城県名取市植松字入生346−1 022(382)8945