banner  旅の友「駅弁」。
 館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東日本 仙台(せんだい)駅2010年3月15日訪問Googleマップ
JR-East Sendai Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から新幹線で約1時間40分、東北新幹線にJR在来線各線と仙台市営地下鉄が接続するターミナル駅。仙台市は宮城県の中央に位置する人口約100万人の城下町で、東北地方の首都として君臨する。駅弁は地元業者と東北一帯を持つ駅弁屋とJR子会社が競争し、駅構内各地の売店で50種以上が売られる全国有数の激戦区である。1887(明治20)年12月15日開業、宮城県仙台市青葉区中央1丁目。

むつ湾産帆立釜めし(900円)2006年10月8日に日比谷公園の鉄道の日フェスティバルで購入
Mutsuwan San Hotate Kamameshi

掛紙 外観 外観 中身 中身

赤黒いプラスティック製の釜の中に茶飯を詰め、その上に帆立をごろごろと置き、イクラ・錦糸卵・山くらげを載せて、細竹を添える。昔の駅弁紹介本では評価が高いが、今ではワカメの着色料が毒々しく錦糸卵を染め、大柄が特徴なはずのホタテはとても小粒で、買う価値なし。青森駅でも同じ会社の青森支店が全く同じ駅弁を出しているし、そもそも商品名が仙台ではなく青森を反映している。価格は2006年の購入当時で900円、2017年時点で1,000円。

※2017年8月補訂:値上げを追記
※2007年2月補訂:写真の更新、紹介文の手直し、調製元の反映
販売駅
東北本線 仙台(せんだい)駅 1887(明治20)年12月15日開業 宮城県仙台市青葉区中央1丁目
調製元
株式会社 ウェルネス伯養軒 仙台支店 宮城県名取市植松字入生346番1号 022(382)8940 http://www.greenhouse.co.jp/w-hakuyoken/

【掛紙】むつ湾産帆立釜めし(900円)2002年7月7日に東京駅駅弁大会で購入
Mutsuwan San Hotate Kamameshi

掛紙

2002(平成14)年7月7日の調製である仙台駅弁の掛紙。掛紙そのものは当時の伯養軒の仙台、盛岡、青森の各地区で共有していたものと思われる。絵柄は上記の4年後と変わらないが、この時は駅弁マークが付いていた。伯養軒が清算されウェルネス伯養軒となり、日本鉄道構内営業中央会から抜けたため、駅弁マークが使えなくなった。

販売駅
東北本線 仙台(せんだい)駅 1887(明治20)年12月15日開業 宮城県仙台市青葉区中央1丁目
調製元
株式会社 伯養軒 仙台支店 宮城県名取市植松字入生346番1号 022(382)8945

【終売】みやぎ黄金の釜めし(950円)2011年1月13日に京王百貨店駅弁大会で購入
Miyagi Ougon no Kamameshi (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2010(平成22)年の秋の新作として、2010年10月9〜11日の東京駅「第12回東日本縦断駅弁大会(秋)」で登場か。今の仙台駅では珍しく陶製の釜型容器を使用、なんとなく松島を描いた正方形の掛紙で包む。中身はホタテ御飯の上にホタテ煮、銀鮭煮、蒸しウニ、イクラ醤油漬、つぶ貝、「松島」の焼き印を捺した玉子焼、ニンジン、はじかみを載せるもの。風味はいつもの、そしてさすがの仙台駅弁。1年間ほどの販売か。

※2017年8月補訂:終売を追記
販売駅
東北本線 仙台(せんだい)駅 1887(明治20)年12月15日開業 宮城県仙台市青葉区中央1丁目
調製元
株式会社 こばやし 宮城県仙台市宮城野区小田原3−2−3 022(293)1661 http://www.kobayashibento.com/

【終売】帆立づくし(800円)2009年12月5日にユニーイセザキ店駅弁大会で購入
Hotate Zukushi (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2009(平成21)年9月1日の登場。なかなか小柄な正方形の発泡材容器に透明なふたをして、割りばしを置いてから商品名と中身の写真を印刷したボール紙の枠にはめて、輪ゴムでしばる。中身は茶飯の上にホタテのフライを1個、バター焼きを2個、照り焼きを2個置いて、トビッコと山くらげを撒いて赤かぶ漬を添えるもの。内容そのものに新鮮味はないが、ホタテの風味がよくある醤油漬でなく上記の通り各種があるため、新しい都会的な印象が香る。価格も良好。2010年に「まるごと帆立づくし」(750円)へリニューアル、2014年2月に800円へ値上げか。

※2017年8月補訂:終売を追記
販売駅
東北本線 仙台(せんだい)駅 1887(明治20)年12月15日開業 宮城県仙台市青葉区中央1丁目
調製元
株式会社 こばやし 宮城県仙台市宮城野区小田原3−2−3 022(293)1661 http://www.kobayashibento.com/

【終売】帆立まるごと弁当(700円)2003年4月20日にパシフィコ横浜の旅フェアで購入
Hotate Marugoto Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身

発泡材枠にトレーを接着した容器をボール紙の枠にはめる、JR東日本エリアでよく見掛けるゴミ減量型容器。御飯の上に厚みのある、程良い甘辛さの煮帆立を5個載せている。この内容の駅弁が700円とはさすが仙台で、モリモリ食べられるファストフード系駅弁。2007年頃までの販売か。

※2017年8月補訂:終売を追記
販売駅
東北本線 仙台(せんだい)駅 1887(明治20)年12月15日開業 宮城県仙台市青葉区中央1丁目
調製元
株式会社 こばやし 宮城県仙台市宮城野区小田原3−2−3 022(293)1661 http://www.kobayashibento.com/

【終売】あったか〜いうにほたて釜めし(1,100円)2005年3月5日に日本橋三越の弁当大会で購入
Attakai Uni Hotate Kamameshi (end of sales)

掛紙 掛紙 外観 外観 中身

2004〜5年の駅弁大会シーズンに向けて投入か。円形の加熱機能付き容器を、ウニとホタテを描いたボール紙の枠にはめる。中身は宮城産ひとめぼれを使ったホタテひじき御飯の上に、蒸しウニと煮ホタテと福神漬をパラパラと載せるもの。暖かいウニというのも変な感じで、価格も少々高いが、全体の風味として駅弁名どおりの暖かさを感じる。このシーズンのみの販売か。

※2017年8月補訂:終売を追記
販売駅
東北本線 仙台(せんだい)駅 1887(明治20)年12月15日開業 宮城県仙台市青葉区中央1丁目
調製元
株式会社 こばやし 宮城県仙台市宮城野区小田原3−2−3 022(293)1661 http://www.kobayashibento.com/