banner  旅の友「駅弁」。
 館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東日本 仙台(せんだい)駅2010年3月15日訪問Googleマップ
JR-East Sendai Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から新幹線で約1時間40分、東北新幹線にJR在来線各線と仙台市営地下鉄が接続するターミナル駅。仙台市は宮城県の中央に位置する人口約100万人の城下町で、東北地方の首都として君臨する。駅弁は地元業者と東北一帯を持つ駅弁屋とJR子会社が競争し、駅構内各地の売店で50種以上が売られる全国有数の激戦区である。1887(明治20)年12月15日開業、宮城県仙台市青葉区中央1丁目。

FRESH SANDWICH BOX(ミックスサンド)(530円)2017年11月5日に東北新幹線やまびこ号車内で購入
Fresh Sandwich Box (Mix Sandwich)

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

東北新幹線の車内販売で買えた、箱入りサンドイッチ。窓のあるボール紙箱に透明なトレーを詰め、ハム&ポテトサンド、ハム&チーズサンド、タマゴサンドを2切れずつ詰めていた。調製元は仙台のNREだったので、ここに収蔵。レシートには「Fサンド仙調」とあった。

JR東日本管内の車内販売では、同社の子会社である日本レストランエンタプライズ(NRE)が大船駅弁の大船軒を子会社としてから、大船駅の駅弁だった「大船軒サンドウィッチ」が席巻したため、そうでない箱サンドが車内販売で買えるのは珍しいと感じた。

販売駅
東北本線 仙台(せんだい)駅 1887(明治20)年12月15日開業 宮城県仙台市青葉区中央1丁目
調製元
株式会社 日本レストランエンタプライズ 宮城県仙台市宮城野区原町4−11−1 022(257)2981 http://www.nre.co.jp/

仙台牛サンドイッチ(680円)2015年7月18日に東京駅の駅弁売店で購入
Sendaigyu Sandwich

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2015(平成27)年3月の発売か。公式な定義による仙台牛を牛肉煮にして、ピクルスとともに耳付きでトーストした食パンに挟み、3切れを半透明トレーに入れて紙箱に収める。どこでもできそうで、他にないタイプの箱サンドあるいは駅弁だと思う。パンの質と見栄えには、もう少しこだわりが欲しかったところ。

販売駅
東北本線 仙台(せんだい)駅 1887(明治20)年12月15日開業 宮城県仙台市青葉区中央1丁目
調製元
株式会社 こばやし 宮城県仙台市宮城野区小田原3−2−3 022(293)1661 http://www.kobayashibento.com/

牛肉どまん中サンド(500円)2012年2月18日に仙台駅改札外コンコース駅弁売店で購入
Gyuniku Domannaka Sandwich

掛紙 外観 中身 中身 中身

2011(平成23)年の秋頃に仙台駅で登場か。米沢駅の名物駅弁「牛肉どまん中」をサンドイッチ化したもの。この駅弁と同じ意匠のボール紙箱に、その駅弁と同じ牛肉煮と牛そぼろを食パンに挟んだ3切れをプラ製ケースに収める。つまり山形米の1ブランドを示す「どまん中」がどこかに行ってしまった。こんな派生品が支持を得ているのは良いことだと思う。価格は2012年の購入当時で500円、2017年時点で630円。

※2017年8月補訂:値上げを追記
販売駅
東北本線 仙台(せんだい)駅 1887(明治20)年12月15日開業 宮城県仙台市青葉区中央1丁目
調製元
有限会社 新杵屋 山形県米沢市東3−1−1 0238(22)1311 http://www.shinkineya.com/

サンドイッチ(500円)2007年6月13日に北斗星3号車内販売で購入
Sandwich

掛紙 外観 中身 中身

NREのサンドイッチ。上野発札幌行寝台特急「北斗星3号」の車内販売で購入したが、調製元がNREの仙台だったため、ここで紹介する。中身は玉子ハムサンド、ポテトチーズサンド、ツナサンドが各2切れ。風味は普通の駅弁サンド。

青函トンネルの開業に伴い1988(昭和63)年3月に登場した、上野と札幌を結ぶ寝台特急「北斗星」。その食堂車の担当は上野の日本食堂でも札幌のにっしょく北海道でもなく、東北本線の在来線特急で比較的近年まで食堂車営業の実績を持っていた仙台の日本食堂が選ばれた。担当は2007年現在でも変わらず、クルーは仙台から新幹線便乗でやってくるそうな。

販売駅
東北本線 仙台(せんだい)駅 1887(明治20)年12月15日開業 宮城県仙台市青葉区中央1丁目
調製元
株式会社 日本レストランエンタプライズ 宮城県仙台市宮城野区原町4−11−1 022(257)2981 http://www.nre.co.jp/

【終売】ロースかつサンド(550円)2004年3月20日に仙台駅駅弁売店で購入
Loin Cutlet Sandwich (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身

仙台駅の駅弁屋さんのカツサンド。ボックスサンド形式で、SPFポーク(無菌豚)使用のロースカツのサンドイッチが四切れ入る。カツは柔らかく、ソースとからしマヨネーズは程良く、東京駅や羽田空港の高級カツサンドあたりと比較しても、体裁は劣るが中身の品質は劣らず、仙台駅弁の実力を感じる。おそらく現存しないと思う。

販売駅
東北本線 仙台(せんだい)駅 1887(明治20)年12月15日開業 宮城県仙台市青葉区中央1丁目
調製元
株式会社 こばやし 宮城県仙台市宮城野区小田原3−2−3 022(293)1661 http://www.kobayashibento.com/

【終売】サンドウイッチ(400円)2004年3月20日に仙台駅駅弁売店で購入
Sandwich (end of sales)

掛紙 外観 中身

仙台駅の駅弁屋さんのサンドイッチ。ボックスサンド形式で、鶏照焼と玉子、ツナときゅうり、チーズときゅうり、トマトとレタス、かぼちゃサラダのサンドイッチがそれぞれ一切れずつ入っている。駅構内にコンビニがあるのが当たり前となった今、駅弁屋がサンドイッチを販売する意義は失われたと思うが、さすが仙台駅ではこのとおり元気で、野菜たっぷり価格控えめと、コンビニ商品に対してしっかりアドバンテージを持っている。封のシールに駅弁マークが光るのもよい。今はこの形では現存しないと思う。

販売駅
東北本線 仙台(せんだい)駅 1887(明治20)年12月15日開業 宮城県仙台市青葉区中央1丁目
調製元
株式会社 こばやし 宮城県仙台市宮城野区小田原3−2−3 022(293)1661 http://www.kobayashibento.com/

【終売】具たっぷり太巻(350円)2004年3月20日に仙台駅駅弁売店で購入
Gu Tappuri Futomaki (end of sales)

掛紙 外観 中身

仙台駅の駅弁屋さんの太巻寿司。惣菜寿司のプラ容器の中に、5分割された太巻寿司が一本入っている。風味は並も、確かにうたい文句どおり下手につまむと崩壊しそうなほど、かんぴょうや椎茸やきゅうりや玉子焼などの具がぎっしり詰まっており、これも巻く海苔で強度を確保しているし、海苔の分量が増えて味も増す。おそらく現存しないと思う。

販売駅
東北本線 仙台(せんだい)駅 1887(明治20)年12月15日開業 宮城県仙台市青葉区中央1丁目
調製元
株式会社 こばやし 宮城県仙台市宮城野区小田原3−2−3 022(293)1661 http://www.kobayashibento.com/

【終売】炭火焼仙臺おにぎり(400円)2002年5月27日に仙台駅で購入
Sumibiyaki Sendai Onigiri (end of sales)

掛紙 外観 中身

竹皮を模したボール紙製容器の中に、醤油を塗って焼いた普通の焼きおにぎり、牛タン入りおにぎり、シソの葉巻きおにぎりと円形のおにぎりが3つに漬物が入る。具がない、またはほとんどない握り飯で、焼きおにぎりはカリカリ感が全くなく炭火焼特有の香りも感じられないが、飯の美味さで食が進むし、駅弁らしい包装に手を抜かずにこの低価格はなかなかのもの。2003年頃までの販売か。

※2015年9月補訂:終売を追記
販売駅
東北本線 仙台(せんだい)駅 1887(明治20)年12月15日開業 宮城県仙台市青葉区中央1丁目
調製元
株式会社 こばやし 宮城県仙台市宮城野区小田原3−2−3 022(293)1661 http://www.kobayashibento.com/