banner  旅の友「駅弁」。
 館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東日本 仙台(せんだい)駅2010年3月15日訪問Googleマップ
JR-East Sendai Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から新幹線で約1時間40分、東北新幹線にJR在来線各線と仙台市営地下鉄が接続するターミナル駅。仙台市は宮城県の中央に位置する人口約100万人の城下町で、東北地方の首都として君臨する。駅弁は地元業者と東北一帯を持つ駅弁屋とJR子会社が競争し、駅構内各地の売店で50種以上が売られる全国有数の激戦区である。1887(明治20)年12月15日開業、宮城県仙台市青葉区中央1丁目。

政宗公御膳(1,200円)2017年10月22日に東京駅の駅弁売店「駅弁屋 祭」で購入
Masamuneko Gozen

掛紙 掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

伊達政宗の生誕450年を記念し、2017(平成29)年6月9日に発売。その発売は宮城県知事に報告され、仙台のテレビや新聞で取り上げられた。同年秋のJR東日本の駅弁キャンペーン「駅弁味の陣2017」にエントリー。11月末まで販売の予定。

真っ黒な正八角形の容器の中央に、はらこめしと白御飯を詰め、鮭の仙台味噌漬焼、帆立のかぴたん漬、牛肉の野菜巻、いか人参、チョコレート菓子とずんだ白玉団子、じゃこ天と岩出山凍み豆腐の煮物、豆腐田楽、スパニッシュオムレツの8区画のおかずで囲む。全10区画の内容が伊達家にちなむことが、添付のお品書きに記される。過去に同社が販売した「伊達幕」によく似た、おいしい駅弁。

販売駅
東北本線 仙台(せんだい)駅 1887(明治20)年12月15日開業 宮城県仙台市青葉区中央1丁目
調製元
株式会社 日本レストランエンタプライズ 宮城県仙台市宮城野区原町4−11−1 022(257)2981 http://www.nre.co.jp/

仙臺伊達辨當(1,000円)2002年7月8日に仙台駅で購入
Sendai Date Bento

掛紙 外観 外観 中身 外観

仙台開府400年を記念して、2000(平成12)年に登場。長方形の経木折と、透明トレーを本物の竹皮で包んだものを、掛紙をかけてまとめて太く蒼い紙ひもでしばる。中身は経木折のほうがたっぷりの煮物に厚焼卵や蒲鉾や焼鮭に、牛タン味噌焼とデザートのおはぎ。竹皮包のほうが大きな胡麻塩の握り飯とシソの葉を載せた焼きおにぎり。食材のどれもが美味く、腹も舌も心も満足できる駅弁。細かい点まで気が配られた容器やパッケージにも注目。価格は2002年の購入当時で1,000円、2017年時点で1,100円。

※2017年8月補訂:値上げを追記
販売駅
東北本線 仙台(せんだい)駅 1887(明治20)年12月15日開業 宮城県仙台市青葉区中央1丁目
調製元
株式会社 ウェルネス伯養軒 仙台支店 宮城県名取市植松字入生346番1号 022(382)8940 http://www.greenhouse.co.jp/w-hakuyoken/

独眼竜政宗辨當(1,050円)2007年4月7日に東京駅駅弁の日記念駅弁大会で購入
Dokuganryu Masamune Bento

掛紙 掛紙 外観 外観 外観 中身 中身

下記の駅弁「独眼竜政宗辨當」を、2006(平成18)年にリニューアル。特徴的な総経木の二段重ね容器が、紙を多用した特徴なき経木枠長方形容器の一段に変わり、これに伴い掛紙も小柄に変わり、中身は内容を維持しようとしながら分量をけちった印象で、豪華が雑多に変わっている。価格は100円の値下げ。

風味は変わらないが雰囲気は台無し、以前の仙台が全国に誇れる秀逸な駅弁から、買って食べて味ではハズレないと思うただのうまい弁当にグレードダウン。駅弁の売り上げに影響はないだろうが、駅弁ファンはみんながっかり。

前年には「各驛停車」も個性を省くリニューアルを実施しており、最近のこばやし製仙台駅弁は趣味的に見て没個性化が進み元気でない。旧国鉄からの駅弁屋はJR様に許認可を賜ることで駅弁販売が続けられるもの、駅弁売店の共同化と類似商品の投入で、JR東日本とその子会社NREに首を絞められつつあるのではないか心配だ。価格は2007年の購入当時で1,000円、2014年2月から1,050円。

※2017年8月補訂:値上げを追記
販売駅
東北本線 仙台(せんだい)駅 1887(明治20)年12月15日開業 宮城県仙台市青葉区中央1丁目
調製元
株式会社 こばやし 宮城県仙台市宮城野区小田原3−2−3 022(293)1661 http://www.kobayashibento.com/

【終売】独眼竜政宗辨當(1,100円)2001年10月30日に仙台駅で購入
Dokuganryu Masamune Bento (end of sales)

掛紙 外観 中身

1987(昭和62)年放送のNHK大河ドラマ「独眼竜政宗」にちなんで、その前年の1986年に登場。駅弁名はもちろん仙台藩祖伊達政宗公から取ったもの。紙もプラスティックも使用しない完全な木製品である正方形二段重ね容器を使用、上段にはくるみおこわに笹蒲鉾などが、下段には仙台味噌の焼きおむすびと赤シソ巻きおにぎりがひとつずつと長茄子漬、牛肉のしぐれ煮、こごみの胡麻和えものなどが入る。駅弁としてすべてにおいて手抜かりのない逸品だった。2006年に上記へ改悪。

販売駅
東北本線 仙台(せんだい)駅 1887(明治20)年12月15日開業 宮城県仙台市青葉区中央1丁目
調製元
株式会社 こばやし 宮城県仙台市宮城野区小田原3−2−3 022(293)1661 http://www.kobayashibento.com/

【掛紙】独眼竜政宗辨當(1,000円)2009年11月9日に東京駅駅弁売店「駅弁屋旨囲門」で購入
Dokuganryu Masamune Bento

掛紙 掛紙

2009(平成21)年11月9日に購入した、仙台駅弁の掛紙。仙台駅弁「独眼竜政宗辨當」について、2009年10〜12月の宮城県の観光キャンペーン「仙台・宮城『伊達な旅』キャンペーン」に合わせて、2009年9月19日から12月31日までの期間限定で、カプコンのテレビゲームでテレビアニメ作品である「戦国BASARA」のキャラクターとしての伊達政宗に描き変えたもの。中身や価格は同じ。

昭和の人間にとっては戦国武将のイメージと全く違う描き方ではないかと感じられるところだが、マンガやアニメなどの影響で近年の歴史ブームを支える若い世代にとっては、どうもこういう感じがあてはまるらしい。今回の掛紙の変更は好評で売り上げも上がったらしく、当初の期間を延長して2010年2月まで使い続けられたそうな。

「戦国BASARA(ばさら)」とは、2005年7月にカプコンから発売された、ソニー・コンピュータエンタテインメント「プレイステーション2」向けのゲームソフト。 伊達政宗、真田幸村、織田信長、上杉謙信、武田信玄、明智光秀、前田利家、島津義弘、本多忠勝などといった実在の戦国武将が登場するが、歴史的要素とはおおよそ関係がないアクションゲームで、ロボットかサイボーグがSF的な武器を使い敵をバッタバッタと倒していく。

※2017年8月補訂:写真を削除
販売駅
東北本線 仙台(せんだい)駅 1887(明治20)年12月15日開業 宮城県仙台市青葉区中央1丁目
調製元
株式会社 こばやし 宮城県仙台市宮城野区小田原3−2−3 022(293)1661 http://www.kobayashibento.com/

【終売】伊達幕(1,100円)2009年8月22日に東京駅駅弁売店で購入
Datemaku (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2009(平成21)年4月29日に登場した、NREではおそらく初めての伊達政宗駅弁。仙台駅に加えて最初から東京駅での販売も前提としていた模様。当初4,000個はオリジナル手ぬぐい付きで販売したそうな。

木目調で黒い正八角形の発泡材容器にしおりと割りばしを置いて、同じ形でやや青みがかったボール紙で包み、調製シールとゴムで留める。中身は伊達藩の家紋である「九曜紋」にちなみ9区画とし、中央に丸く宮城県大崎平野産「ひとめぼれ」の白御飯を配置、その周囲を鶏つくね、帆立かぴたん漬、牛肉野菜巻、凍み豆腐などの煮物、青菜三色蒸し、伊達巻、鮭味噌焼、ずんだ白玉団子で囲むもの。

「仙台経済新聞」によると、NREが伊達家18代当主の伊達泰宗氏に弁当開発の話を持ちかけ、約2年かけて完成させたそうで、その当主の寄せ書き文がしおりに記される。何も知らなくても食べておいしく、しおりを読めばこだわりが感じられる。世界最大級の鉄道会社をバックに持ち、仙台駅の駅弁売店を手中に収めたNREがこういう力を発揮すると、構内営業についてNREの親会社の監督下にある他2社は大変だ。2013年頃までの販売か。

※2017年8月補訂:終売を追記
販売駅
東北本線 仙台(せんだい)駅 1887(明治20)年12月15日開業 宮城県仙台市青葉区中央1丁目
調製元
株式会社 日本レストランエンタプライズ 宮城県仙台市宮城野区原町4−11−1 022(257)2981 http://www.nre.co.jp/