banner  旅の友「駅弁」。
 館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東日本 仙台(せんだい)駅2010年3月15日訪問Googleマップ
JR-East Sendai Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から新幹線で約1時間40分、東北新幹線にJR在来線各線と仙台市営地下鉄が接続するターミナル駅。仙台市は宮城県の中央に位置する人口約100万人の城下町で、東北地方の首都として君臨する。駅弁は地元業者と東北一帯を持つ駅弁屋とJR子会社が競争し、駅構内各地の売店で50種以上が売られる全国有数の激戦区である。1887(明治20)年12月15日開業、宮城県仙台市青葉区中央1丁目。

みやぎ黄金海道(1,000円)2002年3月2日に天王町サティ駅弁大会で購入
Miyagi Ougon Kaido

掛紙 外観 外観 中身

八角形で柔らかめの発泡材容器を、ボール紙製パッケージに押し込む。中身は御飯の上にうに・帆立・いくらのパッケージ記載食材と共に、やりいか姿煮・山くらげ・錦糸卵・焼鮭と、なぜかたっぷりの紅生姜を載せる、パッケージも容器も中身も見た目に豪華で華やかな駅弁。仙台の駅弁なので味もしっかりしている。パッケージの底には黄金海道の由来を記載。価格は2002年の購入当時で1,000円、2014年2月から1,050円、2017年時点で名前が「新みやぎ三陸黄金海道」になっている。

※2017年8月補訂:値上げと改称を追記
販売駅
東北本線 仙台(せんだい)駅 1887(明治20)年12月15日開業 宮城県仙台市青葉区中央1丁目
調製元
株式会社 こばやし 宮城県仙台市宮城野区小田原3−2−3 022(293)1661 http://www.kobayashibento.com/

【終売】極撰みやぎ黄金海道(1,300円)2010年11月19日に東京駅の駅弁売店「駅弁屋旨囲門」で購入
Gokusen Miyagi Ougon Kaido (end of sales)

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

上記の駅弁「みやぎ黄金海道」の2010年時点での姿と思ったら、通常版と併売されていた模様。容器が上げ底な発泡材の正方形に変わり、その色も黄金色から黒と透明なふたに変わり、その大きさが小さくなり、中身の分量が減少したうえで見栄えが豪華になり、価格が3割上がった。ひじき御飯の上にイクラ、ホタテ照焼、カニ爪、蒸しウニ、つぶ貝、ホッキ貝、カズノコ、レンコン、しそわかめが盛り付けられている。2011年頃までの販売か。

※2017年8月補訂:終売を追記
販売駅
東北本線 仙台(せんだい)駅 1887(明治20)年12月15日開業 宮城県仙台市青葉区中央1丁目
調製元
株式会社 こばやし 宮城県仙台市宮城野区小田原3−2−3 022(293)1661 http://www.kobayashibento.com/

【終売】北の漁師めし(1,000円)2009年1月18日に京王百貨店駅弁大会で購入
Kita no Ryoshi Meshi (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2008(平成20)年秋の登場か。正方形の小さな発泡材容器に透明なふたをして、小舟の漁師を切り絵風に描いたボール紙の枠にはめる。中身はシャケ、イクラ、とびっこ、玉子そぼろ、山くらげを散らす茶飯に、貝殻に収めた鮭味噌焼とホッキ貝に、ホタテとひじき煮を添えるもの。

駅弁の名前から、磯臭くワイルドで海の幸満載な弁当かなと連想したが、中身はつまり、ひと味変わった鮭はらこめし。味はよいが名前負けの印象。2009年1月の京王百貨店駅弁大会では、会場掲示の駅弁一覧で「北の猟師めし」と素敵な誤植をしており、もっと違う連想をした人が、いたとかいなかったとか。そんな間違い探しも京王の魅力である。2009年頃までの販売か。

※2017年8月補訂:終売を追記
販売駅
東北本線 仙台(せんだい)駅 1887(明治20)年12月15日開業 宮城県仙台市青葉区中央1丁目
調製元
株式会社 こばやし 宮城県仙台市宮城野区小田原3−2−3 022(293)1661 http://www.kobayashibento.com/

【終売】鮭いくら丼(1,000円)2004年10月30日に横浜松坂屋駅弁大会で購入
Sake Ikura Don (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身

この駅弁、下の「三陸海岸鮭いくら丼」と調製元や価格や容器が同一で、中身も鮭の個数が少ないくらいしか差がない。リニューアル品か駅弁大会専用商品なのだろうか。

販売駅
東北本線 仙台(せんだい)駅 1887(明治20)年12月15日開業 宮城県仙台市青葉区中央1丁目
調製元
株式会社 こばやし 宮城県仙台市宮城野区小田原3−2−3 022(293)1661 http://www.kobayashibento.com/

【終売】三陸海岸鮭いくら丼(1,000円)2002年10月19日に品川駅駅弁大会で購入
Sanriku Kaigan Sake Ikura Don (end of sales)

掛紙 外観 中身

正六角形の発泡材容器をボール紙のパッケージに収める。中身は白御飯の上にイクラを敷いて、残りの部分に錦糸卵を敷いてから鮭をペタペタと載せたもの。見た目も味も駅弁名どおりで、品質はさすがの仙台駅弁。中身も価格もライバル業者の「鮭はらこめし」への対抗駅弁か。2005年頃までの販売か。

※2017年8月補訂:終売を追記
販売駅
東北本線 仙台(せんだい)駅 1887(明治20)年12月15日開業 宮城県仙台市青葉区中央1丁目
調製元
株式会社 こばやし 宮城県仙台市宮城野区小田原3−2−3 022(293)1661 http://www.kobayashibento.com/