banner  旅の友「駅弁」。
 館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東日本 仙台(せんだい)駅2010年3月15日訪問Googleマップ
JR-East Sendai Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から新幹線で約1時間40分、東北新幹線にJR在来線各線と仙台市営地下鉄が接続するターミナル駅。仙台市は宮城県の中央に位置する人口約100万人の城下町で、東北地方の首都として君臨する。駅弁は地元業者と東北一帯を持つ駅弁屋とJR子会社が競争し、駅構内各地の売店で50種以上が売られる全国有数の激戦区である。1887(明治20)年12月15日開業、宮城県仙台市青葉区中央1丁目。

【終売】仙台幕の内弁当(夏)(1,000円)2005年6月25日に東京駅の駅弁売店「駅弁屋旨囲門」で購入
Sendai Makunouchi Bento Natsu (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身

春夏秋冬と季節毎に中身が替わるNRE仙台版幕の内弁当の、2005年夏バージョン。田舎の夏景色がパッケージに描かれ、中身はしその実みょうが御飯、マグロ照焼やうな玉や穴子や牛タン、ナスや里芋などの煮物、笹蒲鉾にずんだ餅など。風味は良いのに容器がちゃちで、松花堂の仕切りがひん曲がるのはみっともない。

パッケージに描かれる風景について、緑の山と水田はともかく、いくら東北でもシャボン玉に熱中する着物を着た少女の風景は、もう過去か再現かの映像でしか見られないと思う。この絵に風情や懐かしさを感じる世代は、どこまでであろう。

なお、このシリーズの駅弁の2009年夏以降の販売は確認できない。

※2012年5月補訂:終売を追記
販売駅
東北本線 仙台(せんだい)駅 1887(明治20)年12月15日開業 宮城県仙台市青葉区中央1丁目
調製元
株式会社 日本レストランエンタプライズ 宮城県仙台市宮城野区原町4−11−1 022(257)2981 http://www.nre.co.jp/

【終売】仙台幕の内弁当(秋)(1,000円)2007年9月17日に東京駅の駅弁売店「駅弁屋旨囲門」で購入
Sendai Makunouchi Bento Aki (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身

春夏秋冬と季節毎に中身が替わる、NRE仙台版幕の内弁当。購入したものは2007年秋版で、田舎の紅葉と実りの水田がパッケージに描かれ、中身は栗御飯、銀鮭や海老や銀杏や玉子焼やサンマ甘露煮、笹蒲鉾やなす肉詰めフライなど、里芋などの煮物と四目卵焼など。秋の食材や仙台の食材がコンパクトな発泡材容器に整然と詰められている。特殊駅弁のような華やかな特徴こそないが、相変わらず良い駅弁である。

なお、このシリーズの駅弁の2009年夏以降の販売は確認できない。

※2012年5月補訂:終売を追記
販売駅
東北本線 仙台(せんだい)駅 1887(明治20)年12月15日開業 宮城県仙台市青葉区中央1丁目
調製元
株式会社 日本レストランエンタプライズ 宮城県仙台市宮城野区原町4−11−1 022(257)2981 http://www.nre.co.jp/

【終売】仙台幕の内弁当(冬)(1,000円)2003年12月5日に古川駅コンビニキヨスクで購入
Sendai Makunouchi Bento Fuyu (end of sales)

掛紙 外観 中身 中身

春夏秋冬と季節毎に中身が替わる、NRE仙台版幕の内弁当。購入したものは2003年冬版で、田舎の雪景色がパッケージに描かれ、中身はひじき御飯、紅鮭やカキ時雨煮や湯葉海老包揚やカニ団子、笹蒲鉾と牛たん煮など、冬の食材や仙台の食材がコンパクトな発泡材容器に整然と詰められている。特殊駅弁のような華やかな特徴こそないが、良い駅弁である。



 なお、このシリーズの駅弁の2009年夏以降の販売は確認できない。

なお、このシリーズの駅弁の2009年夏以降の販売は確認できない。

※2012年5月補訂:終売を追記
販売駅
東北本線 仙台(せんだい)駅 1887(明治20)年12月15日開業 宮城県仙台市青葉区中央1丁目
調製元
株式会社 日本レストランエンタプライズ 宮城県仙台市宮城野区原町4−11−1 022(257)2981 http://www.nre.co.jp/