banner  旅の友「駅弁」。
 館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東日本 仙台(せんだい)駅2010年3月15日訪問Googleマップ
JR-East Sendai Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から新幹線で約1時間40分、東北新幹線にJR在来線各線と仙台市営地下鉄が接続するターミナル駅。仙台市は宮城県の中央に位置する人口約100万人の城下町で、東北地方の首都として君臨する。駅弁は地元業者と東北一帯を持つ駅弁屋とJR子会社が競争し、駅構内各地の売店で50種以上が売られる全国有数の激戦区である。1887(明治20)年12月15日開業、宮城県仙台市青葉区中央1丁目。

笹巻きえんがわずし(900円)2004年8月5日に仙台駅駅弁売店で購入
Sasamaki Engawa Zushi

掛紙 外観 外観 中身

2004(平成16)年8月1日の登場。中身の白さを引き立てる墨色の長方形発泡材容器に掛紙を兼ねた簡易なふたをかけて紙縄でしばる。中身はしその葉を混ぜた酢飯の上にカレイのえんがわを載せるだけ。

かなり少量ではあるが、ふんわりササニシキの御飯も白く透き通るエンガワも身厚で、脂と歯応えととろける感じを同時に備えており、通に人気の新津駅弁「元祖ひらめずし」の対抗馬になれる感じ。もっとも、酢飯にしその葉を混ぜた点には賛否両論がある模様。価格は2004年の購入当時で900円、2017年時点で1,100円。

販売駅
東北本線 仙台(せんだい)駅 1887(明治20)年12月15日開業 宮城県仙台市青葉区中央1丁目
調製元
株式会社 ウェルネス伯養軒 仙台支店 宮城県名取市植松字入生346番1号 022(382)8940 http://www.greenhouse.co.jp/w-hakuyoken/

【終売】あなご一本寿司(950円)2011年2月13日に横浜駅改札内コンコース駅弁大会で購入
Anago Ippon Zushi (end of sales)

掛紙 外観 外観 外観 外観 中身 中身 中身

2009(平成21)年の登場か。中身は宮城県産ひとめぼれをまぐろコラーゲンで炊いたという茶色い棒状酢飯と、アナゴの蒲焼きが各1本というシンプルさ。これをプラ製の模造笹葉をあてて、竹皮を固めた容器に入れて、透明な袋に密封して、中身の写真を印刷したボール紙のパッケージに詰めるという過剰包装。おかげでタレで手や容器を汚すことはなかったけれど、中身の少量さが強調されてしまった。風味は常温で適度に濃く、食感は柔らかい。2012年頃までの販売か。

※2017年8月補訂:終売を追記
販売駅
東北本線 仙台(せんだい)駅 1887(明治20)年12月15日開業 宮城県仙台市青葉区中央1丁目
調製元
株式会社 日本レストランエンタプライズ 宮城県仙台市宮城野区原町4−11−1 022(257)2981 http://www.nre.co.jp/

【終売】仙台ハイカラ寿し(500円)2010年3月25日に新幹線改札内駅弁売店で購入
Sendai Haikara Zushi (end of sales)

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2010(平成22)年3月23日の登場。細身の長方形な発泡材容器に透明な上げぶたをして、駅弁名や中身の写真を印刷したボール紙の枠に収める。中身は左から、スパム、チーズ、チャーシュー、大根甘酢漬で4個の握り寿司。価格も分量も食べやすさもお手頃で、見てのとおり書いたとおりとても奇抜な内容で、しかしゲテモノの風味は感じられず意外に合っている。今はなき登別駅弁「洋寿し」の現代的な生まれ変わり。価格は2010年の購入当時で500円、2014年2月から550円。実際に売られたのは2010年内のみか。

※2017年8月補訂:終売を追記
販売駅
東北本線 仙台(せんだい)駅 1887(明治20)年12月15日開業 宮城県仙台市青葉区中央1丁目
調製元
株式会社 こばやし 宮城県仙台市宮城野区小田原3−2−3 022(293)1661 http://www.kobayashibento.com/

【終売】気仙沼さんま笹寿司(650円)2010年3月15日に仙台駅新幹線改札内コンビニで購入
Kesennuma Sanma Sasazushi (end of sales)

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

仙台駅のコンビニで売られていた、駅弁のような軽食寿司。押寿司を一口サイズに切って、短く切った笹の葉に巻き、中身を書いた紙帯で留め、これを5個まとめて透明な袋に密封し、竹の質感のボール紙容器に収め、商品名を書いた掛紙を巻く。中身は卯の花寿司が1個、〆さんま寿司が1個、サンマの蒲焼寿司が3個。

「卯の花寿司(うのはなずし)」とは、酢飯の代わりにおからを使った寿司や、具におからを混ぜた寿司のことを指す。宮城県気仙沼地方では、サンマをおからと野菜で漬けた「卯の花」の押寿司が郷土料理なのだそうな。購入時の価格は600円。2011年現在で650円へ値上げされている模様。

なお、調製元は2011年3月11日の東日本大震災による津波で全壊したそうで、4月11日付で公式サイトに営業休止の案内を出している。営業再開後もこの商品は、駅には出ていない模様。

※2017年8月補訂:駅での終売を追記
※2011年5月補訂:営業休止を追記
販売駅
東北本線 仙台(せんだい)駅 1887(明治20)年12月15日開業 宮城県仙台市青葉区中央1丁目
調製元
株式会社 斉吉商店 宮城県気仙沼市潮見町二丁目102−2 0226(22)1775 http://www.saikichi-pro.jp/

【終売】すし囃子(ばやし)仙臺(せんだい)押鮨(950円)2007年9月17日に東京駅駅弁売店「駅弁屋旨囲門」で購入
Sushi Bayashi Sendai Oshizushi (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身

木製の押寿司容器を模した発泡材容器をボール紙の枠にはめる。中身はパッケージの写真にあるとおり、昆布をかけた鯖押寿司と大根酢漬を載せた鮭押寿司が5切れずつ入り、一応あるぞという感じで笹が敷かれるもので、味気ないシンプルさを感じるものの味と分量はなかなか。三陸産の鯖と鮭を使うことで仙台や駅弁名との関連を確保している。2003年4月と今回で、中身も価格も変わっていない。2010年頃までの販売か。

※2017年8月補訂:終売を追記
※2007年12月補訂:写真の更新
販売駅
東北本線 仙台(せんだい)駅 1887(明治20)年12月15日開業 宮城県仙台市青葉区中央1丁目
調製元
株式会社 日本レストランエンタプライズ 宮城県仙台市宮城野区原町4−11−1 022(257)2981 http://www.nre.co.jp/

【終売】すし弁当七夕ものがたり(700円)2002年7月8日に仙台駅で購入
Sushi Bento Tanabata Monogatari (end of sales)

掛紙 外観 中身

小さめな長方形容器にボール紙製のふたをかけて、プラスティックのバンドで止める。中身は正方形の8区画に太巻・いなり・穴子・海老+玉子・北寄貝・イクラの寿司と、カッパ巻に煮物が収められる。すし弁当として年中発売の商品のうち、七夕の時期だけこのパッケージを使用するものと思われ、仙台七夕の七飾りの簡単な解説が裏蓋に記載されている。2005年頃までの販売か。

東北三大祭と日本三大七夕祭のそれぞれひとつに数えられる仙台七夕は、7月7日ではなく8月6〜8日の3日間に仙台の中心街での開催。アーケードに飾りが生い茂るため昼なお暗い歩行者天国に観光客があふれる。

※2017年8月補訂:終売を追記
販売駅
東北本線 仙台(せんだい)駅 1887(明治20)年12月15日開業 宮城県仙台市青葉区中央1丁目
調製元
株式会社 こばやし 宮城県仙台市宮城野区小田原3−2−3 022(293)1661 http://www.kobayashibento.com/

【終売】さんま銀棒ずし(800円)2001年9月30日に横浜駅駅弁大会で購入
Sanma Gin Bozushi (end of sales)

掛紙 外観 中身

気仙沼湾観光協会推奨品。長方形の容器の底には笹の葉が1枚敷かれ、やや酸味の強いすしめしと脂の乗ったサンマに昆布シートをかけた棒状のすしが1本まるごと入っている。すしめしの割合がとても多く、そのまま食べるとサンマの風味が感じられないため、別々に食べたほうがおいしい。2003年頃までの販売か。

※2017年8月補訂:終売を追記
販売駅
東北本線 仙台(せんだい)駅 1887(明治20)年12月15日開業 宮城県仙台市青葉区中央1丁目
調製元
株式会社 伯養軒 仙台支店 宮城県名取市植松字入生346−1 022(382)8945