banner  旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東日本 仙台(せんだい)駅2010年3月15日訪問Googleマップ
JR-East Sendai Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から新幹線で約1時間40分、東北新幹線にJR在来線各線と仙台市営地下鉄が接続するターミナル駅。仙台市は宮城県の中央に位置する人口約100万人の城下町で、東北地方の首都として君臨する。駅弁は地元業者と東北一帯を持つ駅弁屋とJR子会社が競争し、駅構内各地の売店で50種以上が売られる全国有数の激戦区である。1887(明治20)年12月15日開業、宮城県仙台市青葉区中央1丁目。

炙り牛たんとA5仙台牛弁当(1,500円)2016年4月17日に東京駅の駅弁売店「駅弁屋 祭」で購入
Aburi Gyutan to A5 Sendaigyu Bento

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2016(平成28)年3月20日の発売。白御飯の上に厚切り牛たんを並べ、すき間を牛肉煮で覆い、笹かまぼこ、紅ダイコン、味噌南蛮を添える。近年に牛肉商品の宣伝で盛んに使われる等級表示「A5」と、時事ネタの「北海道新幹線開業応援記念」の文字を見なければ、仙台駅で既存の牛たん駅弁との差異に気付かなかっただろう。牛たんも仙台牛も、いずれも肉そのもので濃い焦げ茶色をして、旨味が詰まっていた。高いなりのものはある。

販売駅
東北本線 仙台(せんだい)駅 1887(明治20)年12月15日開業 宮城県仙台市青葉区中央1丁目
調製元
株式会社 こばやし 宮城県仙台市宮城野区小田原3−2−3 022(293)1661 http://www.kobayashibento.com/

四種盛り牛たん味くらべ(1,050円)2015年1月10日に京王百貨店駅弁大会で購入
Yonshu Mori Gyutan Ajikurabe

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身 中身

2014(平成26)年の春までに発売か。白御飯に塩味の牛たんと味噌味の牛たんを貼り、牛たん入りのつくね照り焼きと牛たんのそぼろ煮ですき間を埋め、はじかみ、フキとレンコンとニンジンの煮物、しば漬けを添える。

駅弁の名前どおり、そしてパッケージの写真や記載どおり、牛タンを4種類の味で食べられる。しかし、脂が白く浮いて見た目が悪いのは別にして、10年前の仙台駅弁のような薄めで固めの牛たんは、今の時代には評価を得られないと思った。主に仙台駅でなく、東京駅や駅弁催事で売られている模様。

販売駅
東北本線 仙台(せんだい)駅 1887(明治20)年12月15日開業 宮城県仙台市青葉区中央1丁目
調製元
株式会社 ウェルネス伯養軒 仙台支店 宮城県名取市植松字入生346番1号 022(382)8940 http://www.greenhouse.co.jp/w-hakuyoken/

牛たん煮込みカツサンド(580円)2013年1月18日に京王百貨店駅弁大会で購入
Gyutan Nikomi Cutlet Sandwich

掛紙 掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

2012(平成24)年の秋までに発売か。駅弁の名前どおり、牛たんを煮込んだカツを挟むサンドが3切れ、フライドポテトと共に透明なトレーに密封され、中身のイラストや写真や解説などを描いた紙箱に収まる。価格は購入当時で530円、2014年時点で580円。

駅弁に限らず最近の仙台牛タンはここ数年で、かつてのカチカチのウェルダンやゴムを噛んでるような徒労感とは一線を画す、うまいものに変わった気がする。これもステーキとメンチカツを足して割ったような、ジューシーかつわずかにクリスピーな食感がA級である。

販売駅
東北本線 仙台(せんだい)駅 1887(明治20)年12月15日開業 宮城県仙台市青葉区中央1丁目
調製元
株式会社 こばやし 宮城県仙台市宮城野区小田原3−2−3 022(293)1661 http://www.kobayashibento.com/

牛たん三彩(さんさい)(1,000円)2010年3月15日に仙台駅新幹線改札内コンコース内売店で購入
Gyutan Sansai

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2009(平成21)年の登場か。真っ黒な円形の発泡材容器をセロハンテープで固定し、中身の写真を印刷したボール紙の枠にはめる。中身は白御飯の上を牛タンの塩焼きと味噌焼とそぼろで覆い、赤かぶ漬、南蛮味噌漬、赤ピーマンと黄ピーマンを添えるもの。最近の駅弁には珍しく、牛タン塩焼きに脂が浮いており、見た目にまずそうであるが、常温で食べても味には問題ない。味付けが強いことは否めない。

パッケージの裏面には伯養軒の略史が記される。実際には2005年の清算と事業譲渡により社歴は断絶しているのだが、ブランドネームとロゴマークと、残存した青森、盛岡、仙台、郡山の支社の所在地や連絡先は、清算前と変わらない。味も良くも悪くもなっていないと思う。価格は2010年の購入当時で950円、2016年時点で1,000円。

販売駅
東北本線 仙台(せんだい)駅 1887(明治20)年12月15日開業 宮城県仙台市青葉区中央1丁目
調製元
株式会社 ウェルネス伯養軒 仙台支店 宮城県名取市植松字入生346番1号 022(382)8940 http://www.greenhouse.co.jp/w-hakuyoken/

網焼き仙臺味噌仕立て牛たん弁当(1,050円)2008年6月18日に東京駅駅弁売店「駅弁屋旨囲門」で購入
Amiyaki Sendaimiso Jitate Gyutan Bento

掛紙 外観 外観 中身 中身

仙台駅で定番の駅弁である「網焼き牛たん弁当」の、加熱機能付き容器でないバージョン。牛タン炭火焼の写真を載せたボール紙の箱を使用、赤いトレーに収まる中身は、麦の混ぜ御飯を牛タン味噌焼で覆い、ニンジンを載せ、きんぴらや漬物を添えるもの。つまり加熱式の通常版と同等。だから当然にこちらも人気を集める駅弁だと思うが、そんな予備知識や先入観を取り払うと、アゴを鍛える厳しい弁当だと思う。価格は購入当時で1,000円、2014年4月の消費税率改定により1,050円

※2015年2月補訂:値上げを追記
販売駅
東北本線 仙台(せんだい)駅 1887(明治20)年12月15日開業 宮城県仙台市青葉区中央1丁目
調製元
株式会社 こばやし 宮城県仙台市宮城野区小田原3−2−3 022(293)1661 http://www.kobayashibento.com/

仙台牛ぎゅう詰め弁当(1,150円)2007年10月20日に大宮駅「駅弁屋旨囲門」で購入
Sendaigyu Gyuzume Bento

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身

宮城県とJRの駅弁レシピ公募「第2回みやぎOrara駅弁コンテスト」で準グランプリを獲得した作品の商品化で、2007(平成19)年7月27日から10月31日までの期間限定駅弁。米粒型の発泡材容器を、商品名や受賞ロゴマークに中身の写真を載せたボール紙の枠にはめる。中身は牛たん丼が半分、牛すき焼き丼が半分。

名前も見栄えも中身も既存駅弁のいくつかと被るし、この内容そのものに創作性が乏しいので、味付けか何かに工夫があるのだろう。それでも牛肉の分量は少なめで、名前負けしている印象。この駅弁は販売期間の終了後も販売が続いている。価格は購入当時で1,000円、2015年時点で1,150円。

※2015年2月補訂:販売継続と値上げを追記
販売駅
東北本線 仙台(せんだい)駅 1887(明治20)年12月15日開業 宮城県仙台市青葉区中央1丁目
調製元
株式会社 日本レストランエンタプライズ 宮城県仙台市宮城野区原町4−11−1 022(257)2981 http://www.nre.co.jp/

【終売】仙台名物牛たんのすきやき弁当(1,000円)2009年12月23日に東京駅駅弁売店「駅弁屋旨囲門」で購入
Sendai Meibutsu Gyutan No Sukiyaki Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身 食後

宮城県とJRの駅弁レシピ公募「第3回みやぎOrara駅弁コンテスト」で準グランプリを獲得した作品の商品化で、2008(平成20)年5月に登場。トレーを接着した円形の発泡材枠容器に透明なふたをして、中身の写真を掲載したボール紙の枠にはめる。

中身は宮城県産ひとめぼれの御飯の上に牛タン甘辛煮、糸こんにゃく、ささがきごぼう、白菜、春菊などを載せるすき焼き風弁当。牛たんは荒く千切られており、風味や食感は普通の牛肉のよう。仙台麩と長なす漬と笹蒲鉾を添えて、仙台駅弁であることをアピールしている。2014年時点で現存しないものと思われる。

※2015年2月補訂:終売を追記
販売駅
東北本線 仙台(せんだい)駅 1887(明治20)年12月15日開業 宮城県仙台市青葉区中央1丁目
調製元
株式会社 日本レストランエンタプライズ 宮城県仙台市宮城野区原町4−11−1 022(257)2981 http://www.nre.co.jp/

【終売】牛舌づつみ(900円)2004年11月3日に小田急百貨店藤沢店駅弁大会で購入
Gyutan Zutsumi (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身

駅弁名は「牛舌つづみ」でなく「牛舌づつみ」で正しい、仙台駅の加熱式でない牛タン駅弁。赤い小柄な長方形の発泡材容器に、蓋と掛紙を兼ねたボール紙をかけて、割り箸ごと輪ゴムでしばる。掛紙は2003年12月20日から、仙台市内の専門学校生がデザインしたものとなっている。中身は白御飯の上に牛タン味噌焼を載せるだけ。

冷えた牛たんはさすがに見栄えこそ、脂が浮いた感じで悪いものの、食べてみればクセのないあっさりふわふわな食感で、仙台駅の牛タン駅弁として有名である薄く堅めな加熱式のものより、個性がより出ていると思う。万人に受けず一部に根強いファンをつくるタイプか。2014年時点で現存しないものと思われる。

※2015年2月補訂:終売を追記
販売駅
東北本線 仙台(せんだい)駅 1887(明治20)年12月15日開業 宮城県仙台市青葉区中央1丁目
調製元
株式会社 こばやし 宮城県仙台市宮城野区小田原3−2−3 022(293)1661 http://www.kobayashibento.com/

仙臺牛たん弁当塩・味噌くらべ(1,250円)2015年12月6日に仙台駅駅弁売店「駅弁屋 祭」で購入
Sendai Gyutan Bento Shio Miso Kurabe

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

仙台の市中の牛たん屋による牛たん弁当の一種で、加熱機能付き容器を使わないタイプ。1986(昭和61)年に8月に創業し、仙台エリアで牛たんのレストランや売店をチェーン展開する「たんや善治郎」のもの。中身は白御飯、牛たん、南蛮みそ漬のみというシンプルさ。パッケージの中身写真のとおり、2区画の容器それぞれに白御飯を詰め、左側に今風のカットと切れ目を持つ厚くて柔らかい牛たんの塩焼きを、右側に昔ながらの舌の形とした薄くて固い牛たんの味噌焼を、それぞれ散らしている。前者をおいしく、後者を懐かしく食べた。

販売駅
東北本線 仙台(せんだい)駅 1887(明治20)年12月15日開業 宮城県仙台市青葉区中央1丁目
調製元
株式会社 チソー食房 宮城県仙台市青葉区昭和町3−36 0120-6767-12 http://www.tanya-zenjirou.jp/

牛たんづくし弁当(1,400円)2015年12月6日に仙台駅駅弁売店「駅弁屋 祭」で購入
Gyutan Dukushi Bento

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

仙台の市中の牛たん屋による牛たん弁当の一種で、加熱機能付き容器を使わないタイプ。1975(昭和50)年1月に創業し、仙台市内や関東地方や大阪で牛たんレストランをチェーン展開する「喜助」のもの。平たい容器に、ほぼ白御飯な麦飯、牛たん焼、牛すき焼、玉子焼などを、とても整然と並べる。牛たん焼の下にも御飯が敷かれる。不思議なほど美しく整ったつくりのお弁当。おいしい牛タンは厚切りで塩味。

販売駅
東北本線 仙台(せんだい)駅 1887(明治20)年12月15日開業 宮城県仙台市青葉区中央1丁目
調製元
株式会社 喜助 駅前中央店 宮城県仙台市青葉区中央2−1−27 エバーアイビル3F 022(265)2080 http://www.kisuke.co.jp/

牛たん弁当(1,470円)2012年9月21日に東京駅グランスタ1階の食堂で購入
Gyutan Bento

掛紙 外観 外観 外観 外観 中身 中身 中身

仙台と東京で牛たんレストランを展開する「伊達の牛たん本舗」の持ち帰り弁当。仙台駅と東京駅では駅構内にそのレストランがあるため、駅弁のように買うことができる。二段重ねの容器の中身は、下段が大麦の混ぜ御飯、上段が牛たん焼、牛たんしぐれ煮、しそ巻き、南蛮味噌漬け。容器はスーパーの惣菜のように簡素だが、駅弁のような掛紙に巻かれるし、この価格であるし、駅弁に見えてくる。売り場がレストランの一角であり、作り置きの時間が短いようで、ほんのりあたたかい状態でいただける。

調製元
株式会社 伊達の牛たん本舗 グランスタ店 東京都千代田区丸の内1−9−1 JR東日本東京駅構内地下1階 03(6269)9084 http://www.dategyu.jp/
催事駅弁

やわらか真たん厚切り牛たん弁当(1,890円)2013年2月11日に鶴屋百貨店駅弁大会で購入
Yawaraka Sintan Atsugiri Gyutan Bento

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2013(平成25)年2月の熊本県熊本市の鶴屋百貨店での駅弁大会で実演販売された、仙台駅の加熱機能付き容器を使用しない牛たん弁当の、鶴屋限定第50回記念弁当バージョン。その事実を追記した専用の掛紙を使用、中身の牛たん焼が商品名どおりやわらかく厚切りの、仙台から各地へ進出した有名チェーン店の今の牛たんと同じような肉になっている。このボリュームと味ならば負けない。お値段も負けていない。

調製元
株式会社 こばやし 宮城県仙台市宮城野区小田原3−2−3 022(293)1661 http://www.kobayashibento.com/
催事駅弁

【終売】よくばり牛たん弁当(580円)2006年9月17日にワールドポーターズビブレで購入
Yokubari Gyutan Bento (end of sales)

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身

2006(平成18)年秋の駅弁催事で登場した催事用商品。駅弁ではなく「駅弁屋の味」。実在の駅弁屋が作っているようだが、駅売りはないようで、パッケージにも「こちらの商品は駅では販売しておりません。」の注記もある。

約11センチ四方の発泡材容器の中に麦飯ではなく茶飯を詰め、牛たんの塩焼きと味噌焼を貼り付ける。内容は仙台駅弁らしいし、風味も仙台駅弁のものだが、分量に対する価格は感覚的に2割ほど高い。駅弁屋と催事屋とスーパーの三層構造でマージンがかかっていると思えば、そんなものか。

販売駅
東北本線 仙台(せんだい)駅 1887(明治20)年12月15日開業 宮城県仙台市青葉区中央1丁目
調製元
株式会社 ウェルネス伯養軒 仙台支店 宮城県名取市植松字入生346番1号 022(382)8940 http://www.greenhouse.co.jp/w-hakuyoken/