banner  旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東日本 仙台(せんだい)駅2010年3月15日訪問Googleマップ
JR-East Sendai Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から新幹線で約1時間40分、東北新幹線にJR在来線各線と仙台市営地下鉄が接続するターミナル駅。仙台市は宮城県の中央に位置する人口約100万人の城下町で、東北地方の首都として君臨する。駅弁は地元業者と東北一帯を持つ駅弁屋とJR子会社が競争し、駅構内各地の売店で50種以上が売られる全国有数の激戦区である。1887(明治20)年12月15日開業、宮城県仙台市青葉区中央1丁目。

大つぶ帆立と牛たん弁当(1,150円)2013年10月18日に上野駅駅弁売店「駅弁屋 匠」で購入
Otsubu Hotate to Gyutan Bento

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2013(平成25)年の春までに発売か。円形の加熱機能付き容器に麦飯を詰め、パッケージの見本写真どおりの大つぶ帆立2個と牛たん3切れを置いて、ニンジンと漬物を添える。よく似たものが仙台駅弁にはいくつもあると思うが、仙台駅弁の幅を広げる商品であり、味も期待を裏切らない。価格は2013(平成25)年の購入当時で1,100円、2014年4月の消費税率改定により1,150円。

販売駅
東北本線 仙台(せんだい)駅 1887(明治20)年12月15日開業 宮城県仙台市青葉区中央1丁目
調製元
株式会社 こばやし 宮城県仙台市宮城野区小田原3−2−3 022(293)1661 http://www.kobayashibento.com/

仙台たんとん弁当(1,150円)2010年3月25日に仙台駅新幹線改札内駅弁売店で購入
Sendai Tanton Bento

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2010(平成22)年3月23日の登場か。牛タンのたんと、豚肉のとんで、たんとん弁当。円形の加熱機能付き容器を使用、中身の写真2個分や駅弁名などを印刷したボール紙のパッケージに詰める。中身は白御飯の上に牛たんの塩焼きと豚肉の味噌焼きで半分ずつ覆い、万来漬を添えるもの。

牛たんは厚さが仙台駅の名物駅弁「網焼き牛たん弁当」の倍はあり、肉の種類と味付けが異なるものが半々で入るため、飯と肉だけの駅弁なのに食べて飽きが来ない。既存の牛タン駅弁とひと味違う差別化された駅弁は、東京駅その他の「駅弁屋旨囲門」やデパートの駅弁催事でもよく見掛ける人気商品になっていると思う。価格は2010(平成22)年の購入当時で1,100円、2014年4月の消費税率改定により1,150円。

※2017年7月補訂:値上げを追記
販売駅
東北本線 仙台(せんだい)駅 1887(明治20)年12月15日開業 宮城県仙台市青葉区中央1丁目
調製元
株式会社 こばやし 宮城県仙台市宮城野区小田原3−2−3 022(293)1661 http://www.kobayashibento.com/

【終売】網焼きたんどり弁当(1,000円)2012年10月19日に東京駅駅弁売店「駅弁屋 祭」で購入
Amiyaki Tandori Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2012(平成24)年の夏までに登場。名物の牛たん弁当と同じ構造を持つ加熱機能付き容器に、白御飯と牛たん焼に加えて鶏照焼も詰めたもの。温めた鶏と麦飯がミスマッチも、牛たん弁当のパートではさすが信頼と実績の仙台駅弁。最近は厚切りでジューシーなタイプの牛タン弁当が増殖中だが、こういう薄く小さく固いタイプも乙なものである。2014年時点で現存しないものと思われる。

※2015年2月補訂:終売を追記
販売駅
東北本線 仙台(せんだい)駅 1887(明治20)年12月15日開業 宮城県仙台市青葉区中央1丁目
調製元
株式会社 こばやし 宮城県仙台市宮城野区小田原3−2−3 022(293)1661 http://www.kobayashibento.com/