banner  旅の友「駅弁」。
 館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東日本 仙台(せんだい)駅2010年3月15日訪問Googleマップ
JR-East Sendai Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から新幹線で約1時間40分、東北新幹線にJR在来線各線と仙台市営地下鉄が接続するターミナル駅。仙台市は宮城県の中央に位置する人口約100万人の城下町で、東北地方の首都として君臨する。駅弁は地元業者と東北一帯を持つ駅弁屋とJR子会社が競争し、駅構内各地の売店で50種以上が売られる全国有数の激戦区である。1887(明治20)年12月15日開業、宮城県仙台市青葉区中央1丁目。

網焼き牛たん弁当(1,100円)2006年3月25日にフーデックスプレス山下公園店駅弁大会で購入
Amiyaki Gyutan Bento

掛紙 外観 外観 中身 中身

1990(平成2)年に登場した、仙台駅を代表する駅弁。発熱材入りの丸い容器をボール紙のパッケージで包む。中身は麦飯の上に牛たん焼が5〜6枚載るだけのシンプルなもの。仙台駅のほか、東北新幹線の車内や秋冬シーズンの駅弁催事でも購入できる。

今でこそ笹蒲鉾を凌ぐ仙台の食の名物となり、全国の焼肉店のメニューに加わったものの、牛たんは万人向けの食材ではなかったはず。加熱機能付き容器の採用や、発売時は本当に職人が炭火で牛たんを一枚ずつ焼いたことは、牛たん特有のクセを消す努力なのかもしれない。

価格は2006年の購入当時で1,100円、後に1,200円や1,000円、2014年2月から1,050円。牛肉の相場と情勢により、価格は上下に変動し続ける。牛たんは後年になるほど、風味も食感もしっとりと、ジューシーになってきていると思う。

※2017年8月補訂:解説文の新旧入替
販売駅
東北本線 仙台(せんだい)駅 1887(明治20)年12月15日開業 宮城県仙台市青葉区中央1丁目
調製元
株式会社 こばやし 宮城県仙台市宮城野区小田原3−2−3 022(293)1661 http://www.kobayashibento.com/

極撰炭火焼き牛たん弁当(1,350円)2011年5月14日に東京駅「駅弁屋 極」で購入
Gokusen Sumibiyaki Gyutan Bento

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2010(平成22)年の春頃に登場か。仙台駅を代表する駅弁「炭火焼き牛たん弁当」改め「網焼き牛たん弁当」の上等版で、容器の構造と中身の内容は通常版と同じ。通常版は薄く固い板である牛タンが、ここでは身厚でジューシーで分量も増え、現在に仙台の街などで食べられる牛タン料理に味が近付いている。これならばNREの駅弁や牛タン屋の弁当に対抗できそう。価格は2011年の購入当時で1,300円、2014年2月から1,350円。

※2017年8月補訂:値上げを追記
販売駅
東北本線 仙台(せんだい)駅 1887(明治20)年12月15日開業 宮城県仙台市青葉区中央1丁目
調製元
株式会社 こばやし 宮城県仙台市宮城野区小田原3−2−3 022(293)1661 http://www.kobayashibento.com/

【掛紙】極撰炭火焼き牛たん弁当(1,350円)2016年5月22日に東京駅の駅弁売店「駅弁屋 祭」で購入
Gokusen Sumibiyaki Gyutan Bento

掛紙

2016(平成28)年5月22日の調製と思われる、仙台駅弁のパッケージ。伊勢志摩サミットの開催を記念して、仙台駅から小倉駅まで11種類の駅弁について、パッケージに駅弁名の英文表記とほぼ共通のロゴマークを印刷し、東京駅の駅弁売店で販売した。価格と中身は通常版と同じ。

販売駅
東北本線 仙台(せんだい)駅 1887(明治20)年12月15日開業 宮城県仙台市青葉区中央1丁目
調製元
株式会社 こばやし 宮城県仙台市宮城野区小田原3−2−3 022(293)1661

【終売】炭火焼き牛たん弁当(1,000円)2003年11月8日に小田急百貨店藤沢店駅弁大会で購入
Sumibiyaki Gyutan Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身

仙台駅弁の牛たん弁当の、2003(平成15)年時点での姿。麦飯と牛たんと加熱機能付き容器の構成は変わらない。以前はこのように、薄くて固い肉が使われていて、これが仙台駅で人気と注目を集めた。価格は購入当時で1,000円、BSE騒動による米国産牛輸入停止により牛タンの確保が困難になったため、2005年3月10日から1,300円に値上げされている。仙台市内では営業をやめた食堂もあるのだとか。

※2017年8月補訂:解説文の新旧入替
販売駅
東北本線 仙台(せんだい)駅 1887(明治20)年12月15日開業 宮城県仙台市青葉区中央1丁目
調製元
株式会社 こばやし 宮城県仙台市宮城野区小田原3−2−3 022(293)1661 http://www.kobayashibento.com/

【終売】やわらか牛タン弁当(1,100円)2007年2月16日に上野駅「駅弁屋旨囲門」で購入
Yawaraka Gyutan Bento

掛紙 外観 外観 中身 中身

2006(平成18)年12月の登場か。NREの仙台駅弁で初めてとなる加熱式駅弁だそうな。円形の加熱機能付き容器を底すぼみな紙箱に詰める。中身は麦飯に網焼き牛たんを貼り付ける、仙台駅弁としておなじみのタイプで、これにとろろを別添する。

つまり内容は、仙台駅に牛たん駅弁を生んだ、こばやし製「網焼き牛たん弁当」のパクリ。しかし食べてみれば、分厚く柔らかくジューシーでピリ辛な牛たん、そしてとろろいもが醸し出す風味は独特なもの。先駆者との差別化は図られている。

しかし、現在の仙台駅弁は3社共通売店でしか売られないため、この駅弁の出現でこばやし製の販売個数は半減するのでは。駅構内営業の殺生与奪を握る鉄道会社の100%子会社が、ヒット作の模倣品を投入し真正面から競合させることは、横暴としかいいようがなく、大変に残念なこと。NREは近年に駅弁売上倍増という急成長を遂げたが、それが故の大きなノルマかプレッシャーが、現場や担当者に重くのしかかってないか、心配に思う。2011年頃までの販売か。

※2017年8月補訂:終売を追記
販売駅
東北本線 仙台(せんだい)駅 1887(明治20)年12月15日開業 宮城県仙台市青葉区中央1丁目
調製元
株式会社 日本レストランエンタプライズ 宮城県仙台市宮城野区原町4−11−1 022(257)2981 http://www.nre.co.jp/

【終売】あったか弁当牛たんせいろ(1,000円)2002年11月24日にどこかで購入
Attaka Bento Gyutan Seiro (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身

仙台駅伯養軒の牛たん弁当。円形の加熱機能付き容器をボール紙のパッケージに入れる。中身は白御飯の上に特製のピリ辛味噌をたっぷりからめて焼いた牛たんが4切れ載るもので、紐を引くと盛大に蒸気を出した後8〜10分で全体が暖まる。ライバルこばやしの牛たん駅弁に全く引けを取らないが、全国的な知名度や駅弁大会での露出度ははるかに劣っている。2010年頃までの販売か。

※2015年10月補訂:終売を追記
販売駅
東北本線 仙台(せんだい)駅 1887(明治20)年12月15日開業 宮城県仙台市青葉区中央1丁目
調製元
株式会社 ウェルネス伯養軒 仙台支店 宮城県名取市植松字入生346番1号 022(382)8940 http://www.greenhouse.co.jp/w-hakuyoken/