banner  旅の友「駅弁」。
 館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東日本 仙台(せんだい)駅2010年3月15日訪問Googleマップ
JR-East Sendai Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から新幹線で約1時間40分、東北新幹線にJR在来線各線と仙台市営地下鉄が接続するターミナル駅。仙台市は宮城県の中央に位置する人口約100万人の城下町で、東北地方の首都として君臨する。駅弁は地元業者と東北一帯を持つ駅弁屋とJR子会社が競争し、駅構内各地の売店で50種以上が売られる全国有数の激戦区である。1887(明治20)年12月15日開業、宮城県仙台市青葉区中央1丁目。

黄金うにと数の子いくらがけ(1,350円)2017年1月8日に東京駅の駅弁売店「駅弁屋 祭」で購入
Ougon Uni to Kazunoko Ikuragake

掛紙 掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

2016(平成28)年12月の発売か。金色と中身の美しい写真がまぶしいボール紙箱に収めた容器に、茶飯を敷き、駅弁の名前のとおりウニとイクラとカズノコで覆う、シンプルな内容。光り輝く内外の見栄えに負けない、良好な味。

販売駅
東北本線 仙台(せんだい)駅 1887(明治20)年12月15日開業 宮城県仙台市青葉区中央1丁目
調製元
株式会社 こばやし 宮城県仙台市宮城野区小田原3−2−3 022(293)1661 http://www.kobayashibento.com/

海鮮常長弁当(1,200円)2015年12月5日に仙台駅駅弁売店「駅弁屋 祭」で購入
Kaisen Tsunenaga Bento

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

調製元と宮城県石巻産業振興事務所のオンラインショップ「いしのまき旬鮮市場」との共同開発により、2003(平成15)年7月に発売。積み上げに向かず売店で売りにくそうな形は、おかずのトレーに御飯の包みを置いて、掛紙で包んで、ひもで十字にしばったもの。

中身は、竹皮風の紙に包んだ小女子(コウナゴ)めしと、カキ佃煮、鮭塩焼、さんまつみれフライ、ホタテ照焼、焼たらこ、笹かまぼこ、厚焼き玉子、ゴボウやサトイモなどの煮物、赤かぶと長なすの漬物。食べにくくはあるが、こんな技巧は印象に残るし、食べても様々な食材が常温でおいしい、優れた駅弁に感じる。

この駅弁のテーマである支倉常長は、江戸時代初期の1600年代の仙台藩士。藩主の伊達政宗の命により、幕府公認の慶長遣欧使節の日本人リーダーとして、スペインやローマを目指して慶長18年9月(1613年10月)、約180人の現在の宮城県石巻市月浦から出航した。1615年1月にスペイン国王フェリペ三世に会い、キリスト教の洗礼を受け、同年11月にはローマ教皇パウロ五世に謁見し、ローマ市民権を授与される。

しかしその頃の日本は、禁教や鎖国に向かっていた。元和6年8月(1620年9月)の帰国は、「失意のうちに」という枕詞を付けて紹介され、外交上や布教上の成果はなかったとされる。常長らが持ち帰った資料は、47点が現存して仙台市博物館が所蔵し、2001(平成13)年6月に国宝に指定、2013(平成25)年6月にユネスコ記憶遺産に登録された。この駅弁の掛紙には、常長一行が乗船したサン・ファン・バウティスタ号の図面が使われる。

販売駅
東北本線 仙台(せんだい)駅 1887(明治20)年12月15日開業 宮城県仙台市青葉区中央1丁目
調製元
株式会社 ウェルネス伯養軒 仙台支店 宮城県名取市植松字入生346番1号 022(382)8940 http://www.greenhouse.co.jp/w-hakuyoken/

みやぎ石巻大漁宝船弁当(1,150円)2015年5月30日に石巻駅駅舎内NEWDAYSで購入
Miyagi Ishinomaki Tairyo Takarabune Bento

掛紙 掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

JRグループの観光キャンペーン「仙台・宮城ディスティネーションキャンペーン」の開催に合わせて、2013(平成25)年3〜6月の期間限定駅弁として発売。好評により販売を継続し、2014年4月10日からはボール紙枠のデザインと中身の一部を変えたこの「第2弾」にリニューアルした。

樽型にもイカ型にも見える発泡材の容器を、賑やかな絵柄と石巻の説明を書いたボール紙の枠にはめる。中身は酢飯を鮭とタラコの漬け焼き、三陸産のつぶ貝煮とイクラ醤油漬と花小えび、宮城県産の小女子とノリの佃煮と炙りかき、石巻産のアナゴ焼きと金華サバ酢締めなどで覆う、ちらしずし。大量ではない分量で、見て食べて感じておいしくなっている。

仙台駅の駅弁であるが、テーマは石巻。パッケージの底面で石巻と震災被害と復興への取組を紹介し、おしながきの裏面で駅弁の材料を提供した石巻市内の加工会社6社の名称を紹介する。この駅弁を買った場所も、石巻駅の中のコンビニ。ここまでするのならば、例えばこのコンビニに土休日のみ一日3個でもこれを置いて、石巻駅の駅弁を名乗ってしまえば、より注目と売り上げを得られるのではと思った。

販売駅
東北本線 仙台(せんだい)駅 1887(明治20)年12月15日開業 宮城県仙台市青葉区中央1丁目
調製元
株式会社 日本レストランエンタプライズ 宮城県仙台市宮城野区原町4−11−1 022(257)2981 http://www.nre.co.jp/

うにめし(1,150円)2011年4月30日に仙台駅改札外コンコース駅弁売店で購入
Uni Meshi

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2010(平成22)年の登場か。小柄で深めな発泡材枠容器に透明なふたをして、商品名を書いた窓付きのボール紙の枠にはめる。中身はウニ飯を蒸しウニとイクラ醤油漬とわさび菜で覆うもの。北海道の駅弁や疑義駅弁と何ら変わらない中身で属地性を感じないが、中身の詰め方にギッシリ感があり、食べて楽しくなる感じではある。価格は購入当時で1,100円、2016年時点で1,150円。

※2016年9月補訂:値上げを追記
販売駅
東北本線 仙台(せんだい)駅 1887(明治20)年12月15日開業 宮城県仙台市青葉区中央1丁目
調製元
株式会社 日本レストランエンタプライズ 宮城県仙台市宮城野区原町4−11−1 022(257)2981 http://www.nre.co.jp/

煌き(きらめき)海鮮ちらし(1,100円)2010年3月15日に仙台駅新幹線改札内コンコース内売店で購入
Kirameki Kaisen Chirashi

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2009(平成21)年の登場か。真っ黒な円形の発泡材容器をセロハンテープで固定し、中身の写真を印刷したボール紙の枠にはめる。中身は酢飯の上をホタテ、蒸しウニ、カニ風味フレーク、エビ、イクラ、ウナギ蒲焼、錦糸卵、シイタケ煮、酢れんこん、生姜甘酢で覆う、ウニがメインのちらしずし。具がボロボロこぼれて食べにくいものの、様々な味が口の中に広がる。価格は購入当時で1,000円、2016年時点で1,100円。

仙台の駅弁は売店営業が駅弁屋各社からNREの運営に切り替わって以降、サンドイッチや幕の内や助六寿司のような現地でしか売らないような駅弁が姿を消し、ほぼすべての商品が日常的に首都圏へ輸送されるようになった印象。だから東京駅「駅弁屋旨囲門」に通っていれば、仙台駅弁の大半を制覇できる。

しかしその枠から外れているのが、ウェルネス伯養軒の駅弁。仙台駅ではNREやこばやしの駅弁と共に売られているが、経営移管後は遠隔地の駅弁催事でほとんど見なくなってしまった。だから仙台駅で未収穫駅弁を集めると、ウェルネス伯養軒の商品ばかりになってしまう。伯養軒の時代にはパッケージに付いていた駅弁マークも、まだ復活していない。もっとも、ウェルネス伯養軒も今回のパッケージで駅名を間違えているくらいなので、まだ駅弁屋になりきれていない。

※2016年9月補訂:値上げを追記
販売駅
東北本線 仙台(せんだい)駅 1887(明治20)年12月15日開業 宮城県仙台市青葉区中央1丁目
調製元
株式会社 ウェルネス伯養軒 仙台支店 宮城県名取市植松字入生346番1号 022(382)8940 http://www.greenhouse.co.jp/w-hakuyoken/

三陸ウニめし(1,000円)2004年11月7日に小田急百貨店藤沢店駅弁大会で購入
Sanriku Uni Meshi

掛紙 外観 外観 中身

透明なトレーを入れた小柄な正方形の発泡材容器に、蓋と掛紙を兼ねたボール紙のふたをかけて輪ゴムでしばる。中身は茶飯の上にうに・錦糸卵・かにでストライプを描き、グリーンピースで色を加え、生姜を添える。

これは盛岡駅伝統の駅弁と思いきや、現物に盛岡の文字がなく製造者が伯養軒の仙台支店なので、ここでは仙台駅弁として収蔵するが、実は巨大な調製シールの下に「盛岡 味の伯養軒」の印刷が隠れている。「三陸」の地域名は、宮城県エリアの陸前と岩手県エリアの陸中と青森県エリアの陸奥を示すから、つまり仙台でも盛岡も青森でもウソにならず、この地域一帯を支配する調製元にとって便利な名称か。

この駅弁を買った当時の調製元は2005年に清算されたが、社名改めブランド名を引き継いだ後継業者が、この駅弁をそのままの姿で売り続けている。

※2016年9月補訂:販売現況を追記
※2005年12月補訂:公式サイトの閉鎖に伴いURLを削除。調製元の名称・所在地・連絡先も変更された可能性がある。
販売駅
東北本線 仙台(せんだい)駅 1887(明治20)年12月15日開業 宮城県仙台市青葉区中央1丁目
調製元
株式会社 伯養軒 仙台支店 宮城県名取市植松字入生346−1 022(382)8945

【終売】みやぎ南三陸海宝弁当 地元漁師のごっつぉう編(1,080円)2016年7月2日に東京駅の駅弁売店「駅弁屋 祭」で購入
Miyagi Minami-sanriku Kaiho Bento Jimoto Ryoshi no Gottsuou-hen (end of sales)

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2014(平成26)年8月5日の発売。駅弁屋の日本レストランエンタプライズと、宮城大学食産業学部フードビジネス学科 と、宮城県本吉郡南三陸町の漁業協同組合などが協力して開発したという。駅弁の長い名前を書くパッケージには、地元絡みの様々なロゴマークが付き、底面には南三陸町長の挨拶文が入る。中身はタコめし、銀鮭酢めし、茎わかめの天ぷらと醤油漬。

タコの炊込飯には南三陸産のタコが使われ、銀鮭やイクラを載せるワカメの混ぜ酢飯も三陸産や宮城県産で、茎ワカメやこれに混じるホヤも三陸産だという。これを知っても、それを知らなくても、しっとりした食感に確かな海や磯の香りが、自然に混じっていると思う。発売2年を経ても「地元漁師のごっつぉう編」のみで販売が続き、こうやって東京駅にも入荷しているのは、好評の証だろう。が、2016年限りで終売か。

※2017年4月補訂:終売を追記
販売駅
東北本線 仙台(せんだい)駅 1887(明治20)年12月15日開業 宮城県仙台市青葉区中央1丁目
調製元
株式会社 日本レストランエンタプライズ 宮城県仙台市宮城野区原町4−11−1 022(257)2981 http://www.nre.co.jp/

【終売】復幸かがやき弁当(1,100円)2015年5月30日に石巻駅駅舎内NEWDAYSで購入
Fukko Kagayaki Bento (end of sales)



掛紙 掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

2015(平成27)年3月21日の女川まちびらき及びJR石巻線の全線運転再開を記念して、その同日に発売。震災の影響を受けた4年前の「赤皿貝炊き込み飯」と同じ形のホタテ型容器にワカメ御飯と生姜茶飯を詰め、菜の花や鮭フレークや錦糸卵を添え、女川のホヤ、サンマ、ホタテ、ムール貝、かまぼこを使う。添付のおしながきには女川の納入業者5社の名称が並ぶ。小粒な女川の具に滋味があった。約半年間の販売か。

リアス式海岸が太平洋に口を開ける天然の良港である女川は、2011年3月11日の東日本大震災ではその地形が災いし、実に20メートル近い高さの津波が市街を襲った。基礎杭を持つ2〜4階建の鉄筋コンクリート造の建物がいくつも転倒し、世界中の学者や技術者を驚かせた。JR女川駅と、停車中の列車2両と、駅の隣の温泉施設に据え置いた廃車1両も流失し、傷ついて倒れた車両の写真も震災の被害を伝えた。

あれから4年。津波の被害を直接受けた市街はまだ更地や造成地であるが、駅は内陸へ150m移設のうえ7mの盛土上に温泉施設とともに再建され、運転再開を迎えた。人口1万人弱の町で年に数百億円もの復興関連事業が進められている。

※2016年9月補訂:終売を追記
販売駅
東北本線 仙台(せんだい)駅 1887(明治20)年12月15日開業 宮城県仙台市青葉区中央1丁目
調製元
株式会社 日本レストランエンタプライズ 宮城県仙台市宮城野区原町4−11−1 022(257)2981 http://www.nre.co.jp/

【終売】赤皿貝炊き込み飯(1,000円)2011年7月16日に仙台駅駅弁売店で購入
Akazaragai Takikomi Meshi (end of sales)

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2011年6月3日から6000個限定で販売。アカザラガイ型というかホタテ型の赤い発泡材製容器を、貝殻の柄を持つ同じ形のボール紙の枠にはめる。中身はアカザラガイを炊き込んだ五目飯にアカザラガイのしぐれ煮を載せ、ニンジンやししとうや錦糸卵などで彩り、昆布佃煮とセリ調味漬を添えるもの。味こそホタテのB〜C級品という印象だが、これも面白い味。赤い容器の形状や中身の見栄えも良い感じ。

NREが宮城県気仙沼で未利用資源となっていた赤皿貝を使う駅弁を開発し2011年4月から売り出す予定が、東日本大震災の発生によりそれどころではなくなったうえ、津波による気仙沼の漁業の壊滅により材料の手配がままならず、震災前に倉庫に保管されていたものを使い販売にこぎ着けたものだという。だから材料確保分だけの数量限定を事前にアナウンス。これが震災復興と結び付けられてテレビやネットで紹介された。

販売駅
東北本線 仙台(せんだい)駅 1887(明治20)年12月15日開業 宮城県仙台市青葉区中央1丁目
調製元
株式会社 日本レストランエンタプライズ 宮城県仙台市宮城野区原町4−11−1 022(257)2981 http://www.nre.co.jp/

【終売】海鮮みちのく味じまん(840円)2009年1月18日に京王百貨店駅弁大会で購入
Kaisen Michinoku Ajijiman (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2008〜2009年の駅弁大会シーズンに向けた投入か。底の浅い円形の発泡材枠容器に透明なふたをして、駅弁名その他文字が主体のボール紙の箱に詰める。中身は白御飯の上に刻み海苔を少々散らし、錦糸卵、カキ1個、煮焼アナゴ1切れ、ホタテ照焼1個、ウニとイクラを少々、味噌のしそ巻1本と鮭を1片載せるもの。

見栄えや内容に対して大仰な名前を名乗る印象で、「海鮮」では御飯の1/3も覆えない少量駅弁。この少量こそがこの駅弁の特徴であり、味は確かな仙台駅弁で、値段もお手頃なので、そういうニーズで駅弁売店にて選択されている。2011年頃までの販売か。

※2016年9月補訂:終売を追記
販売駅
東北本線 仙台(せんだい)駅 1887(明治20)年12月15日開業 宮城県仙台市青葉区中央1丁目
調製元
株式会社 こばやし 宮城県仙台市宮城野区小田原3−2−3 022(293)1661 http://www.kobayashibento.com/

【終売】南三陸海宝弁当(1,000円)2008年3月28日に東京駅駅弁売店「駅弁屋旨囲門」で購入
Minami-sanriku Kaiho Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身

宮城県とJRの駅弁レシピ公募「第1回みやぎOrara駅弁コンテスト」でグランプリを獲得した作品の商品化で、2006(平成18)年12月1日に登場。木桶を模した円形の発泡材容器を、中身の写真を取り入れたデザインなボール紙の枠にはめる。中身は茶飯の上に1/4ずつ、サケ、イクラ、カキ、アナゴを載せるもの。

内容は仙台を含め各地で人気のものの詰め合わせで、最近の駅弁で閉口する柴漬けの刺激臭もなく、食べてうまい、誰もがそういう感想を述べそうな駅弁。しかし公募の駅弁にしては内容に個性がない、この地域の駅弁屋なら誰でも思い付くような気がした。商品寿命は長くなりそうだが、コンテストの意義をちょっと問いたい商品。2014年8月の「みやぎ南三陸海宝弁当〜地元漁師のごっつぉう編」の発売と入れ替わりに終売か。

※2016年9月補訂:終売を追記
販売駅
東北本線 仙台(せんだい)駅 1887(明治20)年12月15日開業 宮城県仙台市青葉区中央1丁目
調製元
株式会社 日本レストランエンタプライズ 仙台調理センター 宮城県仙台市宮城野区原町4−11−1 022(257)2981 http://www.nre.co.jp/

【終売】津軽いかまんま(1,000円)2004年11月9日に小田急百貨店藤沢店駅弁大会で購入
Tsugaru Ika Manma (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身

八戸駅弁のような青森駅弁「八戸いかまんま」と、内容はほぼ同一でパッケージが違う、青森駅弁のような仙台駅弁。上の駅弁と同様に伯養軒の仙台支店なので、ここでは仙台駅弁として収蔵するが、津軽は陸奥の西半分を示し青森が入るか入らないかのエリアなので、仙台製の駅弁の名称にふさわしくない。味は良いが駅弁として不満の大きい商品。現存しない模様。

※2016年9月補訂:終売を追記
※2005年12月補訂:公式サイトの閉鎖に伴いURLを削除。調製元の名称・所在地・連絡先も変更された可能性がある。
販売駅
東北本線 仙台(せんだい)駅 1887(明治20)年12月15日開業 宮城県仙台市青葉区中央1丁目
調製元
株式会社 伯養軒 仙台支店 宮城県名取市植松字入生346−1 022(382)8945

【終売】三陸わっぱめし(850円)2001年6月29日に東京駅駅弁売店で購入
Sanriku Wappameshi (end of sales)

掛紙 外観 中身

仙台駅の駅弁として売られているが、実態は新幹線の車内販売用や、東京駅など他駅での販売用と思われる。ボール紙製パッケージに巻かれた円形の発泡スチロール製容器を使用、中身は味付け御飯の上に蒸しウニ・味付けアワビとゴボウ・椎茸・タケノコ等が載る、アワビとウニの釜飯風弁当。

アワビとウニはそれなりの品を使用しており、米どころだけあって御飯そのものもおいしいが、全体的に水っぽい味がする。価格も内容や量に対して割高感があるが、新幹線車内や東京駅では他の駅弁がもっと高いため、よく売れているようだ。現在は売られていない模様。

※2016年9月補訂:終売を追記
販売駅
東北本線 仙台(せんだい)駅 1887(明治20)年12月15日開業 宮城県仙台市青葉区中央1丁目
調製元
株式会社 日本レストランエンタプライズ 仙台調理センター 宮城県仙台市宮城野区原町4−11−1 022(257)2981 http://www.nre.co.jp/