banner  旅の友「駅弁」。
 館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東日本 仙台(せんだい)駅2010年3月15日訪問Googleマップ
JR-East Sendai Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から新幹線で約1時間40分、東北新幹線にJR在来線各線と仙台市営地下鉄が接続するターミナル駅。仙台市は宮城県の中央に位置する人口約100万人の城下町で、東北地方の首都として君臨する。駅弁は地元業者と東北一帯を持つ駅弁屋とJR子会社が競争し、駅構内各地の売店で50種以上が売られる全国有数の激戦区である。1887(明治20)年12月15日開業、宮城県仙台市青葉区中央1丁目。

山菜釜めし(780円)2003年2月15日にユニーイセザキ店駅弁大会で購入
Sansai Kamameshi

掛紙 外観 中身

赤黒い薄手のプラスティック製釜型容器に掛紙をかけて輪ゴムで止める。中身は茶飯の上に舞茸、鶏肉、錦糸卵、わらび、ぜんまい等を載せるもので、見た目はそれほど優れていないが味は仙台駅弁なので悪いはずがない。ただ、釜飯駅弁は陶器や厚手の素材など重量感のある容器も味を出すので、軽量なこの駅弁はその点で損をしている気もする。価格は2003年の購入当時は不明、2015年時点で780円。

※2017年8月補訂:価格を追記
販売駅
東北本線 仙台(せんだい)駅 1887(明治20)年12月15日開業 宮城県仙台市青葉区中央1丁目
調製元
株式会社 ウェルネス伯養軒 仙台支店 宮城県名取市植松字入生346番1号 022(382)8940 http://www.greenhouse.co.jp/w-hakuyoken/

秋田竿灯祭弁当(1,000円)2002年10月19日に品川駅駅弁大会で購入
Akita Kantoumatsuri Bento

掛紙 外観 外観 外観 中身

駅弁大会で購入。駅弁名や外観や中身からは、秋田駅の駅弁としか考えられないのだが、製造販売が伯養軒仙台支社なので、仙台駅弁として紹介する。パッケージには秋田竿灯祭の写真を印刷するが、技巧のないスナップ写真の使用とは面白い。紙パック飲料のストローのように伸ばして使うお箸もユニーク。

高さのある六角柱のボール紙製パッケージの中には、円形の発泡材容器が三段重ねで風呂敷に包まれて入っている過剰包装。中身は下段がハタハタが載った酢飯、中段が鶏肉とニシンが載った茶飯、上段がおかずで厚焼玉子や煮物類。ひとつで色々な味が楽しめるが、味は並。常時でなく、3〜5年毎に売られているのではないかと思う。

販売駅
東北本線 仙台(せんだい)駅 1887(明治20)年12月15日開業 宮城県仙台市青葉区中央1丁目
調製元
株式会社 ウェルネス伯養軒 仙台支店 宮城県名取市植松字入生346番1号 022(382)8940 http://www.greenhouse.co.jp/w-hakuyoken/

【終売】仙台釜めし(900円)2005年6月17日に東京駅の駅弁売店「駅弁屋旨囲門」で購入
Sendai Kamameshi (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身

仙台駅のNREの釜飯駅弁。商品名を書いたボール紙で封をした、オールプラスティック製の釜型容器の中に茶飯を詰めて、牛タン・煮カキ・笹蒲鉾・仙台麩などを載せる。米国産牛肉禁輸で以前のようにはいかない牛タンはともかく、仙台駅弁にしては全体的に風味が落ちるし価格も高いし、仙台名物をあれもこれもと欲張り過ぎた感はある。2005年頃までの販売か。

※2017年8月補訂:終売を追記
販売駅
東北本線 仙台(せんだい)駅 1887(明治20)年12月15日開業 宮城県仙台市青葉区中央1丁目
調製元
株式会社 日本レストランエンタプライズ 宮城県仙台市宮城野区原町4−11ー1 022(257)2981 http://www.nre.co.jp/

【終売】ハローキティの仙台こけし弁当(900円)2003年8月31日に仙台駅駅弁売店で購入
Hello Kitty no Sendai Kokeshi Bento (end of sales)

外観 外観 中身

岡山・高崎・小田原に次ぐキティちゃん駅弁として、2003(平成15)年1月に登場か。「はろうきてぃ」ではなく片仮名書きの「ハローキティ」の駅弁が新登場したのは今世紀初。

キティちゃんが着物を着てこけしになっているプラスティック製容器を使用、中身は減農薬宮城県産ひとめぼれの御飯に、焼鳥やつくね団子や海老に、椎茸やタケノコの煮物、そして金太郎飴タイプのキティちゃん蒲鉾が入る。仙台駅弁にしては価格の割に中身が薄く、これは容器を楽しむ駅弁だ。2005年頃までの販売か。

※2017年8月補訂:終売を追記
販売駅
東北本線 仙台(せんだい)駅 1887(明治20)年12月15日開業 宮城県仙台市青葉区中央1丁目
調製元
株式会社 こばやし 宮城県仙台市宮城野区小田原3−2−3 022(293)1661 http://www.kobayashibento.com/

【終売】ごもく弁当こけしのふる里(800円)2002年7月7日に東京駅駅弁大会で購入
Gomoku Bento Kokeshi no Furusato (end of sales)

外観 外観 中身

こけしの頭を模したプラスティック製容器を透明な袋に詰める。中身は「ごもく弁当」のとおり、御飯の上に鶏・椎茸・ゴボウ・海老・厚焼卵・蒲鉾・帆立などを積み重ねている。量は少なめで、味は仙台駅弁なので良い。こけしの台になる格好の赤い厚紙には宮城県のこけしを遠刈田(とおがった)系・鳴子系・作並系・弥治郎系に分類して紹介し、観光ガイドではあまり触れられない雑学知識が吸収できる。2010年頃までの販売か。

※2017年8月補訂:終売を追記
販売駅
東北本線 仙台(せんだい)駅 1887(明治20)年12月15日開業 宮城県仙台市青葉区中央1丁目
調製元
株式会社 こばやし 宮城県仙台市宮城野区小田原3−2−3 022(293)1661 http://www.kobayashibento.com/