banner 旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車
ロビー(TOP)】  【ご利用案内】  【館長(管理人)】  【駅弁リンク集】  【お問い合わせ

ロビー(TOP)

駅弁展示室

北海道の駅弁
東北の駅弁
関東の駅弁
東京の駅弁
神奈川の駅弁
北陸の駅弁
中部の駅弁
関西の駅弁
山陽山陰の駅弁
四国の駅弁
九州の駅弁
海外の駅弁

談話室(掲示板)

情報展示室

駅弁入門
駅弁Q&A
駅弁ニュース
駅弁立売情報
駅弁関連書籍
館長の駅弁三傑
駅弁資料集


姉妹サイト

時刻表博士
まっこうくじらの
ウェブサイト


関連サイト

ウェブサイト「空弁資料館」
ウェブサイト
「空弁資料館」


東北の駅弁秋田県 > 秋田駅 > ハタハタの駅弁 (3種類収蔵)

←前は[秋田駅こまちの駅弁] | 次は[秋田駅その他お魚の駅弁]→

JR東日本 秋田(あきた)駅 2009年9月22日訪問  Googleマップ

駅名標 駅舎 駅構内

 東京駅から新幹線「こまち」号で約4時間、秋田新幹線の終点であり、奥羽本線と羽越本線が接続し男鹿線列車が乗り入れる駅。秋田市は秋田県の中央に位置し日本海に面した人口約32万人の城下町で、8月の竿燈祭には130万人もの観光客が押し寄せる。駅弁は国鉄時代からの駅弁屋とJR子会社などの商品が、改札内の駅弁売店と改札外のキヨスクで買える。1902(明治35)年10月21日開業、秋田県秋田市中通7丁目。

白神浪漫(850円) 2006年11月18日にユニーイセザキ店駅弁大会で購入

掛紙 外観
外観 中身 中身

 2006年3月1日の登場。長方形の発泡材容器に、森林と夕日と商品名に五能線周りの鉄道路線図を描いたボール紙でふたをする。中身は炊込飯にブナシメジをたくさん載せ、帆立天1個にとんぶりとイクラも少々載せて、ハタハタ揚、ちょろぎ酢漬、いぶりがっこ、こごみ胡麻和えなどを添える。中身が秋田だらけ、万人受けしないであろう秋田感が満点で、自宅で食べても旅気分が盛り上がる。

 五能線は昭和の昔から風情あるローカル線として地味な人気を集めていたが、1993年に沿線の白神山地が世界遺産に指定されたことで人気が爆発、今や一日最大3往復のクルージングトレインが走る観光路線へと変貌した。一方で普通の鈍行列車は激減し、観光列車が運転されていないと旅程も組めない。

【奥羽本線秋田(あきた)駅】1902(明治35)年10月21日開業 秋田県秋田市中通7丁目
【株式会社関根屋】秋田県秋田市東通一丁目1番26号 TEL:018(833)6461
 http://www.sekineya.jp/
【終売】鰰(はたはた)すめし(1,000円) 2003年1月14日に京王百貨店駅弁大会で購入

掛紙 外観 中身

 日本唯一のハタハタ駅弁。井形の正方形の容器のふたを開けると、酢飯の上に錦糸卵を敷いたうえでハタハタの照焼が3切れほど載っており、片隅にはキャビアのように見える秋田名物トンブリが添えられる。米は秋田米あきたこまちを使用。

 かつて秋田の庶民の味であったハタハタは、1960年代には毎年約2万トンもあった漁獲量が1991年には70トンに激減、すっかり高級食材となってしまう。1992年からは3年間を禁漁とし、以後も秋田県が漁獲量を制限し、資源の回復を待った。

 これが功を奏したのかどうか、1999年からの青森・秋田・山形・新潟の各県による資源管理協定が効いたのか、2002年頃からハタハタの漁獲高が回復、青森県では昭和40年代の最盛期に迫る千トン/年、秋田県でも2千〜3千トン/年程度の水揚げをコンスタントに保てるようになっている。

※2010年3月補訂:ハタハタ資源の回復を追記

【奥羽本線秋田(あきた)駅】1902(明治35)年10月21日開業 秋田県秋田市中通7丁目
【株式会社関根屋】秋田県秋田市東通一丁目1番26号 TEL:018(833)6461
 http://www.sekineya.jp/
日本海ハタハタすめし弁当(1,000円) 2006年1月14日に京王百貨店駅弁大会で購入

掛紙 外観
外観 中身 中身

 上記駅弁の2006年版か。価格や容器の構造や基本的な中身に変化はなく、風味も良好さを保ったまま、紙ぶたの絵柄が派手に変わり、商品名も読みやすくパソコンで扱いやすい文字に変わった。

 この駅弁の収穫時点で、秋田駅前は地価が一年で3/4になるような日本一級の空洞化に見舞われている。市街地の拡散や病院の移転や迂回道路や整備など、政界も財界も含めたオール秋田県で進めた様々な空洞化推進策の成果でもあるのだが、立派なアーケードの右も左も広大な空き地という光景は珍しいし、ある意味で象徴的。駅下の道路新設に投じる730億円があれば、それらの土地に立派な施設が建つなとも思った。

【奥羽本線秋田(あきた)駅】1902(明治35)年10月21日開業 秋田県秋田市中通7丁目
【株式会社関根屋】秋田県秋田市東通一丁目1番26号 TEL:018(833)6461
 http://www.sekineya.jp/
←前は[秋田駅こまちの駅弁] | 次は[秋田駅その他お魚の駅弁]→

2001年6月17日開設 2007年3月6日更新
URL : http://kfm.sakura.ne.jp/ekiben/
Copyright (C) 2001-2015 まっこうくじら All Rights Reserved.