banner  旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東日本 秋田(あきた)駅2009年9月22日訪問Googleマップ
JR-East Akita Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から新幹線「こまち」号で約4時間、秋田新幹線の終点であり、奥羽本線と羽越本線が接続し男鹿線列車が乗り入れる駅。秋田市は秋田県の中央に位置し日本海に面した人口約32万人の城下町で、8月の竿燈祭には130万人もの観光客が押し寄せる。駅弁は国鉄時代からの駅弁屋とJR子会社などの商品が、改札内の駅弁売店と改札外のキヨスクで買える。1902(明治35)年10月21日開業、秋田県秋田市中通7丁目。

秋田比内地鶏重(1,400円)2015年10月4日に東京駅駅弁売店「駅弁屋 祭」で購入
Akita Hinai Jidori Ju

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

2015(平成27)年8月までに発売か。秋田駅の鶏飯駅弁や比内地鶏の駅弁では最高額のもの。JR東日本の駅弁キャンペーン「駅弁味の陣2015」にエントリー。鶏飯を鶏照焼、鶏ハム、鶏そぼろなどで覆い、鶏ミニメンチカツなどを添える、比内地鶏肉づくし。固めに締まる鶏に加えて、こごみ胡麻和え、いぶりがっこ、じゅんさい、とんぶり入りかまぼこという脇役にこそ味わいがあり、現地で食べれば秋田の旅と味を印象づけることだろう。

販売駅
奥羽本線 秋田(あきた)駅 1902(明治35)年10月21日開業 秋田県秋田市中通7丁目
調製元
株式会社 関根屋 秋田県秋田市東通一丁目1番26号 018(833)6461 http://www.sekineya.jp/

白神鶏わっぱ(1,050円)2009年1月8日に京王百貨店駅弁大会で購入
Shirakami Tori Wappa

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

京王百貨店駅弁大会での一企画『頑張れ!ローカル線』向け実演販売商品として、2009(平成21)年1月8日に登場、秋田駅と観光列車「リゾートしらかみ」車内販売でもその直前の1月3日から販売が開始された駅弁。楕円形の木目調発泡材枠容器を、白神山地や同列車の写真を掲載したボール紙の枠にはめる。

中身は鶏ガラスープで炊いた秋田米あきたこまちの御飯の上に、比内地鶏の鶏肉煮とゴマそぼろに加えてマイタケにアワビダケにとんぶりを敷き詰め、ハタハタのうま煮、じゅんさいの酢の物、いぶりがっこを添えるもの。

風味も食感も含めて食べてうまい鶏駅弁であり、中身に秋田をびんびんに感じられる駅弁であり、パッケージの絵柄や記載情報が旅を誘う駅弁であり、これはとても良い駅弁ができたものだ。駅弁大会が終わっても現地で長く親しまれるのではないかと思う。価格は購入当時で1,000円、2016年時点で1,050円。

1997年4月の秋田新幹線開業と同時に登場した、五能線を経由する観光快速列車「リゾートしらかみ」は、1993年に登録された世界遺産「白神山地」のメディアでの絶え間ない広告宣伝と、昭和の頃から鉄道や旅行のプロが名車窓と絶賛する五能線の評判に、JR東日本の首都圏駅での強力な宣伝が重なり、4両編成一日3往復もの運転がすっかり定着した。個人的にはその前の1988〜1996年に五能線で走っていた観光鈍行列車「ノスタルジックビュートレイン」のほうが、のんびりゆったりしていて好きだったのだが。

販売駅
奥羽本線 秋田(あきた)駅 1902(明治35)年10月21日開業 秋田県秋田市中通7丁目
調製元
株式会社 関根屋 秋田県秋田市東通一丁目1番26号 018(833)6461 http://www.sekineya.jp/

秋田比内地鶏のいいとこどり弁当(1,000円)2007年10月13日にユニーイセザキ店駅弁大会で購入
Akita Hinai Jidori no Iitokodori Bento

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身

JR東日本発足20周年記念駅弁の秋田駅版として、2007(平成19)年に登場。少々小柄な長方形の発泡材容器に透明なふたをして、商品名に鶏となまはげのイラストを書いたボール紙の枠にはめる。中身は白御飯の上に鶏ぶつ切り煮と粒状感のある鶏そぼろを敷き、大根漬といぶりがっこを貼り、ササミフライやぜんまい、ごぼう、昆布巻、がんもどきを添えるもの。価格は発売時や購入当時で950円、2016年時点で1,000円。

下記「秋田比内地鶏こだわり鶏めし」のお手軽版といった感じで、気張りなく食べられる。しかし2007年10月21日に吹き出した偽装比内地鶏騒動のとばっちりを、今は大きく受けているのではないかと思う。

※2016年10月補訂:値上げを追記
販売駅
奥羽本線 秋田(あきた)駅 1902(明治35)年10月21日開業 秋田県秋田市中通7丁目
調製元
株式会社 関根屋 秋田県秋田市東通一丁目1番26号 018(833)6461 http://www.sekineya.jp/

秋田比内地鶏こだわり鶏めし(1,050円)2004年11月3日に小田急百貨店藤沢店駅弁大会で購入
Akita Hinai Jidori Kodawari Tori Meshi

掛紙 掛紙
外観 外観 中身

駅弁大会シーズンに向けて投入した、2004(平成16)年秋の新製品か。赤いトレーを接着した発泡材枠の長方形容器に透明なふたをして、ゴージャスな雰囲気のデザインなボール紙の枠にはめる。中身は比内地鶏の出汁で炊いたという茶飯の上に、比内地鶏を胡麻混じりのそぼろ・照焼・つくねの三種で載せ、人参と大根のいぶりがっこを加え、じゅんさいやぜんまいを添える、秋田色が豊かな内容。

鶏飯駅弁にしてはあっさり、さっぱりとした風味。鶏そぼろに胡麻が混じって風味や食感にアクセントが付いた。秋田駅でも販売される著名な大館の鶏めしと、コンセプトをうまく差別化できたと思うし、味も良い感じ。価格は発売時や購入当時で1,050円、2016年時点で1,000円。

比内鶏は1942年7月に国の天然記念物に指定。だから食用禁止という情報と、もともと食用鶏だから今も食用OKという情報があり、どちらが正しいか分からないが、仮に後者が正解としても数が少ないので駅弁で手軽にとはいかない模様。1970年代に秋田県畜産試験場が、オスの比内鶏とメスのロードアイランレッド種を交配した一代雑種「比内地鶏」を開発、こちらが駅弁や秋田料理レストランなどで提供される。

※2016年10月補訂:値下げを追記
販売駅
奥羽本線 秋田(あきた)駅 1902(明治35)年10月21日開業 秋田県秋田市中通7丁目
調製元
株式会社 関根屋 秋田県秋田市東通一丁目1番26号 018(833)6461 http://www.sekineya.jp/

秋田比内地鶏こだわり鶏めし(1,200円)2005年1月23日に京王百貨店駅弁大会で購入
Akita Hinai Jidori Kodawari Tori Meshi

掛紙 掛紙 外観 外観 中身

上記駅弁の加熱機能付き容器版で、同じく2004(平成16)年秋の新製品か。円形の加熱機能付き容器を、通常版と同じデザインのボール紙パッケージにはめる。中身は比内地鶏の出汁で炊いたという茶飯の上に、比内地鶏の輪切りを数切れに姫竹やいぶりがっこなどを載せる。

鶏飯なのに鶏肉が非常に少なく、これで通常版と同価格を実現したのだろうが、加熱の効果もあってか、その鶏肉はまるでとろけるような感じで、風味や内容は通常版とは別物であると見なしてよい。うまくその名前が広まれば、秋田駅の名物駅弁になると思う。価格は購入当時で1,050円、2016年時点で1,200円。

※2016年10月補訂:値上げを追記
販売駅
奥羽本線 秋田(あきた)駅 1902(明治35)年10月21日開業 秋田県秋田市中通7丁目
調製元
株式会社 関根屋 秋田県秋田市東通一丁目1番26号 018(833)6461 http://www.sekineya.jp/

【終売】山菜鶏釜めし(900円)2011年1月24日に京王百貨店駅弁大会で購入
Sansai Tori Kamameshi (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2010〜2011年の駅弁大会シーズンに向けた投入か。陶製の釜型容器にプラスティック製のふたをして、商品名を書いた黄緑色の掛紙をかける。中身は炊込飯の上を鶏照焼、鶏つくね、ゼンマイ、マイタケで覆い、クリといぶりがっこを添えるもの。もちっとした茶飯がうまく、マイタケやゼンマイにも合う。中央本線小淵沢駅でも過去に同じ名前で似た内容の駅弁が出ている。2013年までの販売か。

※2016年10月補訂:終売を追記
販売駅
奥羽本線 秋田(あきた)駅 1902(明治35)年10月21日開業 秋田県秋田市中通7丁目
調製元
株式会社 関根屋 秋田県秋田市東通一丁目1番26号 018(833)6461 http://www.sekineya.jp/

【終売】秋田比内地鶏弁当(1,100円)2009年9月22日に秋田駅改札脇コンビニキオスクで購入
Akita Hinai Jidori Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2007〜2008年の駅弁大会シーズンまでには登場か。半透明なプラ製トレーを入れた正方形の発泡材容器に透明なふたをして、割りばしを置いてボール紙の枠にはめて輪ゴムで留める。中身は茶飯の上を錦糸卵と鶏照焼と鶏そぼろで覆い、シイタケとニンジンとフキの煮物といぶりがっこを添えるもの。少量高価は見逃すとしても、内容の見せ方や置き方が千円超の高額駅弁らしからぬもの。これで「こだわりの伝承」とは恥ずかしい。商品として誕生間もないから、これから伝承を創っていくのかもしれない。

パッケージの上面には泉秋軒と伯養軒の名が並び、側面には「泉秋軒と伯養軒のコラボレーション駅弁」とあり、調製シールには泉秋軒の文字のみがある。会社精算と事業譲渡で秋田からは消えたはずの伯養軒が、なぜここにいるのかは分からないが、見た感じでは現地では泉秋軒を、駅弁催事への輸送では伯養軒のブランドを使いその仙台支社を名乗っている模様。購入品は「駅弁の達人」マークが調製シールで隠れ、他に泉秋軒の文字がないパッケージや、伯養軒の文字をシールで隠したものもあるようだ。

なお、調製元が2014年4月に自己破産したそうで、この駅弁は現在は買えないものと思われる。

※2014年5月補訂:終売を追記
販売駅
奥羽本線 秋田(あきた)駅 1902(明治35)年10月21日開業 秋田県秋田市中通7丁目
調製元
有限会社 泉秋軒 秋田県秋田市雄和田草川字太田25−1 018(886)8940

【掛紙】秋田比内地鶏 鶏めし(?円)2001年1月29日に秋田で購入
Akita Hinai Jidori Tori Meshi

掛紙

2001(平成13)年1月29日の調製と思われる、昔の秋田駅弁?の紙蓋。東北北海道旅行の帰路に立ち寄った、秋田駅か羽後本荘駅で購入したような気がするものの、紙蓋の実物を見れば駅弁でないことが明らかだし、中身も含めてどうも思い出せない。

販売駅
奥羽本線 秋田(あきた)駅 1902(明治35)年10月21日開業 秋田県秋田市中通7丁目
調製元
秋田四季菜