banner  旅の友「駅弁」。
 館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東日本 秋田(あきた)駅2009年9月22日訪問Googleマップ
JR-East Akita Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から新幹線「こまち」号で約4時間、秋田新幹線の終点であり、奥羽本線と羽越本線が接続し男鹿線列車が乗り入れる駅。秋田市は秋田県の中央に位置し日本海に面した人口約32万人の城下町で、8月の竿燈祭には130万人もの観光客が押し寄せる。駅弁は国鉄時代からの駅弁屋とJR子会社などの商品が、改札内の駅弁売店と改札外のキヨスクで買える。1902(明治35)年10月21日開業、秋田県秋田市中通7丁目。

天然真鯛弁当(1,200円)2015年8月2日に東京駅の駅弁売店「駅弁屋 祭」で購入
Tennen Madai Bento

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2015(平成27)年1〜2月頃の発売か。見た目も調製元も秋田駅の駅弁であるが、東京駅や大宮駅などの首都圏のNREの駅弁売店での収穫報告しか見たことがないため、東京限定の商品である可能性がある。商品名を大きく書いたボール紙の枠にはめる容器の中身は、味付飯をマダイ煮、タコそぼろ、錦糸卵、野沢菜ちりめんで覆い、フキ油炒め、玉子焼、かまぼこ、いぶりがっこを添えるもの。濃いめの味付けがいろいろ入る、魚弁当というより肉なし弁当。

販売駅
奥羽本線 秋田(あきた)駅 1902(明治35)年10月21日開業 秋田県秋田市中通7丁目
調製元
株式会社 関根屋 秋田県秋田市東通一丁目1番26号 018(833)6461 http://www.sekineya.jp/

【終売】キングサーモン弁当(1,150円)2013年7月6日に東京駅の駅弁売店「駅弁屋 祭」で購入
King Salmon Bento (end of sales)

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

下記「キングサーモン弁当」の、2013年時点での姿。中身はほぼ同じで、キャラクター入りの派手な掛紙をおとなしいボール紙製パッケージに変えた。価格は購入当時で1,100円、2014年時点で1,150円。2015年までの販売か。

※2017年8月補訂:終売を追記
販売駅
奥羽本線 秋田(あきた)駅 1902(明治35)年10月21日開業 秋田県秋田市中通7丁目
調製元
株式会社 関根屋 秋田県秋田市東通一丁目1番26号 018(833)6461 http://www.sekineya.jp/

【終売】キングサーモン弁当(1,100円)2012年1月13日に京王百貨店駅弁大会で購入
King Salmon Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2012(平成24)年1月の発売は、京王百貨店駅弁大会での輸送販売に向けたものか。真っ黒な発泡材枠容器に透明なふたをして、商品名にマンガ「釣りキチ三平」の主人公やタイトルを描いた掛紙をかける。中身は味付飯をキングサーモンの照焼、錦糸卵、しそわかめ、イクラ醤油漬などで覆い、玉子焼、ごぼう、いぶりがっこを添えるもの。焼鮭弁当にしては割高に思えるが、味は良い。これから釣りキチ三平の駅弁をシリーズ化していくのだろうか。

販売駅
奥羽本線 秋田(あきた)駅 1902(明治35)年10月21日開業 秋田県秋田市中通7丁目
調製元
株式会社 関根屋 秋田県秋田市東通一丁目1番26号 018(833)6461 http://www.sekineya.jp/

【終売】はらこわっぱめし(1,000円)2009年9月22日に秋田駅改札脇コンビニキオスクで購入
Harako Wappameshi (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2005〜2006年頃に登場か。楕円形の発泡材容器を、鮭とはらこ(イクラ)の写真と商品名を印刷した正方形の掛紙で包む。中身は茶飯にイクラと焼鮭を散らした、宮城名物の鮭はらこめし。東北地方の駅弁販売駅では伯養軒の駅弁でありふれた味、しかし何度食べてもうまい味。調製元の泉秋軒は2005年夏に伯養軒の秋田支店を譲り受けた後継業者で、調製シールの形式や、これを掛紙の中央付近に絵柄を隠して貼る点も、伯養軒の文化を受け継いでいるような。

なお、調製元が2014年4月に自己破産したそうで、この駅弁は現在は買えないものと思われる。

※2014年5月補訂:終売を追記
販売駅
奥羽本線 秋田(あきた)駅 1902(明治35)年10月21日開業 秋田県秋田市中通7丁目
調製元
有限会社 泉秋軒 秋田県秋田市雄和田草川字太田25−1 018(886)8940