banner 旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車
ロビー(TOP)】  【ご利用案内】  【館長(管理人)】  【駅弁リンク集】  【お問い合わせ

ロビー(TOP)

駅弁展示室

北海道の駅弁
東北の駅弁
関東の駅弁
東京の駅弁
神奈川の駅弁
北陸の駅弁
中部の駅弁
関西の駅弁
山陽山陰の駅弁
四国の駅弁
九州の駅弁
海外の駅弁

談話室(掲示板)

情報展示室

駅弁入門
駅弁Q&A
駅弁ニュース
駅弁立売情報
駅弁関連書籍
館長の駅弁三傑
駅弁資料集


姉妹サイト

時刻表博士
まっこうくじらの
ウェブサイト


関連サイト

ウェブサイト「空弁資料館」
ウェブサイト
「空弁資料館」


東北の駅弁山形県 > 酒田駅の駅弁 (3種類・2枚収蔵)

←前は[米沢駅その他の駅弁] | 次は[山形県その他の駅弁]→

【掛紙】上等御辨當(30銭) 1928年12月22日調製

昔の駅弁掛紙

 1928(昭和3)年12月22日の調製と思われる、昔の酒田駅弁の掛紙。掛紙に描かれるのは鳥海山であろう。その左下で駅名と名所を記す枠が、鉄道の切符のデザインを模したものであることは、現代では気が付かれないかもしれない。
【掛紙】特製御弁当(300円) 1972年7月24日調製

昔の駅弁掛紙

 1972(昭和47)年7月24日10時の調製と思われる、昔の酒田駅弁の掛紙。鳥海山と稲穂と灯台や海と、防風・防塵・防暑・防寒のための庄内地方独特の作業用覆面「はんこたんな」を付けた庄内おばこが描かれる。
【終売】ササニシキ弁当(740円) 2003年3月1日に酒田駅ホーム上台売りで購入

掛紙 外観 中身

 酒田駅の幕の内駅弁。正方形の発泡材容器に昭和を感じるデザインの掛紙をかけて紙ひもでしばる。中身は日の丸御飯に焼鮭や帆立フライにエビフライ、チキン醤油焼にミートボールなど、おかずの量に困らない幕の内弁当だが、柔らかく香りの高い庄内米ササニシキの御飯はおかず要らずで、気が付いたらおかずだけ残っていそうな駅弁。

 1963年に宮城県で誕生し、昭和後期まで「ササ・コシ」と並び称される米の代表的な銘柄であったササニシキも、粘りの強いコシヒカリ系を好む消費者のニーズに加え、1993年の冷害を機に病害に弱く栽培に難しい欠点から「はえぬき」「ひとめぼれ」などにシェアを奪われ、近年の作付面積は最盛期の一割以下。しかし柔らかく冷めても美味い特性を買う消費者や業界に支えられ、生産量は下げ止まったそうだ。

 なお、2005年秋頃に駅弁業者が駅弁から撤退したようで、この駅弁はもう入手できないと思われる。

※2006年1月補訂:販売現況を追記

【羽越本線酒田(さかた)駅】1914(大正3)年12月24日開業 山形県酒田市幸町一丁目
【酒田弁当販売有限会社】山形県酒田市幸町1−6−26 TEL:0234(22)1202

【終売】鳥海釜めし(820円) 2003年3月1日に酒田駅ホーム上台売りで購入

掛紙 外観 外観 中身

 酒田駅の釜飯駅弁。プラスティック製の釜に掛紙をかけて紙ひもでしばる。中身は庄内米ササニシキの味付御飯の上に鶏肉やエビや錦糸卵や蒲鉾に栗や山菜類を載せる普通の釜飯駅弁も、たっぷり厚く載った具は雑然と置かれているように見えて全体で調和しており、視覚に賑やかで味覚にやわらかい駅弁。

 羽越本線は新津と秋田を結ぶ路線。北陸本線や信越本線直江津・新津(新潟)間に奥羽本線秋田・青森間と合わせて「日本海縦貫線」と呼ばれることもあるくらいで、かつては上野や大阪と秋田や青森を結ぶ長距離列車が多く、新発田・坂町・温海(現:あつみ温泉)・鶴岡・余目・酒田・羽後本荘の各駅に駅弁があった。

 なお、2005年秋頃に駅弁業者が駅弁から撤退したようで、この駅弁はもう入手できないと思われる。

※2006年1月補訂:販売現況を追記

【羽越本線酒田(さかた)駅】1914(大正3)年12月24日開業 山形県酒田市幸町一丁目
【酒田弁当販売有限会社】山形県酒田市幸町1−6−26 TEL:0234(22)1202

【終売】きらきらうえつ弁当(900円) 2003年3月1日に酒田駅ホーム上台売りで購入

掛紙 外観 中身

 新潟・酒田間の観光列車「きらきらうえつ」登場に合わせて2001年11月23日登場。大きな正方形の発泡材容器をすっかり覆う、日本海の夕日の写真と「きらきらうえつ」用車両のイラストを載せた掛紙をかけて紙ひもでしばる。中身はいわゆる幕の内風弁当も、美味い庄内米ササニシキが日の丸御飯でたっぷり入り、筋子ややりいかやミートボールといった駅弁には珍しいおかずもあり、車両のパッチワークを思わせる「きらきらうえつ」色の海老団子が個性を主張する、味の良い人気駅弁。基本的には臨時快速「きらきらうえつ」号内の売店や車内販売で販売されるが、酒田駅でも購入できた。

 お役御免の特急電車を大改装して誕生した「きらきらうえつ」。4両編成中1両がまるまるフリースペースになり、日本海側の大きな窓で車窓を楽しみながら駅弁や利き酒を楽しめる。しかも特急「いなほ」と同じ性能の車両なので羽越線内で特急と同等のスピードを誇りながら、全車普通車指定席の快速列車なので運賃と指定席券(510または310円)で利用できるお得な列車。車内には沿線観光施設のパンフレットや割引券も備わる。

 なお、2005年秋頃に駅弁業者が駅弁から撤退したようで、この駅弁はもう入手できないと思われる。同じ名前と役割を持つ駅弁は、2008年4月から新潟の駅弁業者により販売されている。

※2006年1月補訂:販売現況を追記

【羽越本線酒田(さかた)駅】1914(大正3)年12月24日開業 山形県酒田市幸町一丁目
【酒田弁当販売有限会社】山形県酒田市幸町1−6−26 TEL:0234(22)1202

←前は[米沢駅その他の駅弁] | 次は[山形県その他の駅弁]→

2001年6月17日開設 2006年5月6日更新
URL : http://kfm.sakura.ne.jp/ekiben/
Copyright (C) 2001-2015 まっこうくじら All Rights Reserved.