banner  旅の友「駅弁」。
 館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東日本 米沢(よねざわ)駅2008年2月3日訪問Googleマップ
JR-East Yonezawa Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から新幹線「つばさ」号で2時間強。米沢市は山形県の南端で内陸の盆地に広がる人口約9万人の城下町で、和牛の生産と江戸時代の名君である上杉鷹山が知られる。駅弁は2社がホーム上に駅弁売店を構え、それぞれ何種類もの牛肉弁当を揃えて競争する。1899(明治32)年5月15日開業、山形県米沢市駅前1丁目。

疑義駅弁

【終売】牛肉巻きおにぎり(980円)2011年1月10日に京急百貨店駅弁大会で購入
Gyuniku Maki Onigiri (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2010〜2011年の駅弁大会シーズンに向けて投入か。竹皮編みの長方形容器に、商品名を書いた掛紙を巻く。透明なプラ製トレーに収まる中身は、御飯を牛肉で目張りした球が2個と、シイタケ、ニンジン、ゴボウ、玉子焼、赤かぶ酢漬。ぱさつき感のある牛肉と固いコリコリした御飯は、食べやすさも味も握り飯に適しているが、千円近く払うのならば普通の牛肉駅弁を食べたい。それ以前に、この商品は駅売り向けではなく、駅弁催事向け商品である模様。2012年頃までの販売か。

※2017年8月補訂:終売を追記
販売駅
奥羽本線 米沢(よねざわ)駅 1899(明治32)年5月15日開業 山形県米沢市駅前1丁目
調製元
株式会社 松川弁当店 山形県米沢市アルカディア1丁目808−20 0238(29)0141 http://yonezawaekiben.jp/

【終売】黒毛和牛焼肉牛肉太巻(950円)2010年10月10日に東京駅東日本縦断駅弁大会で購入
Kuroge Wagyu Yakiniku Gyuniku Futomaki (end of sales)

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

2010(平成22)年4月までに840円で登場。黒塗りの長方形の発泡材容器に、商品名と武将を描いた掛紙をかける。中身は商品名どおり、牛肉を飯と海苔で巻く太巻きが6切れ入り、タケノコ、ニンジン、シイタケ、サトイモ、昆布巻、袋入り大根酢漬を添えるもの。

見てのとおり、太巻きの断面に占める牛肉の面積は多め。これを牛肉弁当に均すと肉や飯の分量は多くないと思うが、これは食べやすく味も良く分量も価格もお手軽で、こういう駅弁があってもいい感じ。牛肉太巻だけで600円程度の商品があってもよい。春と秋の東京駅東日本縦断駅弁大会での定番商品になっているが、現地で売られているかは定かでない。2012年か2015年頃までの販売か。

※2017年8月補訂:終売を追記
販売駅
奥羽本線 米沢(よねざわ)駅 1899(明治32)年5月15日開業 山形県米沢市駅前1丁目
調製元
株式会社 松川弁当店 山形県米沢市アルカディア1丁目808−20 0238(29)0141 http://yonezawaekiben.jp/