banner 旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車
ロビー(TOP)】  【ご利用案内】  【館長(管理人)】  【駅弁リンク集】  【お問い合わせ

ロビー(TOP)

駅弁展示室

北海道の駅弁
東北の駅弁
関東の駅弁
東京の駅弁
神奈川の駅弁
北陸の駅弁
中部の駅弁
関西の駅弁
山陽山陰の駅弁
四国の駅弁
九州の駅弁
海外の駅弁

談話室(掲示板)

情報展示室

駅弁入門
駅弁Q&A
駅弁ニュース
駅弁立売情報
駅弁関連書籍
館長の駅弁三傑
駅弁資料集


姉妹サイト

時刻表博士
まっこうくじらの
ウェブサイト


関連サイト

ウェブサイト「空弁資料館」
ウェブサイト
「空弁資料館」


東北の駅弁山形県 > 米沢駅 > 牛ステーキの駅弁 (2種類収蔵)

←前は[米沢駅牛肉巻の駅弁] | 次は[米沢駅その他牛肉の駅弁]→

JR東日本 米沢(よねざわ)駅 2008年2月3日訪問  Googleマップ

駅名標 駅舎 駅構内

 東京駅から新幹線「つばさ」号で2時間強。米沢市は山形県の南端で内陸の盆地に広がる人口約9万人の城下町で、和牛の生産と江戸時代の名君である上杉鷹山が知られる。駅弁は2社がホーム上に駅弁売店を構え、それぞれ何種類もの牛肉弁当を揃えて競争する。1899(明治32)年5月15日開業、山形県米沢市駅前1丁目。

疑義駅弁 牛ハラミステーキ丼(1,200円) 2015年1月10日に京王百貨店駅弁大会で購入

掛紙 掛紙 外観 外観
中身 中身 中身

 2014(平成26)年4月の発売か。駅弁の名前のとおり、そしてパッケージの写真のとおり、発泡材の丼に白御飯を敷き、牛ハラミ肉のサイコロステーキとカットステーキ、タマネギ炒め、スクランブルエッグ、ダイコン酢漬けで覆う牛肉丼。冷たいのに柔らかくかみ切れる牛焼肉の味を、タマゴとタマネギがうまく補佐する。

 この駅弁はスーパーやデパートとNREの駅弁大会でのみ取り扱われる模様。米沢駅の牛肉駅弁は、東京駅へ行けばなんでも買える。価格は購入当時で1,150円、2015年時点で1,200円。

【奥羽本線米沢(よねざわ)駅】1899(明治32)年5月15日開業 山形県米沢市駅前1丁目
【有限会社松川弁当店】山形県米沢市アルカディア1丁目808−20 TEL:0238(29)0141
 http://yonezawaekiben.jp/
米澤牛肉物語ステーキ三昧(3,150円) 2008年10月13日に東京駅「東日本縦断駅弁大会」で購入

掛紙 外観 外観
中身 中身 中身

 同名の駅弁を2008年にリニューアル。専用紙箱の容器をそのまま流用し、旧価格1,500円を新価格のシールで隠したうえで、上面に「米澤牛」のシールを貼っている。黒いトレーに収まる中身は、ひとつが白御飯だけ、もうひとつがレタスを敷いた牛ステーキにニンジンとポテトフライとシメジとミニトマト、タケノコやサトイモやゴボウなどの煮物に玉子焼、ふきみそ、菊酢漬など。

 見た目は千円の焼き肉弁当。なんでこんなに高いのかと文句を言いながら食べ始めて、牛肉に手を付ければ、これはうまいぞと手のひらを返すはず。素材の確かな柔らか牛肉は、タレをまとわず塩とコショウだけで味付けられ、常温での風味食感が輝いている。特段の案内はないが、おそらく要予約商品だろう。

【奥羽本線米沢(よねざわ)駅】1899(明治32)年5月15日開業 山形県米沢市駅前1丁目
【有限会社松川弁当店】山形県米沢市アルカディア1丁目808−20 TEL:0238(29)0141
 http://yonezawaekiben.jp/
←前は[米沢駅牛肉巻の駅弁] | 次は[米沢駅その他牛肉の駅弁]→

2001年6月17日開設 2015年12月4日更新
URL : http://kfm.sakura.ne.jp/ekiben/
Copyright (C) 2001-2015 まっこうくじら All Rights Reserved.