banner  旅の友「駅弁」。
 館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東日本 米沢(よねざわ)駅2008年2月3日訪問Googleマップ
JR-East Yonezawa Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から新幹線「つばさ」号で2時間強。米沢市は山形県の南端で内陸の盆地に広がる人口約9万人の城下町で、和牛の生産と江戸時代の名君である上杉鷹山が知られる。駅弁は2社がホーム上に駅弁売店を構え、それぞれ何種類もの牛肉弁当を揃えて競争する。1899(明治32)年5月15日開業、山形県米沢市駅前1丁目。

米沢名物牛そぼろ(1,050円)2017年10月7日に横浜駅の駅弁大会で購入
Yonezawa Meibutsu Gyusoboro

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

米沢駅で有名な駅弁「牛肉どまん中」の、牛ロースの代わりに玉子そぼろを入れたもので、牛そぼろと一緒でそぼろ弁当となる。牛肉の分量が少ない分、価格は牛肉どまん中の200円オフ。味や肉以外の分量は変わらないため、なんとなく弁当を買い求める新幹線利用の用務客へは、この価格が訴求力を持つはず。

※2017年10月補訂:写真を更新、駅弁名の変更を反映
※2017年8月補訂:値上げを追記
販売駅
奥羽本線 米沢(よねざわ)駅 1899(明治32)年5月15日開業 山形県米沢市駅前1丁目
調製元
有限会社 新杵屋 山形県米沢市東3−1−1 0238(22)1311 http://www.shinkineya.com/

【掛紙】米沢牛そぼろ弁当(800円)2002年2月2日に上野松坂屋駅弁大会で購入
Yonezawagyu Soboro Bento

掛紙

2002(平成14)年2月2日に購入した、米沢駅弁の掛紙。後の「米沢名物牛そぼろ」は、当時は「米沢牛そぼろ弁当」という名前であった。中身や味は変わらない。

販売駅
奥羽本線 米沢(よねざわ)駅 1899(明治32)年5月15日開業 山形県米沢市駅前1丁目
調製元
有限会社 新杵屋 山形県米沢市東3−1−1 0238(22)1311

牛肉道場(1,150円)2015年10月5日に品川駅コンコース駅弁大会で購入
Gyuniku Dojo

掛紙 掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

1992(平成4)年7月1日の山形新幹線開業に合わせて登場した駅弁。ボール紙のパッケージの中に楕円形の容器を入れる。中身は白飯の上に牛肉のそぼろと薄切りロースをたっぷり載せて、付け合わせとして生姜の他に金時いも・昆布巻・酢レンコン・シソ巻を入れ、牛肉以外の香りも漂ってくる。新杵屋の「牛肉どまん中」に真っ向から勝負を挑む。価格は2015年の購入当時で1,150円、2017年時点で1,200円。

※2017年8月補訂:値上げを追記
※2015年11月補訂:写真を更新
販売駅
奥羽本線 米沢(よねざわ)駅 1899(明治32)年5月15日開業 山形県米沢市駅前1丁目
調製元
株式会社 松川弁当店 山形県米沢市アルカディア1丁目808−20 0238(29)0141 http://yonezawaekiben.jp/

【掛紙】牛肉道場(1,020円)2001年10月28日に品川駅コンコース駅弁大会で購入
Gyuniku Dojo

掛紙

2001(平成13)年10月28日の調製である、米沢駅弁のパッケージ。14年後と何も変わらないように見えて、大きく縦書きする駅弁名の左右のフレーズが差し替えられている。

販売駅
奥羽本線 米沢(よねざわ)駅 1899(明治32)年5月15日開業 山形県米沢市駅前1丁目
調製元
有限会社 松川弁当店 山形県米沢市駅前3−5−3 0238(23)0725

駅弁屋さんの牛そぼろ(368円)2008年5月9日に八食センターで購入
Ekibenyasan no Gyusoboro

掛紙 掛紙 外観 外観 外観 中身 中身

2008(平成20)年3月1日に釧路八戸米沢都城の4種が登場した駅弁屋の監修によるレトルト弁当の派生商品として、米沢と都城の2種で出た瓶詰め。甘辛く煮た牛フレークが詰まった瓶を、レトルト弁当と意匠を合わせたのボール紙の枠にはめる。食べればなるほど、米沢駅弁の味。

販売元
日本水産 株式会社 東京都千代田区大手町2の6の2 0120-837-241