banner  旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東日本 米沢(よねざわ)駅2008年2月3日訪問Googleマップ
JR-East Yonezawa Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から新幹線「つばさ」号で2時間強。米沢市は山形県の南端で内陸の盆地に広がる人口約9万人の城下町で、和牛の生産と江戸時代の名君である上杉鷹山が知られる。駅弁は2社がホーム上に駅弁売店を構え、それぞれ何種類もの牛肉弁当を揃えて競争する。1899(明治32)年5月15日開業、山形県米沢市駅前1丁目。

米沢牛わっぱ飯(1,300円)2016年10月9日に横浜駅の駅弁大会「駅弁味の陣2016in横浜」で購入
Kurogewagyu Gyuniku Syumai Bento

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

2016(平成28)年の3月までに発売か。同年10月のJR東日本の駅弁キャンペーン「駅弁味の陣2016」のエントリー時に、掛紙の絵柄を変えた模様。桶形の円形容器に白御飯を詰め、牛肉煮、牛そぼろ、煮物と錦糸卵と漬物で覆う。米沢牛を名乗るものの、肉への味付けが濃いことと共通であることから、他の米沢の牛丼駅弁と何ら変わらない。つまり、米沢駅の他の牛肉弁当くらいうまい。見栄えは異なるが内容は「牛肉どまん中」に似ている感じ。

販売駅
奥羽本線 米沢(よねざわ)駅 1899(明治32)年5月15日開業 山形県米沢市駅前1丁目
調製元
有限会社 松川弁当店 山形県米沢市アルカディア1丁目808−20 0238(29)0141 http://yonezawaekiben.jp/

黒毛和牛牛肉焼売弁当(1,050円)2010年9月4日に大宮駅「駅弁屋旨囲門」で購入
Kurogewagyu Gyuniku Syumai Bento

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2009(平成21)年10月16日に大宮駅や駅弁催事で登場か。また、掛紙での記載事項から、これは米沢駅の駅弁ではなく米沢を名乗る大宮駅限定商品と思われる。黒塗りの長方形な発泡材容器に透明なふたをして、派手で目出度い絵柄の掛紙を巻く。中身は半分が白御飯の上を牛肉煮と牛そぼろと錦糸卵でストライプを描く牛飯、半分が牛肉焼売5個と漬物。

味はいつもの米沢駅弁や米沢駅を名乗る駅弁の味、と思いきや、今回はずいぶんと牛肉の脂肪や筋が固く、焼売に混ぜた牛挽肉は異物かと思うほど歯にゴリゴリ当たった。こんな品質の黒毛和牛を使うのならば輸入牛肉のほうが良いのではと思った。価格は発売時や購入当時で950円、2016年時点で1,050円。

※2016年11月補訂:値上げを追記
販売駅
奥羽本線 米沢(よねざわ)駅 1899(明治32)年5月15日開業 山形県米沢市駅前1丁目
調製元
有限会社 松川弁当店 山形県米沢市アルカディア1丁目808−20 0238(29)0141 http://yonezawaekiben.jp/

網焼き牛焼肉弁当(1,100円)2010年1月9日に京王百貨店駅弁大会で購入
Amiyaki Gyu Yakiniku Bento

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2009(平成21)年3月までに登場か。長方形の柔らかな発泡材枠容器に透明なふたをして、商品名を派手に描いたボール紙の枠にはめる。中身は白御飯の上を牛焼肉で覆い、シイタケなどの煮物と玉子焼と柴漬けを添えるもの。今回は柔らかいけど薄い、脂豊かだけど油っぽい、焼いたというより煮たか蒸したような牛肉の風味が現代的。賛否はあると思う。現地ではなく駅弁催事や、東京駅の駅弁売店での販売が主流である模様。価格は購入当時で1,100円、2016年時点で1,150円。

※2016年11月補訂:値上げを追記
販売駅
奥羽本線 米沢(よねざわ)駅 1899(明治32)年5月15日開業 山形県米沢市駅前1丁目
調製元
有限会社 松川弁当店 山形県米沢市アルカディア1丁目808−20 0238(29)0141 http://yonezawaekiben.jp/
疑義駅弁

拙者牛肉侍と申します(1,100円)2008年1月20日に京王百貨店駅弁大会で購入
Sessha Gyuniku Zamurai to Moushimasu

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身

2007〜2008年の駅弁大会シーズンに向けて催事場へ投入した新作か。長方形の発泡材容器に透明なふたをかけ、商品名を熱く描いたボール紙の枠にはめる。中身は白御飯の上に牛角煮、ハンバーグ、牛生姜焼を載せて、玉子焼と柴漬を添えるもの。

3年も前の流行ネタ「ギター侍」を思わせる商品名に失笑し、乱雑かつ適当な具の詰め方に失望したが、味はうまかった。個人ブログでも公式サイトでも時刻表でも米沢駅での販売の実態が出てこないため、催事用の商品かもしれない。2015年時点でも、デパートやスーパーの駅弁催事や東京駅の駅弁売店に、ごくまれに入荷することがある模様。

※2016年11月補訂:販売現況を追記
販売駅
奥羽本線 米沢(よねざわ)駅 1899(明治32)年5月15日開業 山形県米沢市駅前1丁目
調製元
有限会社 松川弁当店 山形県米沢市アルカディア1丁目808−20 0238(29)0141 http://yonezawaekiben.jp/

栄太郎(1,150円)2007年11月3日に東京駅駅弁売店「駅弁屋旨囲門」で購入
Eitaro

掛紙 外観 外観 中身 中身

1995(平成7)年頃の登場か。名物駅弁「牛肉どまん中」と同じ発泡材枠容器に、駅弁名を大きく書いた掛紙を巻く。中身は掛紙に小さく書かれるとおりの牛焼肉弁当。白御飯を3区画に詰め、上にタレに漬けて焼いた牛ロースと牛カルビを貼って1区画、玉子そぼろで1区画、とびっこで1区画。これに玉子焼、蒲鉾、小芋、昆布煮、桜漬を添える。

駅弁名は調製元の社長の名前から取った。同社「牛肉どまん中」に比べて見栄えで牛肉の量が完敗しているが、この肉の味に根強いファンが付いている模様。2007年から急に東京都内の「駅弁屋旨囲門」でよく見るようになった。価格は同年の購入当時で1,000円、2016年時点で1,150円。

※2016年11月補訂:値上げを追記
販売駅
奥羽本線 米沢(よねざわ)駅 1899(明治32)年5月15日開業 山形県米沢市駅前1丁目
調製元
有限会社 新杵屋 山形県米沢市東3−1−1 0238(22)1311 http://www.shinkineya.com/
疑義駅弁

【終売】牛肉たけのこおこわ(950円)2011年3月6日に東京駅東日本縦断駅弁大会で購入
Gyuniku Takenoko Okowa (end of sales)

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

2009〜2010年の駅弁大会シーズンに向けた投入か。竹皮編みの柔らかく細長い長方形容器を、中身を示すイメージ写真を商品名と共に印刷した掛紙を巻く。中身は五目おこわの上に牛肉煮を載せ、タケノコ煮、ナス漬、ニンジンやサトイモなどの煮物、ふきみそ、ダイコンの味噌漬を添えるもの。

掛紙、容器、中身とも見栄えはとても良いが、中身は竹皮柄のボール紙で底上げされて半分が隙間である。少ない飯を覆えない具の少なさ、露出した飯を青く染めるナス漬、苦みしかないふきみそと、どうしてこうなってしまうのかと思うガッカリ作。御飯そのものはおいしかったことが、せめてもの救いである。米沢駅で普段買えることは無いようだが、NREの東京地区の駅弁売店や駅弁大会ではいつでも見掛けたレギュラー商品。2013年までの販売か。

販売駅
奥羽本線 米沢(よねざわ)駅 1899(明治32)年5月15日開業 山形県米沢市駅前1丁目
調製元
有限会社 松川弁当店 山形県米沢市アルカディア1丁目808−20 0238(29)0141 http://yonezawaekiben.jp/

【終売】米沢牛ビビンバ丼(1,500円)2010年11月1日に東京駅「駅弁屋 極」で購入
Yonezawagyu Bibimbap Don (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

黒塗りの小さな正方形の発泡材枠容器に、宣伝が熱いデザインの掛紙を巻く。中身は白御飯を牛肉煮と牛そぼろで半分ずつ覆い、ナムルとキムとと半熟玉子を添えるもの。具が牛肉ばかりで混ぜることもできないとなれば、これはビビンバではなく韓国風牛肉弁当ではないかと思うが、味に影響することはない。

調製元公式サイトと販売箇所では米沢の駅弁を名乗り、実際は東京駅でしか販売されていない点では、また新たな疑義駅弁が出てきた感じ。しかし商品そのものに駅名はなく、市販の時刻表でも東京駅弁の扱いであり、東京駅では普通に販売されているのだから、駅弁であることに間違いはなさそう。2012年までの販売か。

※2016年11月補訂:終売を追記
販売駅
奥羽本線 米沢(よねざわ)駅 1899(明治32)年5月15日開業 山形県米沢市駅前1丁目
調製元
有限会社 松川弁当店 山形県米沢市アルカディア1丁目808−20 0238(29)0141 http://yonezawaekiben.jp/

【終売】米沢のうしめし(1,000円)2007年10月20日に大宮駅「駅弁屋旨囲門」で購入
Yonezawa no Ushi Meshi (end of sales)

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身

山形新幹線の開業15周年を記念して2007(平成19)年7月に登場した期間限定駅弁とされるが、その前から売られていた模様。長方形のトレー接着容器に黒いふたをして、駅弁名と中身の写真や宣伝文句を印刷して山形新幹線15周年シールを貼ったボール紙の枠にはめる。中身は白御飯の上に牛肉うま煮、薄切りの牛肉チャーシュー、牛豚合挽ウインナーを載せ、ごぼうと高菜と味噌しそ巻を添えるもの。

米沢でも全国でも牛丼か牛焼肉が定番の牛肉駅弁において、この内容は個性的。肉の薄さと柔らかさと脂の豊かさが御飯に合い、添付の尾花沢産スイカおろしだれをかけるとみずみずしさも出る。駅売りでも新幹線車内販売でもライバル業者の偉大な「牛肉どまん中」に隠れているが、偶然にこれを選んだ旅客からは絶賛される風味で、知名度を得れば対抗馬になり得る存在。2008年まで売られた模様。

新幹線と在来線はレールの間隔が異なるため直通運転ができない。そこで1992年7月、奥羽本線福島〜山形間のレール間隔を新幹線に合わせて、東京からの直通特急を運転できるようにした。つまり新幹線を建設したわけではないが、愛称の公募で「山形新幹線」が採用されたため、新幹線なのに踏切があるとかスピードが遅いとか電車が小さいとか、誤解や混乱が生じることがある。役所はこれをミニ新幹線と呼んで、普通の新幹線と区別する。

※2016年11月補訂:終売を追記
販売駅
奥羽本線 米沢(よねざわ)駅 1899(明治32)年5月15日開業 山形県米沢市駅前1丁目
調製元
有限会社 松川弁当店 山形県米沢市アルカディア1丁目808−20 0238(29)0141 http://yonezawaekiben.jp/
催事駅弁

【終売】大盛牛づくし(1,500円)2008年10月13日に東京駅「東日本縦断駅弁大会」で購入
Omori Gyu Zukushi (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2008年10月12・13日の両日に東京駅構内で開催された「東日本縦断駅弁大会 〜秋〜」で販売されたお弁当で、全8種が登場した「メガ駅弁」のひとつ。木目調の発泡材製の大きな円形容器に同柄のふたをして、商品名や売り文句を力強く書いた掛紙をかけて、ひもで十字にしばる。中身は山に盛った白御飯の裾野に、牛焼肉、牛すき焼き、牛角煮、牛そぼろを放射状に配置して牛肉だんごを置き、頂上に煮玉子を載せるもの。

分量が通常版の1.5倍というが、米沢駅弁にこれと一致する商品はない。しかし中身は調製元の米沢駅弁に入っているものの詰合せであり、味も当然に同じ。容器の容積に比して控えめの御飯と盛りすぎの牛肉で大盛を演出していた、価格を考えても大満足の牛づくし。米沢駅や山形新幹線車内販売でレギュラー入りすれば、ライバルの「牛肉どまん中」に話題性で対抗できそうだと思う。

販売駅
奥羽本線 米沢(よねざわ)駅 1899(明治32)年5月15日開業 山形県米沢市駅前1丁目
調製元
有限会社 松川弁当店 山形県米沢市アルカディア1丁目808−20 0238(29)0141 http://yonezawaekiben.jp/