banner  旅の友「駅弁」。
 館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東日本 米沢(よねざわ)駅2008年2月3日訪問Googleマップ
JR-East Yonezawa Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から新幹線「つばさ」号で2時間強。米沢市は山形県の南端で内陸の盆地に広がる人口約9万人の城下町で、和牛の生産と江戸時代の名君である上杉鷹山が知られる。駅弁は2社がホーム上に駅弁売店を構え、それぞれ何種類もの牛肉弁当を揃えて競争する。1899(明治32)年5月15日開業、山形県米沢市駅前1丁目。

【終売】米沢名物牛めし(950円)2007年9月8日に江戸東京博物館大鉄道博覧会で購入
Yonezawa Meibutsu Gyumeshi (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身

木目調の小さな発泡材容器に、商品名を書いた掛紙を巻く。真空パックになっている中身は、固結した棒状御飯に味付牛肉を貼り付けたもの。以前に買った下記「松茸入牛肉弁当」は不味かったが、こちらは牛肉のカルビ焼肉っぽい味が良好と感じた。しかし列車内で食べるものではない土産品であることは確かだろう。発売年も終売年も不詳。

※2017年8月補訂:終売を追記
販売駅
奥羽本線 米沢(よねざわ)駅 1899(明治32)年5月15日開業 山形県米沢市駅前1丁目
調製元
株式会社 松川弁当店 山形県米沢市アルカディア1丁目808−20 0238(29)0141 http://yonezawaekiben.jp/

【終売】松茸入牛肉弁当(1,000円)2005年11月3日に小田急百貨店藤沢店駅弁大会で購入
Matsutake iri Gyuniku Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身

2003(平成15)年の秋までに登場か。まきすの長方形容器に駅弁大会受けする色鮮やかな掛紙を巻き、セロテープで留める。中身は真空パックの牛棒飯が1本。これのどこが「牛肉弁当」かと思うし、旅先や車中でどうやって食べるのか。時刻表や公式サイトでは駅弁と紹介されるが、事実上の駅弁催事用商品だろう、米沢駅弁も北海道各地と同様、催事屋や疑義駅弁への道を歩んでいるような。味も松茸の風味や食感は皆無、牛も筋だらけ、飯も固結で、落第品。2010年頃までの販売か。

販売駅
奥羽本線 米沢(よねざわ)駅 1899(明治32)年5月15日開業 山形県米沢市駅前1丁目
調製元
株式会社 松川弁当店 山形県米沢市アルカディア1丁目808−20 0238(29)0141 http://yonezawaekiben.jp/

【終売】元祖米沢牛ずし(1,155円)2004年1月25日に阪神百貨店駅弁大会で購入
Ganso Yonezawa Gyuzushi (end of sales)

掛紙 外観 外観 外観 中身

ボール紙の立体パッケージに小さな長方形の木目調発泡材容器を入れる。中身は酢飯の上に赤い紅花と黄色い吾妻菊と青いうこぎを信号機の順番で混ぜた柔らかな牛肉の板が載るもの。ステーキでも焼肉でもミンチでもない肉は不思議な食感で、少なくとも他の米沢駅牛肉駅弁よりはかなりあっさりしている。2005年頃までの販売か。

「うこぎ」とはウコギ科の植物で、トゲを利用した防犯用と食用を兼ねて米沢地区では鷹山公により垣根にすることが推奨されていたとか。一応、地域の名産品として挙げられるが、米沢のABCと役所が呼ぶリンゴ・牛・鯉など他の名産品に隠れて、知名度は無に近い感じ。

販売駅
奥羽本線 米沢(よねざわ)駅 1899(明治32)年5月15日開業 山形県米沢市駅前1丁目
調製元
株式会社 松川弁当店 山形県米沢市アルカディア1丁目808−20 0238(29)0141 http://yonezawaekiben.jp/