banner  旅の友「駅弁」。
 館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東日本 米沢(よねざわ)駅2008年2月3日訪問Googleマップ
JR-East Yonezawa Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から新幹線「つばさ」号で2時間強。米沢市は山形県の南端で内陸の盆地に広がる人口約9万人の城下町で、和牛の生産と江戸時代の名君である上杉鷹山が知られる。駅弁は2社がホーム上に駅弁売店を構え、それぞれ何種類もの牛肉弁当を揃えて競争する。1899(明治32)年5月15日開業、山形県米沢市駅前1丁目。

牛たん弁当(950円)2010年2月14日にピアゴイセザキ店駅弁大会で購入
Gyutan Bento

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

長方形で黒塗りの赤い発泡材容器に透明なふたをして、商品名と牛タン焼肉の写真を書いた掛紙を巻き、ゴムで留める。中身は白御飯の上に牛タンの塩焼きを貼り付けて、玉子焼や煮物類や柴漬けを添えるもの。

付合せの味付けが濃厚すぎて箸休めの役目を果たしていないが、適度な分量と固さと味付けを持つ牛たん塩焼きが御飯に合う。しかし名前も中身もそのまんま、ライバル他社のパクリになってしまっていた。この商品は非公式・公式とも一切の案内や収穫報告が見あたらず、この駅弁大会シーズンにのみ一部のスーパーの駅弁催事でのみ輸送販売された商品ではないかと想像する。

価格は2010年の購入当時で1,050円。2017年時点で「炭火焼牛たん弁当」から「網焼き牛たん弁当」に改称のうえ1,100円。そんな改称まで他社を模倣している。

※2017年8月補訂:値上げと現況を追記
販売駅
奥羽本線 米沢(よねざわ)駅 1899(明治32)年5月15日開業 山形県米沢市駅前1丁目
調製元
株式会社 松川弁当店 山形県米沢市アルカディア1丁目808−20 0238(29)0141 http://yonezawaekiben.jp/

【終売】道中安全ベコの手形弁当(1,020円)2004年3月27日におそらくフーデックスプレス山下公園店で購入
Dochu Anzen Beko no Tegata Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身

米沢駅松川弁当店版の牛たん弁当。小判型の発泡材容器をオレンジ色のボール紙パッケージにはめる。中身は白御飯の上に牛たん味噌焼をぺたぺたと載せるもの。有名な仙台の牛たん駅弁と比較して、牛たんが厚い分だけ常温の状態では噛み切りにくい感じで、牛たん好きでなければおすすめできないかも。見栄えがするパッケージの記述「美味舌賛」「二枚舌」に洒落っけが効いている。2007年頃までの販売か。

※2017年8月補訂:終売を追記
販売駅
奥羽本線 米沢(よねざわ)駅 1899(明治32)年5月15日開業 山形県米沢市駅前1丁目
調製元
株式会社 松川弁当店 山形県米沢市アルカディア1丁目808−20 0238(29)0141 http://yonezawaekiben.jp/

【終売】米沢牛たん弁当(1,000円)2002年2月2日に上野松坂屋駅弁大会で購入
Yonezawa Gyutan Bento (end of sales)

掛紙 外観 中身

有名駅弁「牛肉どまん中」の牛ロースと牛そぼろの代わりに牛タンを載せたもの。味付けのしっかりした適度な厚さの牛タンスライスがぺたぺたと白御飯の上に敷かれ、その量と満足感は有名な仙台のものを凌ぐと思う。2005年頃までの販売か。

※2017年8月補訂:終売を追記
販売駅
奥羽本線 米沢(よねざわ)駅 1899(明治32)年5月15日開業 山形県米沢市駅前1丁目
調製元
有限会社 新杵屋 山形県米沢市東3−1−1 0238(22)1311 http://www.shinkineya.com/