banner  旅の友「駅弁」。
 館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東日本 原ノ町(はらのまち)駅2005年5月7日訪問Googleマップ
JR-East Haranomachi Station

駅名標 駅舎 駅構内

仙台駅から普通列車で1時間半。南相馬市は福島県浜通りで太平洋に面する、人口約6万人の市。駅弁は過去には2社が、のち「丸屋」が駅舎内そば屋や、東北地方で唯一となるホーム上での立売で駅弁を販売したが、東日本大震災以降は構内営業を休止中。1898(明治31)年4月3日開業、福島県南相馬市原町区旭町。

浜のかにめし(720円)2002年8月16日に原ノ町駅ホーム上台売りで購入
Hama no Kanimeshi

掛紙 外観 中身

発泡材の長方形容器を、水色の掛紙ですっぽりと覆う。中身は御飯の上にカニのペーストを載せ、椎茸と紅ショウガで飾るもの。このカニのペーストが、かにフレークとタケノコと胡椒その他を絶妙な分量で混ぜたもので、ほんのり御飯に溶け込む感じで味も風味も食感も抜群。カニ飯駅弁ながら、カニの風味が前面には出ていない、北海道・北陸・山陰地方のカニ飯駅弁のいずれにも似ない独特の駅弁。掛紙のデザインも風情があって良い。

なお、調製元が2011年3月以降、駅弁屋を休業しているため、原ノ町駅では2014年5月現在で駅弁を買うことはできない。調製元のホテルは営業中で、駅そばは調製元のレストラン内で2011年8月に営業を再開。

※2014年5月補訂:販売現況を追記
販売駅
常磐線 原ノ町(はらのまち)駅 1898(明治31)年4月3日開業 福島県南相馬市原町区旭町
調製元
合資会社 丸屋 福島県南相馬市原町区旭町2−28 0244(23)6221 http://www.maru-ya.jp/

汐干がり弁当(920円)2005年5月7日に原ノ町駅ホーム上立売で購入
Shiohigari Bento

掛紙 外観 外観 中身 中身

楕円形の発泡材容器に同じ形の木目調紙蓋をかけて、昔ながらの潮干狩り風景を描いた掛紙で包み、紙ひもでしばる。中身は茶飯の上にアサリをたっぷり敷き詰めて、海老2尾や玉子焼やかき揚げなどを添えるもの。あさりごはんの駅弁は熊本と木更津とここだけか。軽く柔らかな食感と風味が特徴で、商品ではなくお弁当を食べているという感覚になれる。

この駅弁の掛紙にもあるとおり、原町(地名に「ノ」は付かない)の名物は昔も今も相馬野馬追。平将門の軍事訓練が起源とも言われ、毎年7月23〜25日に旧相馬藩の各地で催される一連の行事は、国の重要無形民俗文化財に指定される。

なお、調製元が2011年3月以降、駅弁屋を休業しているため、原ノ町駅では2014年5月現在で駅弁を買うことはできない。調製元のホテルは営業中で、駅そばは調製元のレストラン内で2011年8月に営業を再開。

※2014年5月補訂:販売現況を追記
販売駅
常磐線 原ノ町(はらのまち)駅 1898(明治31)年4月3日開業 福島県南相馬市原町区旭町
調製元
合資会社 丸屋 福島県南相馬市原町区旭町2−28 0244(23)6221 http://www.maru-ya.jp/

アッツアッツほっきめし弁当(920円)2005年5月7日に原ノ町駅ホーム上立売で購入
Attsuattsu Hokkimeshi Bento

掛紙 外観 外観 中身 中身

楕円形の発泡材容器に同じ形の木目調紙蓋をかけて、海と漁船とホッキ貝を描いた掛紙で包み、紙ひもでしばる。中身は茶飯の上に味付けホッキ貝の千切りをまぶし、海老2尾や玉子焼やかき揚げなどを添えるもの。ホッキ貝の駅弁は最近増えてきたが、ここのものは独特な味付けと手作り感が特徴で、商品ではなくお弁当を食べているという感覚になれる。

なお、本来の「アッツアッツほっきめし弁当」は1,020円で加熱機能付き容器を用いるが、これはそうではない。価格を920円に訂正しているので、掛紙を共用しているか、たまたま使ったのだろう。中身はおそらくどちらも変わらず、常温でも美味い。

なお、調製元が2011年3月以降、駅弁屋を休業しているため、原ノ町駅では2014年5月現在で駅弁を買うことはできない。調製元のホテルは営業中で、駅そばは調製元のレストラン内で2011年8月に営業を再開。

※2014年5月補訂:販売現況を追記
販売駅
常磐線 原ノ町(はらのまち)駅 1898(明治31)年4月3日開業 福島県南相馬市原町区旭町
調製元
合資会社 丸屋 福島県南相馬市原町区旭町2−28 0244(23)6221 http://www.maru-ya.jp/

あつあつ鮭めし(920円)2005年5月7日に原ノ町駅ホーム上立売で購入
Atsuatsu Sakemeshi

掛紙 外観 外観 中身 中身

楕円形の発泡材容器に同じ形の木目調紙蓋をかけて、鮭と網を描いた掛紙で包み、紙ひもでしばる。中身は茶飯の上に鮭ほぐし身とイクラと椎茸をまぶした鮭めしに、海老2尾や玉子焼やかき揚げなどを添えるもの。鮭やイクラの駅弁などいくらでもあるが、ここのものは自然な風味と手作り感が特徴で、商品ではなくお弁当を食べているという感覚になれる。

なお、本来の「あつあつ鮭めし」は1,020円で加熱機能付き容器を用いるが、これはそうではない。価格を920円に訂正しているので、掛紙を共用しているか、たまたま使ったのだろう。中身はどちらも変わらず、常温でも美味い。

なお、調製元が2011年3月以降、駅弁屋を休業しているため、原ノ町駅では2014年5月現在で駅弁を買うことはできない。調製元のホテルは営業中で、駅そばは調製元のレストラン内で2011年8月に営業を再開。

※2014年5月補訂:販売現況を追記
販売駅
常磐線 原ノ町(はらのまち)駅 1898(明治31)年4月3日開業 福島県南相馬市原町区旭町
調製元
合資会社 丸屋 福島県南相馬市原町区旭町2−28 0244(23)6221 http://www.maru-ya.jp/

浜べんとう(920円)2005年5月7日に原ノ町駅ホーム上立売で購入
Hama Bento

掛紙 外観 外観 中身 中身

駅弁紹介本でかつてよく紹介されていた駅弁。長方形の発泡材容器に経木のふたをして、漁の光景を描いた掛紙をかけて紙ひもでしばる。中身は6区画にも仕切られ、ホッキめしとかにめしと鮭めし(鮭はらこめし)と付け合わせを詰める。つまり、原ノ町駅弁の各種が凝縮されている。

なお、調製元が2011年3月以降、駅弁屋を休業しているため、原ノ町駅では2014年5月現在で駅弁を買うことはできない。調製元のホテルは営業中で、駅そばは調製元のレストラン内で2011年8月に営業を再開。

※2014年5月補訂:販売現況を追記
※2005年5月補訂:写真の掲載と解説文の全面改訂
販売駅
常磐線 原ノ町(はらのまち)駅 1898(明治31)年4月3日開業 福島県南相馬市原町区旭町
調製元
合資会社 丸屋 福島県南相馬市原町区旭町2−28 0244(23)6221 http://www.maru-ya.jp/