banner  旅の友「駅弁」。
 館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東日本 郡山(こおりやま)駅2006年11月5日訪問Googleマップ
JR-East Koriyama Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京から新幹線「やまびこ」号で約1時間20分、東北新幹線と東北本線、磐越西線、磐越東線が接続し、水郡線の列車が乗り入れる駅。郡山市は福島県の真ん中に位置する人口約34万人の宿場町、明治時代に発展した農業に加えて、鉄道や国道や高速道路が四方から集まる立地に商工業が集積、東北地方で仙台に次ぎ福島を上回る都市圏を形成する。駅弁は国鉄時代からの駅弁屋が駅弁売店で多種の駅弁を販売。1887(明治20)年7月16日開業、福島県郡山市燧田。

ふくしま路おとなの秋ごはん(1,000円)2013年10月13日に東京駅駅弁売店「駅弁屋 祭」で購入
Fukushimaji Otona no Akigohan

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

JR東日本の駅弁キャンペーン「駅弁味の陣2013」へのエントリーに向けて、2013(平成25)年の夏までに発売。長方形の容器にシメジ御飯を詰め、クリとニンジンとマツタケで彩り、サトイモとエビとマイタケの揚げ物、カマボコと玉子焼、きんぴらごぼう、つくね、こんにゃくなどを添える。掛紙写真や実物の見栄えのとおり、うまくないはずがないという感じ。ここでも駅弁の名前に使った「おとなの」とは何だろうかと思う。

販売駅
東北本線 郡山(こおりやま)駅 1887(明治20)年7月16日開業 福島県郡山市燧田
調製元
株式会社 福豆屋 福島県郡山市富久山町久保田字郷花4番地8 024(943)0528 http://www.fukumameya.co.jp/

【終売】まつたけ弁当(900円)2006年11月5日に郡山駅コンコース駅弁売店で購入
Matsutake Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身

正方形の発泡材容器にビニールを載せて木目調のボール紙でふたをして、シンプルにも程がある弁当名しか書かれない掛紙をかけて調製シールを貼り、紙ひもでしばる。中身は茶飯の上に鳥そぼろやレンコンなどを雑に貼り、、薄いが枚数の多い松茸を乱雑に置き、もろみそと柴漬けを添える。

内容的に異色で、松茸の分量も比較的多い松茸駅弁なのだが、ふたを開けると辛味噌と柴漬けの刺激臭が漂い、松茸は鳥そぼろの強い味付けに負けて香りが飛んだ。属地不詳な掛紙にべったり調製シールを貼るのも気になる。どこを切ってもつくりが雑な、がっかり駅弁。2015年時点で現存しない模様。

販売駅
東北本線 郡山(こおりやま)駅 1887(明治20)年7月16日開業 福島県郡山市燧田
調製元
株式会社 ウェルネス伯養軒 郡山支店 福島県郡山市富田町字諏訪8−1 024(961)8940 http://www.greenhouse.co.jp/w-hakuyoken/

【終売】ばんだい松茸めし(950円)2003年2月8日に川崎さいか屋駅弁大会で購入
Bandai Matsutakemeshi (end of sales)

掛紙 外観 中身

郡山駅の松茸駅弁。形の良い楕円形の発泡材容器に茶飯を敷いて、薄く小さい松茸が4切れとこちらも小振りな鶏肉が一切れ、あとは銀杏や麩など見た目を彩るための食材がいくつか添えられる。松茸は高価な食材だとはいえ、これだけ御飯に対するおかずが少なくては美味い福島米でもカバーできない。おかず満載の駅弁を同時に購入して分けて食べたいところ。価格は購入当時で900円、2014年時点で950円。2014年までの販売か。

この駅弁に限らないが、全国の松茸駅弁のほとんどは掛紙に一本まるごとないし複数本の松茸を描くが、中身は当然にスライスものが数切れであるから、うがった見方をすれば誇大広告となる。これが問題視されると掛紙のデザインを変更しなければならなくなるか。

※2017年10月補訂:終売を追記
※2015年2月補訂:値上げを追記
販売駅
東北本線 郡山(こおりやま)駅 1887(明治20)年7月16日開業 福島県郡山市燧田
調製元
株式会社 福豆屋 福島県郡山市富久山町久保田字郷花4番地8 024(943)0528 http://www.fukumameya.co.jp/