banner  旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

東武鉄道 東武日光(とうぶにっこう)駅2017年2月11日訪問Googleマップ
Tobu Railway Tobu-Nikko Mito Station

駅名標 駅舎 駅構内

浅草駅から特急列車で2時間弱。日光市は栃木県の北西部を占める人口約8万人の門前町で、日光東照宮、中禅寺湖、鬼怒川温泉などの観光資源に恵まれ、年に一千万人以上の観光客が訪れる。東武日光駅では2社の駅弁屋が競い、鱒鮨や湯波のものがうまい。1929(昭和4)年10月1日開業 栃木県日光市松原町。

日光鱒寿し(1,300円)2011年10月21日に東武鉄道特急列車売店で購入
Nikko Masuzushi

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

駅弁としては1992(平成4)年5月に、東武日光駅で登場した模様。ゆばを挟んだ直方体の酢飯に、中禅寺湖特産というヒメマスの身を寿司ネタ大にして貼り、笹の葉で目張りしてから竹の皮で包み、しおり、しょうゆ、おてふき、割りばし、ナイフを添えて掛紙で巻く。値段は高いが味はうまいの一言。価格は購入当時で1,260円、2014年4月の消費税率改訂に1,300円。

※2015年8月補訂:値上げを追記
販売駅
東武鉄道 東武日光(とうぶにっこう)駅 1929(昭和4)年10月1日開業 栃木県日光市松原町4−3
調製元
日光鱒鮨本舗 株式会社 栃木県日光市中宮祠2480番地 0288(26)6550 http://www.masuzushi.com/

【掛紙】鱒寿し(1,260円)2002年5月25日に宇都宮駅キヨスクで購入
Masuzushi

掛紙

2002(平成14)年5月25日に購入した東武日光駅弁の掛紙。2011年現在のものと比べてデザインはほとんど変わらないが、食品表示の追加の他に間違い探しの範囲で変化が見られる。

販売駅
東武鉄道 東武日光(とうぶにっこう)駅 1929(昭和4)年10月1日開業 栃木県日光市松原町4−3
調製元
日光鱒鮨本舗 株式会社 栃木県日光市中宮祠2480番地 0288(26)6550

おむすび弁当なきむしやま(520円)2009年11月20日に東武日光駅駅弁売店で購入
Omusubi Bento Nakimushiyama

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

安物の惣菜弁当に使われていそうなプラ製の容器を使用、これに商品名と必要な情報を書いた薄い掛紙を巻いて、輪ゴムでしばる。中身は笹の葉にしっかり包まれた、マス、梅干、高菜のおにぎりが各1個と、魚ハンバーグ、こんにゃくとしいたけ、レンコンときぬさや、柴漬けが入る。

安いのに味は良いけれども、あまりにも見栄えが悪い。調製元公式サイトの掲載画像からおかずが数点間引かれているので、悪い方向にコストダウンを図った印象がある。とはいえ、東武日光線の特急や快速で食べるお弁当としては、コンビニ弁当と同じ価格でそれ以上の雰囲気を出す役割は、まだ備えていると思う。価格は購入当時で500円、2014年4月の消費税率改訂により520円。

※2015年8月補訂:値上げを追記
販売駅
東武鉄道 東武日光(とうぶにっこう)駅 1929(昭和4)年10月1日開業 栃木県日光市松原町4−3
調製元
日光鱒鮨本舗 株式会社 栃木県日光市中宮祠2480番地 0288(26)6550 http://www.masuzushi.com/

ささむすび(780円)2004年6月26日に東武日光駅駅弁売店で購入
Sasamusubi

掛紙 外観 外観 中身

長方形の発泡材容器に、笹で巻かれたちまきのような結び飯が五個入っている。そのうち一個がいわゆる鱒鮨、残る四個は混ぜ御飯のちらしずしとなり、マスや椎茸やみつばなどが混じっている。肌触りの良い笹の葉はゴムやテープなどで留めることなく具にぴったり巻かれており、どうやって巻いたのか、どうすればきれいに取れるのかよく分からない、熟練の技を感じた。価格は購入当時で750円、2014年4月の消費税率改訂により780円。

※2015年8月補訂:値上げを追記
販売駅
東武鉄道 東武日光(とうぶにっこう)駅 1929(昭和4)年10月1日開業 栃木県日光市松原町4−3
調製元
日光鱒鮨本舗 株式会社 栃木県日光市中宮祠2480番地 0288(26)6550 http://www.masuzushi.com/

【終売】日光おこわ紫御膳(750円)2004年6月26日に東武日光駅駅弁売店で購入
Nikko Okowa Murasaki Gozen (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身

2002〜2003年頃の登場か。紫地紅葉の絵柄が美しい長方形の発泡材容器に、薄紫色の掛紙をかけて輪ゴムでしばる。中身は栗を中央に配置した黒米混じりの紫色おこわに、タケノコなどの煮物にこんにゃくや山菜など。特段のおかずがないのに強飯(こわめし)だけで食が進む内容は、控えめながら自我がある。駅弁を買いそうな通行人に声をかける販売人も、押し付けがましいところがなく好ましかった。この駅弁は現存しない模様。

※2015年8月補訂:終売を追記
販売駅
東武鉄道 東武日光(とうぶにっこう)駅 1929(昭和4)年10月1日開業 栃木県日光市松原町4−3
調製元
日光鱒鮨本舗 株式会社 栃木県日光市中宮祠2480番地 0288(26)6550 http://www.masuzushi.com/

【終売】日光舞茸弁当(800円)2004年6月26日に東武日光駅駅弁売店で購入
Nikko Maitake Bento (end of sales)

掛紙 外観 中身

発泡材枠にトレーを接着した底の浅い八角形容器に、セロテープで駅弁名を記した帯を貼る。中身は日光舞茸の茶飯にかんぴょうと、山菜や薩摩揚や蒲鉾や玉こんにゃくや海老など。味はなんとなく団体客向け旅館の朝食バイキングのような感じだが、御飯もおかずもとても柔らかく、元気な高齢者という東武日光駅の主要客層に配慮されたと思われるもの。なお、2010年現在でこの駅弁は販売されていないとのこと。

東武日光駅は国際的な観光地である日光の玄関口であるが、駅周辺に名所があるわけでなく、先に進むには高くて混んで渋滞して本数の少ないバスを待ち続けるか、車の排気ガスを浴びながら何十分も歩くかしかないため、アクセスの主流はマイカーか貸切バス。鉄道利用者の多くは外国人か高齢者ハイカーという感じで、駅や列車内はそんな独特の雰囲気がある。

※2010年7月補訂:終売の追記
※2006年2月補訂:URLの追加
販売駅
東武鉄道 東武日光(とうぶにっこう)駅 1929(昭和4)年10月1日開業 栃木県日光市松原町4−3
調製元
株式会社 油源 栃木県日光市中鉢石町900−3 0288(54)1627 http://www.aburagen.jp/