banner  旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

焼おにぎり うなぎ(390円)2005年10月2日に小田急新宿駅特急ホーム売店で購入
Yaki Onigiri Unagi

掛紙 外観 外観 中身

小田急新宿駅の構内で買えた、出来合いの焼おにぎり。鰻蒲焼風味の焼おにぎりが2個、竹皮風の紙に包まれ、竹皮に包まれ、掛紙を巻かれ、調製シールが貼られる。それ以上の特徴はないが、その包装により、軽食駅弁の風味が出ていると思う。調製元は世田谷区の食料品卸か。

販売駅
小田急電鉄 新宿(しんじゅく)駅 1927(昭和4)年5月1日開業 東京都新宿区西新宿1丁目
調製元
合資会社 ユーアイ・キッチン 東京都世田谷区池尻4丁目33番11号 03(5779)7760

味噌かつサンド(450円)2006年8月12日に横浜駅コンコース弁当売店で購入
Miso Cutlet Sandwich

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身

とんかつレストランチェーン「新宿さぼてん」の味噌かつサンド。商品名のとおり、そして写真のとおり、味噌にどっぷり漬かったロースカツを挟んだサンドイッチが3切れ入る。風味は新宿さぼてんブランドのもの。東日本キヨスクが経営する駅弁売店「膳まい」で売られるので駅弁と見られ、おそらく羽田空港にもありそうなので空弁と紹介されそう、新宿という地名は入るが所属不明のサンドイッチ群。

販売駅
小田急電鉄 新宿(しんじゅく)駅 1927(昭和4)年5月1日開業 東京都新宿区西新宿1丁目
調製元
株式会社 グリーンハウスフーズ 所在地の記載なし 連絡先の記載なし http://www.ghf.co.jp/

さぼてんえびかつサンド(500円)2005年10月2日に小田急新宿駅特急ホーム売店で購入
Saboten Ebi Cutlet Sandwich

掛紙 外観 外観 中身

小田急新宿駅の構内で買えた、全国450店舗以上を展開するとんかつレストランチェーン「新宿さぼてん」のエビカツサンド。商品名のとおり、写真のとおり、そしてパッケージの写真のとおり、タルタルソースをたっぷり挟んだエビカツサンド3切れをラップに包んで紙箱に収める。カツと名乗りながら、エビがすり潰されずに入るため、ハンバーガーチェーンのエビサンドに似た、エビのプリプリ感がある。ひれかつサンドと比べて、カロリーが高いのはどちらだろう。

販売駅
小田急電鉄 新宿(しんじゅく)駅 1927(昭和4)年5月1日開業 東京都新宿区西新宿1丁目
調製元
株式会社 グリーンハウスフーズ 東京都新宿区西新宿3−7−1 新宿パークタワー9F 0120(50)0143 http://www.ghf.co.jp/

さぼてんヒレかつサンド(500円)2005年7月24日に小田急新宿駅特急ホーム売店で購入
Saboten Fillet Cutlet Sandwich

掛紙 外観 外観 外観 中身

小田急新宿駅の構内で買えた、全国450店舗以上を展開するとんかつレストランチェーン「新宿さぼてん」のカツサンド。商品名のとおり、ヒレカツサンド3切れをラップに包んで紙箱に収める。同じく都内拠点の同業者で、駅や空港でカツサンドを売る「まい泉」や「万世」のものより、さらに庶民的な感じで、見た目にはやや雑だがモリモリといただける。なお、2005年夏に東北駅弁の雄であった伯養軒からフード事業を買収したのは、この会社。

小田急新宿駅は、駅弁販売駅と見なして良いが、オリジナル商品は少なく、マコトの東京駅弁、崎陽軒東京支社の横浜風東京駅弁、東華軒の小田原駅弁が主な取扱商品。小田急はテロ対策で駅やロマンスカー車内からごみ箱をなくしたため、ここで駅弁を買って駅や車内で食べると、その捨て場に困ることとなる。

販売駅
小田急電鉄 新宿(しんじゅく)駅 1927(昭和4)年5月1日開業 東京都新宿区西新宿1丁目
調製元
株式会社 グリーンハウスフーズ 東京都新宿区西新宿3−7−1 新宿パークタワー9F 0120(50)0143 http://www.ghf.co.jp/

さぼてんヒレかつサンド(450円)2006年5月14日に横浜駅改札内コンコース弁当売店で購入
Saboten Fillet Cutlet Sandwich

掛紙 外観 外観 外観 中身

上記商品と同じものでパッケージが別デザインだなと思い、横浜駅の京急乗換改札口脇の弁当売店で購入。しかし異なるのはパッケージだけではなく、ひれかつサンドが3切れから4切れに増えて、価格は50円安い。様々なバージョンがあるのだろう。どこの駅の駅弁というものではないと思うが、「新宿とんかつさぼてん」ブランドなので、新宿駅のページに掲載。

販売駅
小田急電鉄 新宿(しんじゅく)駅 1927(昭和4)年5月1日開業 東京都新宿区西新宿1丁目
調製元
株式会社 グリーンハウスフーズ 所在地の記載なし 連絡先の記載なし http://www.ghf.co.jp/

DX特ヒレかつ弁当(1,000円)2005年10月2日に小田急新宿駅特急ホーム売店で購入
DX Toku Fillet Cutlet Bento

掛紙 外観 外観 中身 中身

小田急新宿駅の構内で買えた、全国450店舗以上を展開するとんかつレストランチェーン「新宿さぼてん」のヒレかつ弁当。市販の紙箱にブランドネームを入れた掛紙を軽くかける。中身は胡麻白御飯にヒレカツ2切れ、焼鯖とポテトサラダと煮物少々。新宿や東京近郊でも知名度と信頼のあるブランドなので、持ち帰り弁当として外れのない安心感はあると思うが、駅弁らしさはあまりない。商品名もホカ弁そのもの。

販売駅
小田急電鉄 新宿(しんじゅく)駅 1927(昭和4)年5月1日開業 東京都新宿区西新宿1丁目
調製元
株式会社 グリーンハウスフーズ 東京都新宿区西新宿3−7−1 新宿パークタワー9F 0120(50)0143 http://www.ghf.co.jp/