banner  旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

【終売】東京総合車両センター一般公開記念弁当(1,000円)2013年8月24日にJR東日本夏休みフェア2013東京総合車両センター一般公開の弁当販売で購入
Tokyo Sogo Sharyo Center Ippan Kokai Kinen Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

2013(平成25)年8月24日の鉄道工場公開イベントで販売されたお弁当。この年も前年に引き続き、4種類がすべて同じ値段で用意された。掛紙はJR東日本の長野地区の115系近郊形電車。中身は普段「はつらつ」の名称でNREが受注生産している宅配弁当。白御飯に豚肉照焼、エビフライ、カニクリームコロッケ、大豆たんぱく甘辛煮、ごぼうサラダ、切り干しダイコン、玉子焼など。今回の3つのNREの弁当もまた、東京駅でおなじみの安定した味。

JR東日本長野支社では、1998年の長野オリンピックの開催に向けて、管内の115系電車を、青と白と緑帯に塗り替えた。これが掛紙の写真となる。中央東線では下の「スカ色」な115系と同じ区間を走っており、普通列車で立川駅や高尾駅までやってくる。撮影会場には来ていなかったが、なぜか掛紙に採用された。

販売駅
東京総合車両センター 2004(平成16)年6月1日発足 東京都品川区広町2丁目1番19号
調製元
株式会社 NRE大増 東京都荒川区西尾久7−48−1 03(3810)7551 http://www.nre.co.jp/

【終売】東京総合車両センター一般公開記念弁当(1,000円)2013年8月24日にJR東日本夏休みフェア2013東京総合車両センター一般公開の弁当販売で購入
Tokyo Sogo Sharyo Center Ippan Kokai Kinen Bento (end of sales)


掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

2013(平成25)年8月24日の鉄道工場公開イベントで販売されたお弁当。この年も前年に引き続き、4種類がすべて同じ値段で用意された。掛紙はJR東日本の中央本線の115系近郊形電車。中身は大船駅の夏季限定駅弁「夏越し」。つまり調製元は大船軒で、調製シールもそうであるが、掛紙にはNREのロゴマークのみが印刷されていた。

中身はアサリと玉子そぼろとゆかりとグリーンピースを少し載せた御飯に、シラス入り押寿司、赤魚の粕漬、豚生姜焼、アナゴの煮こごり、アジフライ、ニンジンや竹輪などの煮物、かまぼこ、ビワ甘露煮など。今回はどうしたことか、ごはんもおかずも付合せも個々に臭く、山椒昆布に至っては舌が麻痺した感じ。これは味の好みの問題ではなく、味付けの失敗ではと思った。

115系は国鉄が1963(昭和38)年から20年間で1900両以上を製造、本州の主に山の中で普通列車として活躍した。中央東線では1966(昭和38)年の電化からこの時点に至るまで、普段の通勤通学輸送から、かつては急行列車や夜行列車まで担当した登山客輸送までを担い、長らく走り続けている。この日は訓練車に転用された白帯付きの編成が、撮影会場に据え付けられていた。

販売駅
東京総合車両センター 2004(平成16)年6月1日発足 東京都品川区広町2丁目1番19号
調製元
株式会社 大船軒 神奈川県鎌倉市岡本2丁目3番3号 0120-014541 http://www.ofunaken.co.jp/

【終売】うまい!たこ焼(300円)2013年8月24日にJR東日本夏休みフェア2013東京総合車両センター一般公開の弁当販売で購入
Umai! Takoyaki (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2013(平成25)年8月24日の鉄道工場公開イベントで販売された軽食。おそらくイベント向けの冷凍食品だろう。「箱のまま電子レンジで温めてお召し上がりください」と、ふたに書かれている。駅弁や記念弁当と共に売られていたので、買ってみただけ。

販売駅
東京総合車両センター 2004(平成16)年6月1日発足 東京都品川区広町2丁目1番19号

【終売】東京総合車両センター一般公開記念弁当(1,000円)2013年8月24日にJR東日本夏休みフェア2013東京総合車両センター一般公開の弁当販売で購入
Tokyo Sogo Sharyo Center Ippan Kokai Kinen Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

2013(平成25)年8月24日の鉄道工場公開イベントで販売されたお弁当。この年も前年に引き続き、4種類がすべて同じ値段で用意された。掛紙はJR東日本の南武線の205系通勤形電車。中身は普段「ありあけ」の名称でNREが受注生産している宅配弁当。日の丸御飯にサワラ西京焼、有頭海老、とんかつ、昆布豆、玉子焼、煮物など。

南武線の205系は、国有化後の南武線では初めての新車として、1989年から1990年にかけて投入。しかし従前の103系電車の約半数を置き換えたところで打ち止めとなり、1993年に2編成だけ投入された209系も加えて、長らく3種類の電車が混在した。21世紀に入ると山手線から中古の205系が入り、2004年に103系を全廃してここに至る。イベント開催の前月に、JR東日本が2014年度からのE233系電車の投入を発表しており、撮影は今のうちだと注目され始めたところ。やはりこのときは山手線から南武線に転じた205系の1編成が、撮影会場に据え付けられていた。

販売駅
東京総合車両センター 2004(平成16)年6月1日発足 東京都品川区広町2丁目1番19号
調製元
株式会社 NRE大増 東京都荒川区西尾久7−48−1 03(3810)7551 http://www.nre.co.jp/nre-daimasu/

【終売】東京総合車両センター一般公開記念弁当(1,000円)2013年8月24日にJR東日本夏休みフェア2013東京総合車両センター一般公開の弁当販売で購入
Tokyo Sogo Sharyo Center Ippan Kokai Kinen Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

2013(平成25)年8月24日の鉄道工場公開イベントで販売されたお弁当。この年も前年に引き続き、4種類がすべて同じ値段で用意された。掛紙はJR東日本の埼京線の205系通勤形電車。中身は普段「さがみの」の名称でNREが受注生産している宅配弁当。日の丸御飯にサーモン味噌焼、豚肉生姜焼、大豆たんぱく甘辛煮、マイタケ天、玉子焼、煮物など。

埼京線の205系は、1989年から1990年にかけて新車で投入されて従前の103系電車をすべて置き換え、後に増発で山手線からも仲間が来て、2013から2014年にかけてE233系電車の新車ですべて置き換えられた。この時は置き換えの最中であり、山手線から埼京線に転じた205系の1編成が、撮影会場に据え付けられていた。

販売駅
東京総合車両センター 2004(平成16)年6月1日発足 東京都品川区広町2丁目1番19号
調製元
株式会社 NRE大増 東京都荒川区西尾久7−48−1 03(3810)7551 http://www.nre.co.jp/nre-daimasu/